スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業しました!

06/05
引っ越しと卒業式が重なり、ブログの更新が少し遅れてしまいましたが、6月3日無事にルンド大学放射線科看護学科を卒業しました!!卒業式は、普通看護学科とも同時に行い、ルンド大学のメイン講堂(universitetsaulan)が、沢山の卒業生とそのご家族で埋め尽くされました。初めて入った講堂の中は、大学が持つ長い歴史と由緒が漂っていて、自分もこの会場に卒業生の一人として参加しているのかと思うと何とも不思議な気持ちになりました。

スウェーデンに来てから3年が経ち、それまで老人ホームなどでアルバイトなどをしていたものの、これから先、異国の地でどうやって生きて行こうか迷った時、大学を卒業すれば、自動的に資格も取れるというスウェーデンの大学システムに惹かれ、とりあえず自分が入れそうなプログラムに応募してみた3年前。

当時、放射線科看護師の就職率がどれくらいのものかは分からなかったけれど、大学を2年終えれば「準看護士」として就職する事も出来るし、放射線科看護師学科がイマイチ自分に合わなくても、卒業後に更に同大学で1年半勉強すれば、普通看護師の資格も取れる、そして何より校舎が自宅から近所というメリットから迷う事なく入学を決めました。

といっても、入学当初はまずクラスに何名の外国人生徒がいるか数えたという肝の小ささ。。今まで理系でも医療系でもない、ちょっと女子大でフランス語を学んだ程度の私が、20代半ばから始めた外国語で一から全く新しい分野に挑戦するという事は、新鮮でもありながら、やっぱり辛い事も多くあり落ち込む事も常でした。今でもグループ作業やディスカッションは苦手であります。

言葉の問題は常にあったし、大抵それが悩みの種だったわけだけど、逆にある意味それだけ他のスウェーデン人学生にはない「爆弾」を抱えているというか、だからこそ、「これを逃したら、後がない。」という思いで必死こいて前に進めたのかもしれませんね。

これから社会に出ても、その「爆弾」をずっと抱え続けなければならないけれど、ある意味自分にとって怠けてはいられない、良い刺激となってくれる事でしょう。むしろ、これからが本番なわけですから。。


というわけで大学生活の思い出話はここまでにして、卒業式当日の写真をいくつか貼っておきます。

卒業式が始まる前、シャンパンと一緒にクラスメイト達との最後の一時。私は残念ながらシャンパンは飲めず、炭酸水で代用。




2階も合わせ、全席埋め尽くされた会場。有名人の登場でも待っているかのようにカメラのフラッシュ。


クラスメイトが次々と会場に入ってくる中、カメラを手にした相方発見!!


学科長のスピーチ。これが、かなり長かった。


いよいよ、ブローチの授与式。




ブローチの授与式が済んだ後の撮影タイム。カメラが多すぎて、みんなどこを見て良いのか分からず。




卒業式後、相方家族からもらった花束と一緒に。


授与式でいただいたブローチと、来週火曜日から使用する名前と職業名の入ったバッチ。


これから大学側から発行される卒業証明書を待って、いよいよSocialstyrelsenへ免許の申請をしなければなりません。申請費に600Krかかるそう。。免許が無事に自宅に届くまでかなり時間を要するので、それまでは就職先には大学の成績証明書で代用しなければなりません。

私は8月半ばの出産まで2ヶ月しか働かないので、それまでに就職先に免許提出するには間に合わないかもしれませんね。この時期、全国の看護大学の卒業生達が同時申請する時期でもあるので、夏の間に免許がいただけるかどうか.....。

というわけで長くなってしまいましたが、ルンド大学生活関連のブログはこれで終了です。卒業と同時にブログも閉鎖しようと思ったのですが、途中でマメコさんが登場してしまったのもあり、次からはテーマを変えて、短い期間ですがマメコが生まれるまでの記録&新米どたばた看護士生活でもちょこちょこっと書いて行こうかと思います。

しばしの間ですが、これからも引き続き、どうぞよろしくお願い致します!
スポンサーサイト
Comment
おめでとうございます!
Kaoriさん、ご卒業おめでとうございます。3年間、お疲れ様でした。言葉の苦労のくだり、私もうなずきながら読みましたよ。ホントにこればっかりはね。でもすべての過程をクリアしてゲットした資格です。胸を張って、お仕事してくださいね。おめでたニュース、今まで気がつかなくてすみませんね。8月までもうちょっと。マメコさんの写真がアップされる日を楽しみにしてます!
Cindra
卒業おめでとうございます。
こちらで全く違う分野の勉強をされている方には本当に頭が下がります。全く新しいことを母国語以外で勉強しているんですもの、すごく大変だったと思います。

