スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々迷いながら...

10/02
先週の木曜日の口頭試験を持って、無事に卒論に向けてProjektplan(研究計画書)のコースを終了しました。

口頭試験への参加は基本的に、筆記試験に合格している事だったのですが、その筆記試験の問題も事前に大学側がネットで公表。筆記試験に合格していれば、基本的に口頭試験も合格という形だったようで、口頭試験で同席になった別のグループも含め、全員が合格していました。一応、口頭試験内容の説明として他のグループへのOpponent,そして自分のProjektplanについてのちょっとしたプレゼン、最後に筆記試験に出題された論文の学術用語について、それぞれのProjektplanから選んで解答していくとのこと。

しかも配当ポイントが筆記試験の0ポイント、口頭試験は4ポイントだったので、てっきり口頭試験の比重率が高いと思い込んで、大焦りで同じセミナーのグループのProjektplanを日本語に訳してまで挑んだ(自分しか頼れないという恐怖心から)のですが....。実際の口頭試験では、特に論文の学術用語にはほとんど触れず、それぞれのProjektplanについて試験担当の先生(担当指導教官ではない)からの評価や卒論に向けての注意すべき点などを中心に話し合いました。

ちなみに私のProjektplanについての評価ですが、やはりMetodの部分をもう少しクリアにしないとダメだとの評価をいただきました。予定していたインタビュー調査(Intervjustudie)からパイロット調査(Pilotstudie)、そしてインタビューの対象者選択の上での大幅変更など予想汰にしていなかった事を、正直自分の中でうまく処理しきれていなかった気がします。

指導教官とは別の筆記及び口頭試験担当の先生からの評価表の一部↓

この評価は特にProjektplanの合否には影響はなく、それぞれのグループが卒業論文時に向けて注意すべき点などのアドバイス的な要素も含まれています。


また以前にインタビュー研究の授業も受け持っていた試験担当の先生から、パイロット調査であれ、やはりインタビュー候補者の人数は最低でも8人は必要とのこと。また大学病院側からの唯一の条件であった、既にMRマンモグラフィーの検査を行っていて、異常なしの判断を得ている患者さんを対象にする事に関しても、「The old memory of MR-mammography」になってしまわないように、インタビュー質問内容にも注意を払うようにとのことでした。

そうなんですよね、大体3ヶ月以内で検査を受けた患者さんに的を絞っても、あれだけ大学側がインタビュー人数を半減できるからということ(実際には違ってたけど)パイロット調査を薦めてくれたのに、これがやっぱり8人となると中々、難しいでしょうね。検査自体も、スコーネでは大学病院一箇所のみで、一ヶ月で約10人程度の患者さんしか受けていませんからね。3ヶ月で30人として、約3分の1の患者さんが11月以内限定で、インタビューオーケーしてくれるかとなると、やはりなかなか道のりは遠いです。これが3ヶ月以内から6ヶ月以内に引き延ばしても、6ヶ月前の検査の事を詳細に覚えているかといえば、これも又、非現実的でもあるような。

当初は数カ所の大学病院を回って検査直後ほやほやの患者さんにインタビューを挑もう!と思っていたのですが、やはり調査の上でさまざまな現実を目の当たりにした今、インタビュー形式を見直す形にしています。幸いにも文献調査(Litteratursutide)でも、色々と検索してみた結果、何とか卒論に満たすだけの文献は揃いそうなので、Litteraturstudieにしようかと思っています。Litteraturstudieにすれば、Faktaも押さえられるし、患者さんの古い体験談を元にするよりは、正確なデータを活用できるし。

あれだけ指導教官に、「Litteraturstudieにはしない!」って痰火を切ったのに...恥ずかしいですね。次先生に会ったら、どんな顔しよう。

でも現在、インタビュー調査について大学病院側からの連絡待ちでもあるので、11月限定で3ヶ月以内に検査を受けた患者さん8人~10人用意できるとなれば、インタビューに挑戦するかもしれませんが、可能性は薄いので、ここは卒論のテーマを変える事なく選択の幅を広げるという意味でも、やはり「Litteraturstudie」の線で進めています。

どうなるか分かりませんが、とりあえず自分の納得行くまで頑張ってみようと思います。

さて来週からはいよいよCTでの研修。その前に3日間ほどグループ作業を含むインテンシブな授業があります。今週末はCTの復習でもしておこうと思います。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。