スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひゅー

01/11
今日で、やっと無事に卒論論文セミナー及び他グループの論文に対するOpponentが終わりました!

既にMixiメンバーの皆様には愚痴をこぼしてしまいましたが....、昨日のOpponentは散々でした(汗)。今までOpponentというものに何度か関わってきましたが、昨日程、冷や汗を書いた事はないでしょう。

Opponentを始める際に、まず相手のグループの論文の要約について、口頭で発表しなければならないのですが、試験官がまず私の要約が気に入らなかったらしく、「あなたはそう言ったけど、論文には本当にそう書いてあるのか」とか、「あなたの要約には「Metod- och resultatdiskussion(メソッドと結果についての議論)」が入ってない。何て書いてあるのかちゃんとよく読んで。それから私たちに分かるように説明して。」など、出だしから事細かに突っ込まれました。仕方ないから、即行で説明したけど、計画外の事だったら自分でも何言ってるのか頭、真っ白状態。しかもだらだら説明してたのが気に食わなかったのか、試験官から「ああ、もう要約いいから、次に行って。時間がない。」と呆れられた状態。

要約の次に、論文の内容について良かった点、改善すべき点についてに話し合うのですが、そこでも何度試験官から突っ込まれた事か。私が参加した他のセミナーでは、試験官はあまり介入せず、あくまでもOpponentするチームとそれを受けるチーム同士で話し合っているようなのですが、この試験官はどうも私が気に入らないのか、目の敵のように介入してくる、しかも私に向けて。

一つの例を挙げれば、「Resultatdiskussionでは、他の書籍や法(Socialstyrelsen)など用いても良いか、Ratt eller Fel? (←本当にこの口調だった)」と迫られたので、一瞬、他の論文に記述されてある実験結果などについては用いても良いと聞いたけど、他の書籍や法はどうなんだろう、と迷い、「フェル!?」と答えると、試験官から即行「Nej, 答えはRattよ。」と返ってきました。そこまでなら、自分も正しい知識を得られる良い機会だと思い、前向きに捉えられるのですが、相変わらず、この試験官節は止まらない。それから、またチクチク、その間違った情報は誰に学んだのか、Handledare(指導教官)は誰か、色々聞かれました。「Handledareじゃありません。自分が勘違いしてただけです。」と答えましたが...、Handledareは誰か、とかこういうトコは、サラッと流してくれればいいのにな、と思いました。まるで尋問です。
 
卒論セミナーでは皆、自分の試験セミナーとOpponent以外に二つのセミナーに参加しなければならないのですが、昨日は初日の早い時間という事もあって8人定員の所、10人強いました。皆、看護学科からの生徒でした。そんな中でのOpponent、1人(しかもアジア人)で思い切り恥をさらしてきたというわけです。

最後にこれは自分だけの思い込みなのかもしれないけど、Opponent終了後、この試験官、まだ私が部屋に残っているというのに電気消された!!ウッキー!!(怒)

でもまあ、この試験官もOpponentに来てた参加者達とももう会わないし、こんな事もあるさと自分に言い聞かせていたのですが、今日、他のセミナーに参加した際に、昨日のOpponentセミナーに参加していた学生が数人ほど居ました。彼女達から、「昨日の試験官は、確かにあなたに対してTaskigだった。」と共感の声を得られれました。やはり、少しでも自分の状況を分かってくれる人がいた、というだけでも有り難い。

さて昨日のOpponentとは打って変わって、今日、私の論文に関する試験セミナーについて、何とか無事に終了できました。Opponentしてくれたグループも、前回の中間セミナーと別のグループでしたが、彼女達と同様、とても恵まれました。

結果は補充(Komplettering)なんですが、卒論コースの冒頭でも先生が言ってたように卒論において皆どのグループも補充は受けます。気になるのは補充の量なんですが、私の場合はResultatdiskussionの箇所を、自分が導いた結果と類似している別の論文の実験結果など加えながら、もう少し議論を展開する事、それ以外は参考文献や言葉表現などについて変更、又は補充せよ、とのことでした。という事で、それほど大きな補充は求められませでした。(←と自分では、思ってる)

私の論文に関する補充すべき点。AbstraktはImperfektで書くそうです!↓


今日はひとまずゆっくりして、明日から又、補充に向けてひと頑張りです。提出はいつでもいいそうです(汗)

そして、来週はいよいよ、地獄の薬用計算テストがあります。。心配の種はつきません。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。