>Socialstyrelsenへ免許の申請をしなければなりません。申請費に600Krかかるそう。
実はこれをケチる人がいるようです。以前職場の上司から聞いた話ですが、面接に来たうちの数人は免許がなかったとか(ちなみにこの人たちは面接時は別の職場でナースとして勤務中)上司の想像では、最初の就職先は免許取得の前に決まっているから、そのまま申請しないで来ちゃったんじゃないのかな~って事でした。が、そんな事ケチってどうする~~~と職場では大爆笑+ビックリ仰天でしたよ。そういう姿勢って仕事にも表れるから、そういう人と一緒に仕事するの嫌だな…って思っちゃいましたけど。
新人ナース+妊婦さんと大変そうなコンビネーションですが、体壊さずに頑張ってくださいね。
おめでとうございます!
ご卒業、おめでとうございます!
ブログ、継続されるということで嬉しいです。
私も少し似通った立場?なので、楽しみにしております。
☆卒業おめでとう☆
私としたことか、出遅れた・・・。

改めて卒業おめでとう!!
もう何も今更言う事なし!
ただ本当にお疲れ様でした。
ルンドのナースバッチ、とっても素敵だね♪

ブログの継続も嬉しいな♪豆ちゃんに会えるその日まで、新人ナースさんの働きぶり、続編も大いに期待してます。マメちゃん、だいぶ大きくなってきたね。

夏の間にまたみんなで集まって、卒業&引っ越し&豆ちゃんパーティ開こう!!Kaoriさんお祝い事、多すぎ 笑。

おめでとう!

おめでとうございます!
ご卒業おめでとうございます!
女子大生から看護師に、そしてもうすぐママに変身ですね♪
今度みんなでお祝いしましょう!!
はじめまして。
といっても、私は何度もこのブログを読んでいました。ご卒業本当におめでとうございます。私もスウェーデン3年目で大学に正規で入り医療系勉強してて、かおりさんのブログがとても励みになっています。私はまだあと2年残っているので、その間も、きっと、日本人で頑張って卒業した方がいるって思うだけで、力になると思います。
これからもブログ楽しみにしています。
Kidorinさんへ
Kidorinさん、ありがとうございます。この3年間は一つ一つのテストや課題が国家試験と思いながら、何とかヒーフー言いながら頑張ってきました。。言葉の問題は今でも悩みの種でありますが、時間が経てば経つ程、気持ちに余裕が出来たというか、言葉の事で何か突っ込まれても笑い飛ばせる位の度胸がつきました(笑)。Kidoriさんの大学では既に夏休みに入られた所でしょうか?卒業まであと1年ですね。最後の年は、卒業まで本当にあっという間だったと記憶しています。私的には大学が少なくて楽しかったというか、気が楽だったかな(笑)。大学は卒業したとはいえ、私もまだまだ学生と変わりないので、学ぶ事が沢山です。お互いに体に無理をしない程度に、乗り切りたいですね☆
Cindraさんへ
Cindraさん、ありがとうございます!!今まで理系は大の苦手であり、異国の地でほとんど一から物理や技術を学び、それをテーマにグループ作業で議論し合うという事は私にとって正直、苦痛の何者でもありませんでした(笑)。放射線科看護士という職業に対して最初は自分に合うか心配もしましたが、今では、この職業が自分にとって天職とまで思うようになりました。とはいえ、まだまだ新人としてさまざまな事を学び取る事で精一杯ですが。ただ仕事は、やはり楽しいです!

>そういう姿勢って仕事にも表れるから、そういう人と一緒に仕事するの嫌だな…って思っちゃいましたけど。

私の職場の同僚やうちのクラスメイトの一部も、やはり免許がない人と仕事をするのを毛嫌いしている人もいます。何故ならそういう人に何かミスなどがあった場合に、一緒に検査室を受け持っているLegのある方が責任を取らなければならなくなるから、だそうです。(普通看護士さんの場合は分かりませんが)。うちのクラスメイト数人も研修やテストが残っているにも関わらず、一部の病院の放射線科でアシスタントという名の元に働き出している人もいます。某地域の病院では、とにかく放射線科看護士不足なので、免許がなくてもどんどん駆り出されている状態です。

免許申請600KR、一生の事だと思えばけして高くはないと思うのですが、ケチる人もいるんですね。。私は卒業して間ないので現在、大学側から最後のコースからのポイントを待っている所ですが、この作業が遅いのなんのって...。Akutの研修のポイントもまだもらってない状態です。。最後のコースを終了して初めて、Examansbevisが申請出来るので、皆イライラしています。今週中には、何か動きがあれば良いのですが。。
radiological technologist@Japanさんへ
radiological technologist@Japanさん、ありがとうございます!radiological technologist@Japanさんは体調の方はいかがですか?私の方は先週から放射線看護士としてデビューしました!新人ですが、一人にさせられる事も多くて、そんな時はやはりまだまだ焦ります(笑)。自分が焦っておどおどしていたら、患者さんにもそれが伝わってしまうので、そんな時はゆっくりでもいいからとにかく一つ一つこなして行こうと何とか頑張っています。妊婦さんなので、直接病棟に行って撮影を行なう所謂「Bedside」は省いてもらっていますが、自分の科は救急患者専門なので、体に無理のない程度に自分でも気をつけなくてはと思っています。ブログの方も出来る限り、更新して行きますね。
Maikoさんへ
Maikoさん、ありがとう!ルンド大のバッチを付けてると、やっぱり気合いが入るよ!放射線科看護士専門用の全国共通バッチをつけている人も結構いるけど(彼らの多くは、自分は「ナース」ではなくて、あくまでも「放射線技師、Radiographer」として誇りのある人に多い。)、やはり大学生活の苦労や努力などが染み付いた母校のバッチの方が、自分的には大きいです。Maikoさんが卒業する日もそう遠くはないね。楽しみにしているよ!

