Category | 仕事

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sommarjobbどうするかな~

02/06
さていよいよ2月に突入し、そろそろ学生たちも今年の夏の身の納め所を考えなければならない時期になりました。夏の間はCSN、いわゆる補助金が出ず、多くの学生は大学のサマーコースを取るか、夏のアルバイトをして生計をやりくりしなければなりません。

実は去年の夏にお世話になったバイト先から再び、今年の夏のアルバイトのオファーをいただきました。しかし個人的には大学の方もいよいよT4に入ったということで、今年の夏のアルバイトは是非病院でのアルバイトも挑戦してみたいな~と思っていました。病院での勤務者は特別施設と違い、全て資格者、もしくは医療系の学生のため、自分にとっても刺激になるんじゃないか、勉強になる事が多いのではないか、と考えていました。

そこで先週、早速夏のバイトについてベテラン看護師さんであるHandledareと丁度去年の夏に放射線科の学科を卒業したばかりの看護師さんに相談してみました。しかし残念ながら彼らからは、私が病院でのアルバイト希望に対して思い切り猛反対されてしまいました。。

普通科、そして放射線科看護師としてこの道約30年というHandledareによると...

まず病院での勤務は想像以上にStressigであること。当たり前ですが、アルバイトとはいえ、病院で准看護士として勤務する以上、通常の勤務内容を行わなければならない。患者状況の把握から看護士や准看護士内へのレポート、更に経験と技術が求められるさまざまな医療処置にも対応できるのか。

普通科の看護学科であれば、T3とT4の研修を通して経験する内容を、私たち放射線科では全く経験していません。一応、T2の時に5週間の病院での研修はあったのですが、ここでは主に放射線科看護師としても欠かすことは出来ない基礎的な技術(血圧測定から点滴、静脈注射など)を学ぶことが目的であり、そう言った意味でも普通科看護学生比べて点数は甘かったはず。普通科看護科の研修も放射線科の倍の10週間だったしね。

また放射線科での准看護士としてのアルバイトなら、主に受付や電話対応など事務の対応が主でこれまた学科で学んだ事の経験を生かすという意味でもかなり場違いなのは明らか。(ある意味、事務系の仕事はスウェーデン人しか出来ない仕事かもしれません)

というわけで他の医療関係に比べて、相当温室育ちの放射線科の学生に、常にストレスフルな環境に身を置いている看護士さんや准看護士さんと一緒に勤務をこなせるのか...。

Handledareも、「けして意地悪で言っているわけではないし、挑戦してみたいならしてみれば良い。でもせっかくの学生最後の夏休みに毎晩、職場の悪夢にうなされるよりは、老人ホームなどストレスが少なく、医療行為にも少し携われる環境で、バイトする方が良いわね。」とのことでした。

去年大学を卒業したばかりの看護師さんも同様の考えで....

「病院でのアルバイトというと、学生からしてみれば、なんかすごくかっこよくて、ファンタジーを見がちなのよね。でも、働いてみるとそんなファンタジーはすぐに消え失せる。私も学生時代はずっと老人ホームでアルバイトしてたわよ。」

とのことでした。

ファンタジー、はい、私も実はそのファンタジーに浮かれていた1人でもあります。考えが相当甘かったと思います。

というわけで自分でもよく考えた結果、病院でのアルバイトは諦めました。自分でもそこまで熱意があったわけではなかったのかもしれませんが、彼女たちの助言はかなり自分の中の心髄にも得ている所があると思います。自分が普通の看護学生であれば状況も少し違うのでしょうが、こんな所謂医療の中の技術屋が病院の通常勤務に携われるとは思いません。大きなミスをして、相手の職場だけではなく患者さんやご家族にも大変な迷惑をかけることになってしまっては事が遅い。

早速、去年お世話になった施設への夏のアルバイトの承諾書を出しておきました。とはいえ、こちらも100パーセントというわけではないかもしれませんが、ダメだったら、今年はゆっくり夏休みを過ごそうと思っています。

夏のアルバイト終了!

