| 

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Legitimation

07/13
今日は、昨日から具合が悪いと言っていた看護士さんが病欠。ただでさえ、看護士が足りないのに、ここで1人抜けられたのはかなり打撃的。1人、抜けただけでこんなに仕事量か影響するのかという位、受付の外は行列の出来るレントゲン科と化していました。元クラスメイトの子は数人の患者の病棟までレントゲン撮影に行っちゃうし、もう1人は、途中から別の検査の方に行ってしまって計2時間程、2つの検査室を1人で行ったり来たりしてました。

病欠の看護士さんが受け持つ予定の検査室の患者まで大量に流れ込んで来くるから、とにかく検査のバリエーションも豊富で大変だったけど、ちょっと自分に自信もつきました。さすがにトラウマ患者さんが来たら、検査によってはまだ1人で出来る自信はないけど。

そういえば、今週の月曜日にSocialstyrelsenから放射線科看護士の免許が届きました。大学から卒業証明書が届いてから、すぐにSocialstyrelsenに送ったけど、免許が届くまでもう少し時間がかかるだろうと思ったら、予想以上に早く送られてきました。職場にも提出しておきました。



既に看護師として働いてるけど、これで本当に大学生活終わっちゃったんだな~と思うと少し哀愁も湧きますが、もう二度と大学生活には戻りたくないなあ。現在100%で働いてるけど、授業やグループ作業の時間の方が数倍時間が長~く感じたもの。

今年は完全ママ業になるけど、来年の頭には仕事復帰したいです!ママ業に入るまでもうそんなに勤務日数が少なくなってしまったけれど、大好きな仕事、気を抜かずに頑張りたいです。

ベビーカー購入

07/10
出産予定約一ヶ月前にして、昨日、何とかマメさんを迎えるにあたって必需品を揃える事が出来ました。妊娠32週を過ぎた辺りから、相方家族から常に「ベビー用品を揃えるのが遅い!」と言われ続け、プレッシャーをかけられていましたが、現在何とか人様並みに揃える事が出来て内心ホッとしています。

ベビー用品を揃えるに辺り、やっぱり頭を苦しめたのが、ベビーカー選び。最初は職場の職員さん達も一押しのEmmaljungaにしようと決めていたのですが、実物を見るとデザインはカワイイものがあるものの、車輪の他、全体的にデカイ。ヨーロッパにいる限り、大きいベビーカーはお互い様なのでそれほど気にする必要はないと思うのだけれど、自転車ですらうまく運転出来ない私にEmmaljungaをうまく使いこなせるか、という面ではやはり一抹の不安が残り、あっけなく却下。

デザイン的にStokkeのベビーカーも視野に入れていたけど、実物を見るとかなり座面が高く(シートの上げ下げの調整によって、赤ちゃんとの対面式、正面式がウリのようだけど)、Emmaljunga以上に扱い辛いのでこちらもボツ。ちなみにコペンハーゲンに行った時にこのベビーカーを押しながら颯爽と歩く、背が高くスタイル抜群の女性を見かけたけど、やはりStokkeベビーカーはこういう人たちの為にあるものなんだ、と認識。私や相方のようなチンチクリンが持っていたら、正に身の程知らずも良い所。

というわけで、車輪がなるべく小さめながらも安定感があり、背の低い私や相方が持っていても恥ずかしくないベビーカーを探していたら、最終的にBugaboo bee pulsかBugaboo cameleonに落ち着きました。コストパフォーマンス的にはJumber Xもなかなか捨てがたかったけど、バスや電車を利用するに当って、やはりBugabooの方が軽量で押し上げやすかったので、こっちに決定。こちらの冬の厳しさの事を考えると、cameleonの方が赤ちゃんが寝る部分のスペースが広く冬用着も色々と入れらるし、車輪も安定感がある為、結局Cameleonに決定。お店の人からも背の低いあなたにもぴったり!と言われ(褒め言葉?)、どうやら私たちにも相性があっている様子。というわけで、あっけなくベビーカー探しの旅は終了。

ちなみに数あるCameleonシリーズの中でも、私たちが選んだのは、このデニム生地のタイプ。Bugaboo cameleon denim 107


どちらかというと男性向きかな。女性が持つと少し地味で、物足りないかもしれませんね。相方は気にっているようです。

お値段の方は少々張りましたが、自分への大学3年間の卒業祝い、そして何よりマメコも一緒にこの辛い大学生活の最後、そして出産前にも関わらず仕事で忙しく動き回る身勝手な私にも十分と付き合ってくれたので、感謝の気持ちも込めて、少し奮発してみました。

さてベビーカーも購入した事だし、後はあまりストレスを抱えこまずに、ゆっくりと自分のスペースで出産まで過ごす事にします。

マメコ

07/09
現在、妊娠35週に入ろうとしています。来週からは所謂、臨月に入るんですね。いやはや....。

忙しい忙しいと言いながらも、16時30分には帰宅出来るという素晴らしい勤務環境にありながらここ最近は、帰宅したら即行、ソファかベットに直行でございます。今までつわりというつわりはなかったけど、30週に入ってから足のけいれんに始まり、胸焼けもひどく、今まで薬用品関係は一切口にしていなかったものの、現在では妊婦でも服用可能なPeppermintを常に携帯している状態です。ついでにトイレの回数もかなり増え、夜中に何度も起きてしまう状態。。後期つわりの典型でしょうか。。勤務中はそれほど辛く感じないけど、自宅に帰るとリラックスするのか、逆に色々な症状が出てしまいます。正に相方には、ハウスキーパーとして頑張ってもらっています(笑)

