スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Invandrareパワー!?

01/08
グループ論文を提出し、薬用計算も何とか合格、そして今日の統計テストもノートそして教科書の持ち込み可能だったので何とか合格ラインギリギリは行っていてくれるだろうと期待をしている中.... 

グループ内では、現在ノルウェーでバカンスを満喫中のAちゃんと試験日の事で大もめしています。元々、口頭試験だけ別の機会にすれば良いだけなのに、本人はこれを逃すと最初から論文を書き直しをしなければならないと勘違いしているらしく、現状が更にややこしくなっています。それでも何とかOpponentだけは彼女に合う日にちにしたものの、彼女によると口頭試験を受けなければ意味がない、と一点張り。

グループ内には小さな子供さんを持つママさんもいてみんな忙しい中、都合を合わせて必死に論文合格に向けて頑張っている中、グループ作業には参加せず、他人任せでバカンスを楽しんでいる彼女につべこべ言われる権利もなく、正直仲間のストレスは頂点に達しています。

書き直しになる事を恐れている彼女だけれど、大体あの論文、クリスマス、正月返上して私が書いたものなんだけどな...。年末最後のグループ作業から一週間の休みの間、他の3人も少しは作業が進んでいるだろうと期待していたら(そういう約束だったし)見事に誰も進んでいなかったので、結局私の書いた文章が論文の80パーセント以上を占める形になってしまったのですが。ただ最後は、Aちゃん以外のグループ仲間からの論文の修正や補足なども入ったので、提出する際にはみんなの作品として仕上げることが出来ました。

あー、本当に困ったものです。年初めだと言うのに、予期せぬ災難。とりあえず私に出来る事はもう全て出し尽くした感があるので、後はグループ内のイラン人のママさんが彼女の事を引き受けてくれることになりました。これぞ、Invandrareパワー(!?)なのでしょうか。

「Invandrareパワー」といえば、実はこのグループ結成される前にこちらもAちゃんに負けず劣らず追試が多いアラブ人のBちゃんが最初は私たちのグループに入っていたのですが、途中で別のグループへと変更。私とイラン人のママさん、そしてAちゃんのメンバーの顔ぶれを見て、「こりゃ、受からないわ」と判断したのでしょう。繊細なイラン人のママさんもその事は直に受け止めていて、「やっぱり、あからさまにこういう態度取られると辛いね」と悩んでいました。

私は途中とはいえグループ変更はBちゃんの為にも良かったんじゃないか、と逆にポジティブに受け止めていました。人の論文で楽して合格を狙うなら、出来るグループに紛れ込むの得策といえば得策。ただ、自分で努力しない分、何も成長しないだけ。次の論文の授業では更に上のことが要求され、自分であたふたするだけ。

ただ私がここまで論文に集中できたのは、「あ~、やっぱり外国人グループにアホスウェーデン人チーム(ごめん)だからね。落ちて当然。」と周りから思われたくなかったかもしれないのは否めません。現地人が、外国人が言葉に不自由だという認識を持つことはどこの国でもあり、個人的にその事自体は全く気にならないのだけれど、論文作業が始まる前から「外国人=論文にも受かる見込みなし」という過小評価がやっぱり自分の中で受け入れられなかったのかもしれません。スウェーデンに来てから、変なプライドなんて捨ててきたはずなんだけどな....。

再来週からいよいよ4学期というのに、色々と厄介な事が重なってしまいましたが、とりあえず何とか切り抜けたいと思っています。そういえば前回、研修エスレブかと思ったのですが、ルンドでした。ただエスレブはルンドの大学病院に属するので、もしかしたら、9週間の研修中にエスレブの方にも研修に行くかもしれません。とりあえず拠点はルンドのようです。
スポンサーサイト
Comment
No title
困ったちゃんのAさんですね。
スウェーデン人に混じって勉強するというのは、本当に大変ですよね。でも、こうやってたくましさを身に付けているんだろうな~と漠然と思いました。将来この手の患者さんに出会うこともあるので、そういう意味でもきっと役に立つのでは?

私のように移民用のコース上がりの人間は、職場に入るまでは移民グループの中にいるので温室育ちなのかもと、思っちゃいました。

Vidareutbildningの中でUppsatsを書くときなど、20年ぶりなのであたふたしてしまいますが、スウェーデンの大学で勉強していれば何度も経験している事なんですよね。Opponentなんて今回が初めてだったし…。
そこをすっ飛ばしている私にとってはこれからが正念場なのだとヒシヒシ感じてます。
9週間の実習、頑張ってくださいね~。
No title
CIndraさん

コメントをありがとうございます。
Aちゃんの件は何とか落ち着いたようでホッとしています。
大学では勉強面だけではなく、色々と精神的にも大変な事もありますが、最初の頃に比べて今は大分慣れてきました。ただどうしても辛い時は、CIndraさんや同じスウェーデンで頑張っていらっしゃる日本人の方たちから沢山元気をいただいています。というわけでMixiでぺたぺた足跡つけすぎていたら、ごめんなさい~!いつもパワーをもらっています。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。