スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた夜勤

06/30
久しぶりに週末は、2日連続夜勤を体験。昼間に比べて走り回る回数は少ないけれど、さすがに朝2~3時頃になると睡魔と疲労が一気にくる。。そういう時はバルコニーに出て、冷たい風に当たりながらコーヒーを飲むようにしているけれど...睡魔は遠のけても、やはり疲労感だけは抜けきれませんね。

睡魔と疲労の上に重なってのしかかってくるのは、いらだち。1人、枕の位置にこだわって1時間置きにアラームを鳴らしてくれるおじーさん。おじーさんの部屋に行く度に案の定、枕の位置だけではなく枕の堅さや柔らかさ、ベットの上げ下げなどとにかく細かい。アラームが鳴る度に部屋に確認しに行くのは夜勤業務なのだから何回鳴らしてくれてもいいのだけれど、このおじーさんの場合は枕の位置に特別なこだわりを持っていて何度もそれに近いようにしてあげようと思っても納得がいってくれない。その上、説教が始まる。

しかも入れ歯を外している上にのどに痰がたまっていて、すごく聞き辛い。「え?」と聞き直すと、「何だ、お前はスウェーデン語できないのか~!」と怒りだす。(怒っている時だけは、大きな声になるのでこちらも何となく理解できる)今までずっ~と我慢して「はいはい」聞いてきたけど、これにはさすがにプチンとキてしまった大人げない私。

「一生懸命○○さんの納得の行くように私も頑張っているのに、そういう言い方はないと思う。とても悲しいです。」

と言ってしまった。。。するとおじいさんも、やっと我に戻ったのか(?)口調が柔らかモードへと移行。その場は何とか収まり部屋を出て行った5分後、また同じおじーさんからアラーム...今度は、のどの痰を出すための「が~ぺっ」をしたいから受け皿を持ってきてくれとのこと。。(汚くてごめんなさい)

もうダメ、夜勤限界。。と思ってしまった瞬間でした。昼間の仕事で同じことを言われても全く何も思わないことを、夜中3時にされると本当に我を疑うほどのいらだち感が体中に流れます。

と同時に私は、やはり夜勤には向いていないなあと思った瞬間でした。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。