スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T5、スタート

09/04
長期の日本滞在を終え、今週から早速、新学期がスタートしています。今学期の主要科目といえば、何と言っても「卒業論文制作」。本格的な卒業論文の取りかかりは、研修明けの11月頃からスタートするのですが、現在のコースでは、卒業論文執筆に向けて、計画書の制作に入っています。

スウェーデンの大学では学科間に差異があるかもしれませんが、基本的には2人組で卒業論文を制作。ルンド大学看護学科でも特別な理由がない限り、個人又は3人での執筆は認められていません。とはいえ、ここまで大学側がペアでの卒論制作を奨励するのは、単に大学側の卒論指導に当たる先生の人件費削減が主な理由なのですが。

私は既にT4から卒業論文は何が何でも1人で書くと決めていました。この2年間、さまざまなレポート、そして論文作業を行ってきましたが、結局1人が1番落ち着くといった至って単純な理由からです。もちろん私のような言葉に問題がある外国人学生が第二言語で、しかも個人で卒業論文を執筆するという大それた事をしようとするわけですから、これから色々な苦労が目に見えている事は予測できます。でも、何事もチャレンジしてみない事には分からない。

最終的には、何とか個人制作の許可が降りました!他にも看護学科からは2人が認められました。何と、全て外国人学生です。やはり国は違えど、移民として何か想い通じるものがあるのでしょか。

先日、卒論テーマと執筆グループ名の申請をしてきました。個人名でログインすれば、ネットでどのグループがどんなテーマを扱うか一覧する事が出来るのですが、やっぱ分かりきってたことだけど、こうして改めて文字を目にすると、1人、しかも日本名なもんだからやっぱり目立つ!自分で決めた事なのに少し哀愁すらも湧いてきます。。

次はいよいよ論文指導者の先生が決定するわけですが現段階において、既に70%以上のグループは指導者が決まっているようです。指導者側も自分の研究分野に沿った内容のグループを選択するようにしているわけですが、まだ指導者が決まっていないグループのテーマを一見すると、どうやら複雑そうなテーマを選んだグループは後回しにされているよう。。で、私もまだ指導者決まってません。

放射線組ではCTを扱うグループ、そしてMRを扱う私はまだ指導者が決まっていない事から、この分野に強い先生を検討している最中なのでしょうか。月曜日の午前中までに全てのグループに担当指導者が決まるとのことですが、気にしてもしょうがないのでとりあえず計画書の準備でも進めておく事にします。

今は初段階のProblemomrade(問題分野)を書き終わり、次のBakgrundの中盤に取りかかった所。相方からは1人で書くんだからもうちょっとスピード上げないと終わらないよ、と早速のダメだし。あくまでも選択した分野に的を絞って、簡潔に述べるという事を常に念頭に置きながらも、実際に文献を読むと何だかどの内容も重要そうに見えてくるという自分の要領の悪さにため息。計画書の段階では、Bakgrundなんて1枚半書けばオーケーなのに、普通にストップかかなければ3、4枚位いきそうな予感。ヤバい、ヤバい。

というわけで、週末も相変わらずパソコンと寝食共にすることになりそうです。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。