豆さん、大きくなったのかなあ。病院服来ていると本当にみんなから気が付かれなくて、「あと2ヶ月で出産予定」という事に対してまずあっけにとられ、みんなから「あなた、赤ちゃん、一体どこに隠してるの!?」って言われまくりです(笑)。気がつかれないから私が妊婦さんだと忘れ去れる事も多くて、あまり嬉しい事じゃないよ。。日本だと私は大きいサイズの方だから(横がね汗)、すぐに気がついてもらえると思うけど、こっちだとまだまだ普通サイズに入ってしまうもんね(笑)バスに乗って席譲られてみたいわ。。

プルートさん
プルートさん、ありがとうございます。自分がママになるなんて本当にまだまだ想像が付きませんです。予定日2ヶ月切ったんですよね。。それすらも信じられない(汗)。とりあえず、7月中にはベイビー用品全部用意しなきゃ。(7月って遅い!?)名前も全然決まっておりません。それなりにいくつか候補はあるのですが、サンボが気に入らないようで。。ケンゾーの未来の弟くんの名前は既に決まっているのに(この前お話したアレ、ね笑)、我が子になるとそう一筋縄には行きません。こちらの多くのスウェーデン人ママのように、とりあえず顔見て決めても良いっかなーと思っています(笑)。
SWECCO さんへ
SWECCOさん、初めまして。そして嬉しいお言葉をありがとうございます!SWECCOさんも大学で医療系の勉強をされているのですね。私の場合実は、在住1年目に某大学の幼稚園、小学校低学年の教員向けプログラムに入ったのですが、ここではあまりの自分の語学不足に思い切り打ちのめされまして、入学して7、8ヶ月位で退学しました(←させられたも同様ですが汗)。やはり、大学正規には最低でも在住3年は必要かな、と自分でも体感しています。

医療という事で全くの新しい分野に挑戦する事に対して不安もありましたが、そんな時、日本人の先輩方のブログや日記を読んで自分でもすごく励まされました。同じ母国の方が頑張っている姿を想像すると、本当に自分の頑張らなくてはという気持ちにさせてくれますね。私も自分の体験が少しでも医療系を目指すス在の日本人の方にお役に立たればという気持ちで、ブログの場を通して自分のありのままの気持ちを記してきました。と同時に自分も色々な方からのコメントでとても勇気付けられました!

SWECCOさんは、あと2年で卒業なのですね。2年、長いようで終わってしまえば本当にあっという間です。特に最後の1年はさまざまな研修で外に出る事が多かったせいか、本当にすぐに時間が経ってしまいました。体だけにはご無理のないよう、ルンドからですが、応援しています!
上手くニュアンスが伝わらなかったのかも。
>私の職場の同僚やうちのクラスメイトの一部も、やはり免許がない人と仕事をするのを毛嫌いしている人もいます。

責任を取らなくてはならないというより、上司が面接した人たちは学校を卒業してから半年以上経っている人たちなのに、免許の申請をしていない人たちなんです。学校は卒業したり、仕事にも就いたのだから免許はどうでもいいや~と思っているのかな?と思うのですが、そういう人たちって仕事でも同じような姿勢を貫きそうなので、一緒に仕事するのは嫌だな…って思っちゃうんですよ。

お仕事楽しそうで、何よりです!
Cindraさん
彼らにとって、職場にも成績証明書出したし(のはずですよね?)、就職もしたから、わざわざ600クローネも払って改めて免許提出しなくても良いだろう~という横着な態度が、仕事面にも影響してしまうという事ですよね。でもある意味、雇用する側にも問題があると思いますね。雇用側もそこら辺の事を、特にうるさく言わないんでしょうね。

私の職場では雇用の際に最低でも成績証明の提出は義務付けられてはいますが(そうしないとUSK扱いになってしまうので)、免許自体の提出はそれほどうるさくないようですよ。私は、3年間という期間がありながら、明らかに自己管理不足の為に追試が多く残っていたり、研修が残っているなど大学もまともに修了出来ていないにも関わらず、何故か看護士と同じ勤務内容という方が嫌です。そういう人こそ、やっぱり態度に出るので。特に申し訳ないけど、現地人学生に対してはつい厳しい目を持ってしまいます。

うちの職場はそういう人を取らないので、その分、まだ安心なのですが。。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。