スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あー

04/08
今の所、単位は全て揃っているわけですが、以前、提出していた個人課題で学科リーダーから気になるメールが.....

「Trots att jag godkanner dig sa vill jag garna att vi diskuterar detta da du ar har i igen den 6 maj. Forhoppningsvis kan vi diskutera detta nagon gang mellan kl 12-13.....」

「合格あげるけど、あなたが本当に理解しているかどうか分からないから個人的に話し合いましょう」とのメールが先ほど来ました。つまり、個人で調べた内容をそのまま理解せずに参考書や他の文献の文章だけ書き写ししてんじゃないか、と疑ってるとのこと。

所謂、呼び出しってヤツです。今まで個人的な呼び出しなんて一度もなかったけど、この先生も学科リーダーとして、あと2ヶ月で放射線科看護師として言語不自由な私を送り出すの心配になったんだろうなあ。

でも、きっとこうやって呼び出し受けてんの私だけなんだろうなー。クラスメイトの外国人は秀才Cちゃんと私だけだもんなー。クラスメイトには、優秀な生徒も多くいるけど、そうじゃない、私のようなスレスレの学生もいるのになー。やっぱ、11名と少数クラスの中にこんな言葉のつたないアジア人学生がいたら、そりゃ目立つよなー。やっぱ現地組はいいなー。あー、自分、カッコわるすぎ。もう慣れたけど。

とりあえず、せっかく個人的に先生にご指導行ける良い機会でもあるので、頑張って行ってきます!

当たり前ですが、資格を取るだけで、実際に使えなければ本当に意味がないですからね。そして医療の身を置く者として基本は、やはり専門知識。3年間で学んだ知識を実践的に使う為には、吸収だけではなくて、どんどん表に出していかなくては。それが先生でも患者さんでも変わりませんね。自分の理解した事を全てさらけ出してきます。

とはいえ、今週末は少しポーズ。近郊にでも、小旅行に行ってきます☆

マッキーの曲を聞いて、元気をもらおう!

スポンサーサイト
Comment
マッキーのこの歌、大好き。よくスウェに来たばかりの時に聞いてたよ。NTT東のスペシャルクリップバージョンもいいかんじよ♪(^o^)v
今でこそ言葉も追いついてきてますが、管理栄養士のコース(入学は40名程度、卒業は20人以下)は外国人、私一人だったのでその気持ちわかります。管理栄養士のコースは難関で、20pt中、19pt以上ないと入学できないので、もうそりゃー皆さん、優秀で、私もいつも冷や汗かいてました。呼び出されたこともたくさんありますよ^^ 
けど、努力し続ける癖&恥をかくことに対する慣れは今、とっても役に立ってくれてます。気を抜いて勉強してても他の人よりは上のペースだし、人前で話すことも平気になりました。あの頃に比べりゃ、こんなの屁でもないやってね^^ 情けも努力も他人のためならず、です。がんばってください。私もがんばります!
Maikoさん
NTT東のスペシャルクリップバージョンって2006年のユーチューブにも上がってるやつ? この曲ってシングル化されてると思ったら、元々アルバムに収録されていた曲なんだね~。 名曲ゆえに、色々なアーティストに歌い継がれてるみたいだね☆ 今どんな曲が流行ってるのか分からないけど、こういういかにも90年代って感じの曲は
やっぱり世代の懐かしさを感じるねえ♩
かなかさん
言葉が出来ないからその分努力して知識でカバーしないと思うのですが、たまに気を抜くとすぐにプロからは見抜かれます(笑)そこら辺は現地人はやはり言葉の関係上、うまくクリアしちゃうんでしょうけどね。

学科リーダーはやはり長年の経験もあってか、学術的な議論になってくるととにかく突っ込んでくるんです。あるセミナーで、彼女の質問の意味じゃなくて答えが分からなくて、答えるまでに時間がかかってたら、後で個人的に「あなたは、まだまだスウェーデン語に問題あるわね」って言われちゃいました。ようやく、どの研修先もスウェーデン語に不自由を感じず、誰からも言語的な事で突っ込まれなくなっていい気になっていたら、思い切り冷たい水を顔に浴びせられた気分でしたよ(汗)

で何故だか、そんな時に限って私も何を血迷ったのか、「先生の方言、あまりクリアじゃない。どこの出身?」って言ってしまってから、それ意向、少し目をつけられてる気が....(汗)ははは.....バカすぎますね、私。ちゃんと勉強不足でした、って自分で認めれば良いのに。初心の気持ち、忘れべからずです、ホント。

恥をかくことは、本当に自分自身を成長させてくれますね。恥をかく、他人から注意を受ける度にこれは自分が成長する為のステップなんだ、と思うようにしています。成長したな、と実感できた時の喜びは何にも代え難いですね。私も前に進む事への努力だけは怠らず、頑張りたいです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。