08/09
今日で7週間に及ぶ夏のアルバイトが終了しました。後半の3週間は日勤だったわけですが、勤務施設では全体的に穏やかであり、特にブログで話題にすることなく、結局最終日の今日までそのまま平穏に過ぎてしまいました。それもそのはずで以前にも書いた通り、入居者さんは全部で6名、全員60代の上に身体介助を全く必要としないため、毎日の日課といえば出来る限り入居者さんと散歩や買い物、ゲームなど入居者さんとの時間がより優先的になります。仕事というより付き添いと言った方が合っているのかもしれませんね。また6人の入居者さんに対して、何故か職員が4人も付くわけで、逆に職員さん同士の方にとても神経を使いました。(とはいえ皆さん良い人で恵まれたのですが。。)

このバイトで得たものといえば、やはりスウェーデン語でしょうか。幸いにも外国人は私1人のみだったので、大学での授業や研修後もスウェーデン語環境にどっぷりと浸かることが出来ました。この4年間、今まで自分で色々なスウェーデン語を試してみたけれど(やたらメロディつけてみたり、滑舌を良くしてみたり)、結局、日本語を喋るようにスウェーデン語を喋るのが一番相手にも伝わり易く、またスウェーデン語も口から出ててきやく、喋った後も顎周辺の筋肉疲労が全く現れないことに気がつきました。日本語も割とはっきりとした発音ではなく所謂モソモソとした感じが残る言語ですが、スウェーデン語もどちらかというと口に籠った感じの言語であり、最近実はそんなに頑張って口を動かさなくても普通に通じることを発見しました。

私の中でスウェーデン人のようにスウェーデン語を話したいという夢は毛頭なく、この夏、スウェーデン語母国者との会話において、いかに相手の眉間の皺を少なくさせるかを目標にしていたわけですが、何とか誰と話をしていても相手に無反応の表情のまま会話を成立させることに成功しました。スウェーデン人って移民のスウェーデン語に慣れてるから、逆にスウェーデン人ぽく話そうとするより外国訛りの方が逆に通じやすいのかも。

ちなみにバイト先には同じ大学のクラスメイトの子もいたのですが、看護学科の彼女にとってはとても物足りなかったようです。来年の夏はノルウェーの病院で是非准看護士として働いてみたいとのことでした。私はやっと今年の夏のバイトが終わったばかりで来年の夏までまだまだ考えていないのですが、特に焦ることなくこればかりはなるように任せろですね。

さて、今週からは立て続けに旅行が続いています。今月の末には日本へも久しぶり帰省します。また旅の様子など写真と共にブログにアップしたいと思います。

あと3日!

07/08
夜勤も残す所、あと3日となりました。今まで2日間の連続夜勤が多かった中、久しぶり3日間の連続夜勤で体が持つかな~と思っていたのですが、この3日間今までにない位に穏やかだったので何とか無事に仕事を終えることが出来ました。

ちなみにこの一ヶ月、同じくアルバイトで介護経験は未経験でソーシャルワーカーのマスターコースに通っているというスウェーデン人のA君、そして1人の常勤さんと一緒にずっと仕事をしてきました。通常の場合、3人体制の他に施設全体を回る助っ人役のLopareも職務に配置されるわけですが、残念ながらコミューン側もコストを削減するために、Lopare分のアルバイトは雇用しないとの意向で、精神棟の勤務者がLopareの仕事を負担するという形で業務を行ってきました。この助っ人さんがいると大分業務の方も楽になるのですが、アルバイトである私たちには全くその恩恵はいただけず。A君も介護経験は未経験で不安もあったと思うのですが、何とかお互いに協力し、精神棟とアルコール認知棟を交替しながら頑張ってきました。

ただ先日A君は4日の休暇に入り、久しぶりに仕事に戻ってきたのですが、この間にアルコール認知棟利用者であり、かなり気が難しいと言われているBさんに完全に忘れら去れてしまったのか、Bさんは男性であるA君からの介助を頑に拒むようになりました。以前からBさんは「男性からの介助は受けたくない」と口にしていたのですが、それでも最初の頃は性格も面持ちも優しいA君は特に問題なくBさんの介助を行ってきました。しかし、この4日の休暇を経てからはBさんの様子が代わり、男性からの介助は頑に拒否。というわけで、以前はお互い日によって棟を交替していたものの(精神棟の方が圧倒的に業務が多いので)、残念ながらA君にとっては選択の余地もなく、自動的に精神棟での勤務となり、女性である私がアルコール認知棟に勤務することになりました。

これは研修の時もそうだったのですが、男性患者さんよりも女性患者さんの方がどうしても異性の職員に対して敏感な場合が多いので、残念ながら性別だけで業務上に支障をきたしてしまう場合もあります。以前、放射線科での研修の時にある1人の男性クラスメイトが研修先で20代の女性患者さんから「あなたには検査をして欲しくない」との申し出があり、彼はこれは差別だとかなり憤慨していた様子でした。ただやはり病院や施設というフィールドを置くにしても、女性であることは変わりないし、そうした面で男性が介護や看護職に準じる場合、女性とはまた違った葛藤に直面しなければならないことも多くあると思います。

というわけで、夜勤もあと3日!頑張ります!