そうそう、先々週は最後の超音波に行ってきました。通常、スウェーデンでは2回の超音波検査が予定されていますが、過去にプライベートのクリニックにも何回か超音波検査に行ってきたので、それほどの感動はなかったけど今回、初めてマメさんが大きなあくびしていたのが見えたので、改めて「ああ、私の中に人間がいるんだ」と感動。

ちなみにマメさん、特に異常は見当たらないものの、標準値より9%ほど低いそうです。特に腹部は標準より1%ほど低いのに対して、頭が6%、そして足が4%ほど小さいそうです。いわゆる、ずんぐりむっくり、だるまさん体系だそうです(汗)助産婦さんから「遺伝もあるし、心配しなくて大丈夫よ~。あなたも自身もちっちゃいしね~」と言われて検査終了(←実物見た人は分かるかもしれませんが私、日本だと大柄な方なんですが)。標準値10%以下なら、もう一回超音波検査を受診する事が可能だそうです。検査に当たってくれた助産婦さんにももし私が心配なら掛かり付けの助産婦さんを通して受診する事も出来ると言われましたが、変に心配を増やしたくないので、出産まで特に何もしない事にしました。

来月半ば、元気に産声を上げてくれれば、それだけで十分です。

最近、忙しいです。

07/06
仕事を初めてから既に一ヶ月以上が経ちました。仕事は相変わらず楽しいのですが、最近更にセメスターのせいでグンと職員が減り、毎日が運動会のよう。大抵帰り際1、2時間前からダダダーと患者さんが流れ込んで来るので、お昼のフィーカも取れない事も多々。

救急科では准看護士の方が多く、受付や患者さんの検査の予約など主に電話番に回っている為、すずめの涙程の看護士人数で何とか検査を回しています。現在2検査室を元クラスメイトの女の子と私、そして常勤の看護士、3人で受け持っていて、いつも一緒に付いている常勤さん達は良い人が多いのだけど、今日の常勤さんは別の放射線科からヘルプに来ていて、何故か昨日と同様、クラスメイトのコの方にべったり。よりによって、明日も一緒らしい(がっくり)。彼女に取っては、スウェーデン人同士の方がやり易いんでしょう。

お昼から別の夜勤の看護士さんが来て一緒に同じ検査室に受け持ってくれたけど、14時過ぎにランチ休憩に出かけてしまい、30分位で戻ってくるんだろうと思いきや、そのまま戻らず。こういう時に限って、ヘルプも呼びに行けない程、次から次へと患者さんが流れ込んで来て、結局帰り際までフィーカ出来ず。

でも、このまま何も言わずに、黙々と仕事をしている事が一番スマートなんだろうけど、つい帰り際の報告会で病棟の責任者に、夜勤の看護士さんが14時以降戻って来なかった事、フィーカの時間も取れなかった事をぶちまけてしまった(汗)。ここら辺、我ながらとてもアホなんだけど....。彼女によると、夜勤の看護士さんは、14時過ぎにランチ休憩を取った後、別の科へと移動するようになっている為、仕方がないのだそう。(じゃあ、一言言ってくれたらいいのにな)。その代わり、通常15時15分からこれまた下の階から2人ほどヘルプに来るようになっているけど、彼ら、15時45分過ぎても来なかったぞ。。まあ、結局、こういう日もあるさ、という他の職員達からの暗黙の了解とも言える視線を感じながら、丸く収まってしまった。(←公のもめごとは苦手なスウェーデン人。)

でも、改めて思いました。こうやって、ちまちまとフィーカが出来なかった事に対して、うだうだ言ってる自分はもう日本の社会には全く当てはまらないのだろうな、と....。

関係ないけど帰り際、バスに乗っていたら、スウェーデン人女性から席を譲られました。

そうだ、私、妊婦だったんだ....。もう少し、マメコの事も考えよう。

相変わらず順調です。

06/23
看護師として仕事を初めてから、今日で約3週間が経ちました。仕事自体は相変わらず楽しく、本当にあっという間に勤務時間終了です。学生時代は研修と同時に課題やテスト勉強などがあって体力的、精神的にも結構参ってたけど、今は仕事のみ、患者さんが少ない時は勤務時間内にもたっぷりと復習出来るので、職場を出たら、自由に時間を過ごしています。自分もいつか研修生持つようになったら、早く帰らせてあげよう。

今週始めにやっと大学側から全ての成績が発行され、とりあえず職場には成績証明書を提出。免許に必要な卒業証明書を申請するべく、早速大学側に成績証明書を含めた必要書類を送付。卒業証明書が無事に手元に届くまで約6週間程かかるので、以前のブログにも書いたように、それからSocialstyrelsenの方にいざ免許申請となると、やはりどう考えても私の勤務期間以内には間に合いません。ただ職場の方から、間に合わなくても良いから、とりあえず免許が取れたら免許提出しておいて、と言われたので、この言葉をポジティブに受け取って申請だけはしておく事にします。

仕事自体は相変わらず楽しいのですが、研修時代には見えなかった職場の人間同士の泥沼や陰口などこの手の話題が日常茶飯事で、やはりこればかりはスウェーデンも日本も変わらないな~と感じています。ある時それを見かねた某職員が「残念ながら女性の多い職場は結局どこもこうなるのよ」と、悟ったように教えてくれました。まあ、大切なのは自分自身が流されず、いつも心を平和に保つ事ですね。

豆さんですが、来週で33週目に入り、最後の超音波に行ってきます。15時からの予約なので病院服のまま直行です。さて豆さんの体重、どれくらいになってるかな。私自身の体重は本日で7キロ増しになりました。日本じゃ、注意されてるかな。このままだと出産まで、10キロ位は軽く行きそう....。ちょっくらダイエットしなきゃと思ってる矢先に今日、相方の祖父母からいちごのスポンジケーキのプレゼント。ヤバい、ヤバい....。
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。