追伸:中学時代のクラスメイトが先日肺がんのため亡くなられたそうです。彼女のご両親は有名人なので、メディアのニュースなどにも取り上げらているようですが、中学時代、短いながらも(私は高校から転校したので)同じ机を並べた仲間としてとても遺憾に思います。毎朝はお母様が学校まで娘さんたちを送迎していて、通学の途中ですれ違う度にいつも笑顔であいさつしてくれてたっけ。学校連絡網も次で、いつもお父様が電話に出られてきた気が。懐かしいです。

夜勤頑張ってます。

07/03
今日も無事に島を守りきって9日目。毎回コールが多く、ほぼ一晩中のように叫び続け、何か不満があれば「Javla skit hora(このクソ売春婦め)」と罵られても、一通りの介助が終わり、帰り際に彼らから一言「Hej da(さようなら)」と言われるだけで、体中から吹き出るかのような汗と疲れが一気に吹き飛ぶ感覚を久しぶり肌で感じています。(精神棟に入居している数人の方達は大抵の場合、どんなに介助を行ってもノーレスポンスなので、叫び声や挑発以外の言葉を聞けるのはかなり貴重なのです。)といってもこれは精神棟での話で、併設のアルコール認知棟と脳神経棟は穏やかすぎで、逆に時間が経つのがとても遅く感じられるのですが。

夜勤日数も残すところあと6日。これが終われば、日勤スタートまで一週間のお休みです。最初は合間に一週間のお休みを入れなくてもいけるんじゃないかと思っていたのですが...ダメですね、最近では栄養ドリンク2本飲まないと夜勤連続も辛くなってきました。今までまだまだ若い!と気だけで頑張ってきた自分も、今年末にはついに三十路の世界へと突入。どんな30代を送るのか楽しみにしていながらも、自分の体の方もそろそろいたわってあげないと後で無理がたたるようです。といっても私以外の常勤さんは全て50代のベテランさんなので、弱音を吐いている場合でもないのですが。

クラスメイトのうち数名の学生は既に、大学病院にて准看護師さんとしてデビューしているようです。てっきり4学期まで終えてから准看護士さんとして働けると思っていたのですが、放射線看護学科の学生の場合は私が整形外科病棟で5週間行った病院での研修(Somatisk vard)を普通看護学科の学生たちより一足先に行っているので、准看護士さんとして既に働くことも可能なのかもしれません。(ちなみにスウェーデンでは、Komvuxなどで規定されたコース(1年半)を終了する必要はあるものの、准看護士という資格は存在しません。)

施設での夏のアルバイトはスウェーデンの大学生の間でもかなりポピュラーなバイトの一つでもありますが、バイト学生の大半は医療系未経験、唯一の医療行為でもある経管栄養の注入や入居者への薬の配布なども「バイトには任せられない」と常勤の准看護士さんが引き受け、何か提案があっても大抵の場合アルバイトの意見は軽視される場合が多くあります。ただ施設側が一般の代理アルバイトを雇用する場合、当然のことながら責任が発生するわけで、あくまでも病院での業務が異なるだけで、施設のアルバイトに対する制限はけして間違ってはいないのですが。

病院での業務の場合、全ての職員が一定の教育を受け、先輩准看護師に教わりながら基礎的な医療行為や直に看護師たちの仕事ぶりに触れられるので、看護学生たちにとって将来的にもプラスになるのは確かでしょう。自分も正直、ダメモトでも良いから病院でのアルバイトに応募してみても良かったかな~と思ったりもします。

ただ今まで合計3施設でアルバイトしてきたけれど、今回の施設でのアルバイトを通して、今まで見えていなかったことも沢山見えてくるようになりました。施設の入居者さん達の病状的背景には、糖尿病から心不全、心筋梗塞 に動脈血栓症などなど、大学の授業を通して1年間学習した内容が満載。この患者さんの状況には、どのような看護ケアが必要なのか少しずつ自分の頭でも考えられるようになりました。例えば、糖尿病の患者さんで急に攻撃的な状況になった場合は、血糖値が低下していることを予想し、確認のために毛細血管から血糖値を測ってみる。もし極度に低下している場合は、パンなど何か血糖値を上げるものを与え、様子を見てみる。とはいえ、まだまだ何事も素人判断なので自ら行動せずに、常に看護師さんとのコンタクトは欠かせないわけですが、そんなごくごく基礎的なことも大学でのコースが始まる前は全く考えることもなく、ただ入居者さんの状況だけを上に報告するのみでした。

直接的に医療行為に触れる機会がなくとも、入居者さんを通してのさまざまな看護ケアや病気など学ぶことはまだまだ沢山ありそうです。整形外科の病棟での研修の時もそうだったけど、自分にはまだまだこの自発的に看護プランを考えられる能力が絶対的に欠けていると思うので、既に病院で准看護士デビューしているクラスメイトたちと肩を並べようとするより、施設で基本を学び直すことは自分にとって一番適切だったと思っています。

さて今日は次の夜勤の勤務日まで2日のお休み。次回は久々3日間連続勤務なので、それまで十分に体力の補充をしておかなければなりません。

夏のアルバイトが始まりました。

06/12
今週から夏のアルバイトが始まりました。最初の1ヶ月は夜勤の勤務なので、7月の半ばまでは生活のリズムを一転しなければなりません。(それ以降は、日勤です。)本格的に常勤の准看護士のセメスターに代行して夜勤するのは来週からなのですが、全体的な夜勤業務の流れを知るためにも今週は3日間ほど、夜勤の准看護師さん達に付いて仕事をしました。

以前のバイト先は、入居者さんの過半数が80歳以上の所謂Aldre-aldre(Older-older)と呼ばれる世代の方たちで占めていたのですが、現在のバイト先の施設は今年の2月に設立されたばかりで、60歳から70歳未満のYngre(Younger)棟と80歳以上のAldre(Older)棟の2つの棟から成り、各棟とも精神、脳障害そしてアルコール認知症と3つの階に分かれています。(各階につき入居者8名)私が勤務することになるYngre棟の入居者さんの大半以上は職員などの補助や介助がなくても自分の身の回りのことは出来る方たちばかりです。あくまでも個人宅にいるような環境を尊重するためにも、職員には私服のままでの勤務が義務付けられています。

夜勤の場合、各階に1人ずつ准看護師さんが常勤しているため、棟全体では3人。たまにlopareと呼ばれるYngre棟全体を回る助っ人さんがいる時は4人となっています。私は早く棟全体の入居者さん達を知るために3日間のうち2日間の勤務をLopareとして勤務しました。普通の老人ホームと決定的に異なるのは、やはりYngre棟で入居者さんたちが若いせいか棟全体で24名も入居者さんがいるのにも関わらず、呼び出しアラームが全然鳴らない。。入居者さんの就寝時の介助や、夜中のベットでの体位変換時(床擦れや血栓防止のため)などの介助も棟全体で約3名程度。ほとんどの入居者さんは夜中はそっとして欲しいとのことで、夜中の巡回も数名程度。他の施設では夜勤業務となっている日勤に向けて行う朝食の準備やじゃがいもの皮むき、洗濯などもありません。(床拭きは週2回らしい)

ちなみに夜勤チームの准看護師さんたちは、全員50歳以上というスウェーデン人のおばさま達ばかり。夜中の1時過ぎからは、全棟の常勤さんたちが一つの階に集まって何と1時間近くのフィーカ(お茶会)が始まります。私も3、4人の准看護師さんたちに混じってフィーカしてきましたよ!個人的にですが、スウェーデン人のおばさま達(50歳以上)はかなり面白いですよ!話題も豊富で(たまに行き過ぎの時もありますが)、優しい人が多いので大好きだったりします。バイト先でも研修先でも必ず数名はお気に入りのおばちゃんがいました。

先日もおしゃべり好きな准看護師Bさんが、1人の男性入居者さんから「夜勤チームは全部Gamla tanter(おばちゃん)だけど、Aさんだけは違うよね。」と話していたことを耳にしたとのこと。その話を聞いた准看護師Aさんは「あら、私って若く見えるのね~!」と大喜び。はしゃいでいるAさんを横目にBさんは、「ええと、Cは確か夜勤チームの中でも一番年上よね?ていうかあんた、何歳だっけ?ああ、58歳なの。じゃあ、あんたの次が私ね。Dは、Aの次に若いから、つまり私とCが"Gamla tanter"っていうことよね。そういうことなのよね?」と少し悲しげな様子。

そうしたたわいもない会話も含め、言葉が違うだけで基本的に話題の内容は日本人同士とそれほど変わらないです。また大抵の場合、若い子がいれば、私たちが若い頃はね~から始まり、ノンストップで色んな事を語り継いでくれます。ある意味、次世代に語り継ぐことで喜びを感じているところもカワイらしかったりします。

というわけで、Yngre棟での夜勤業務としては、以前のバイト先と比べて入居者さんや准看護師さんたちの様子や話しから比較的おだやかな印象を受けましたが(もちろん、何が起きるか分からないのも夜勤だったりします)、私の場合夜勤を行う際は特に体を動かさないと持たないので、どうしても何もすることがない時は徹底的に階の掃除に回るか、ケーキを作ることが既に暗黙の了解。

とりあえず、日勤が始まるまで夜勤業務を精一杯消化したいと思います。ブログにも少しずつ仕事の様子についても書いていこうと思います。

プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。