スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高の研修地

10/29
研修もあと残りわずか一週間となりました。研修責任者の先生そして指導看護師さんと一緒に行った中間審査も問題なく終了。指導看護師さんが「中間審査はあくまでも最終審査へのステップアップの過程にすぎないから、いきなり良い点数は付けてあげられないわよ」と事前に言われていたのですが、結果は全て良以上(O:ver god formaga)でした。

中間審査でここまで良かったのは今までの研修で初めてだったわけですが、以前にもブログに書いたようにエンゲルホルムの職員はかなり年齢層が高いので、学生にはかなり甘甘なのです。また軽度の患者さんしか来ないので(重度患者さんは全てヘルシンボリ行き)、職場環境も平和すぎる程平和。朝食もフィーカ(お茶)も医者、看護師、看護学生そして准看護師等が皆同じテーブルを囲んで摂るのは、逆に大病院ではなかなか見受けられない光景かもしれません。

ちなみに今日は久しぶりに大学でセミナーが二つほどありました。ここで、学生同士それぞれの研修先について話す機会があったのですが、色々他の学生の話を聞いているうちにやっぱりこれは当分エンゲルホルムから離れられないな、と悟りました。

他の研修先にはないエンゲルホルム特典といえば、まず毎日の無料朝食提供。ここではコーヒーや紅茶などはもちろんのこと、よくスーパーやパン屋さんなどで売っているふわふわの丸い(または長方形)パン(ブッレ)そしてハムやチーズ、ジャムなどのサイドサラダが毎朝無料で食べられます。これは、小さな病院ならではと言えるかもしれませんね。

そして研修時間帯も毎日8時間原則ですが、エンゲルホルムでは朝は8時から開始、そして学生の場合は大体14時50分から15時頃に終了。その後学生は別部屋に移り、30分~1時間ほどのReflektionstid(考える時間?)が与えられ、指導看護師さん1人と学生が一対一でその日に行ったことなど話し合ったり、また不明な箇所を自分でインターネットやテキストなどで調べたりと個人復習を行ったりしています。他の研修先では勉強時間は自宅でするもの、終了時間までぎっしり現場での研修を行っているようですが、エンゲルホルムでは学生に研修終了時間直後、まだ記憶が新しいうちにそれぞれが自分自身で考える時間を与えることはとても大切だと考えているようです。

最後に指導看護師さん2人の研修生に対する連絡の内密さ。大抵この2人で同じ検査室を受け持っているか、同じ時間帯に働いていることが多いのですが、どうしても1人がお休みの場合はもう1人の指導看護師さんに対し、私がその日に行った研修内容、そして次回の研修指導の打ち合わせを含めた内容を電話にて報告。これも最初びっくりしましたよ。相手の看護師さんが休日ということはプライベート中に、堂々と研修打ち合わせの電話なんて、逆にこちらが済まない気持ちになりました。

というわけで学生にとって最高に穴場的存在ながらも、遠距離&田舎という理由に誰も行きたがらないエンゲルホルム。。遠距離とはいえ、ルンドから快速で約40分。朝は仮眠のためわざと各駅の列車に乗り、帰りは快速列車と使いわけしています。

来年4学期に行われる9週間の研修も迷いなくエンゲルホルムを第一希望にするつもりです。指導教官たちからも、3、4学期では別の研修地に移りまた一から撮影方法などを学ぶより(研修地によって微妙に撮影方法も異なるのです)、既に3学期で学んだ知識をより定着させる為にも4学期は同じ研修地でしっかり基礎を学んでから別の研修地を回った方が良いのではと薦めらましたが、自分もその通りだと思っています。

もうすぐ研修も4週目とはいえ、まだまだ各体の部位の撮影技術がおぼつかない所が山ほどあり、完全に自分のモノになったとは到底言えない状態です。このまま別の研修地で再び新しい方法を学び困惑するよりは、同じ場所でじっくりと基礎を学んだ方が自分の知識になることは間違いないでしょう。

さて、研修の後はまた地獄のテスト、テストの嵐です。でも、3学期になってから、大分度胸がついてきたのか以前よりストレスを感じなくなりました。今週末から再びまた気合いを入れようと思います。スウェーデンの大学生活、本当に体力勝負だわ。
スポンサーサイト
Comment
Re: 最高の研修地
スウェーデンの大学生活、体力勝負というのはよく分かります! たとえうまくいかなくても、粘り勝てるというオマケもありますしね。実習先が恵まれているというのはとてもいいことだと思います。ゆっくりじっくりとがんばってください。応援しています。
Re: 最高の研修地
Kaoriさ~ん、がんばってますね!!スゴイv-20です!!
遠いとはいえ、素晴しい研修地でよかったですネ♪
Re: 最高の研修地
まさに最高の研修地ですね。
指導者側に余裕がないとよい指導が出来ないと分かっていても、実際患者さんが目の前にいてやらなければならないことが山済みだと…指導が辛くなることも。

通勤時間は1時間くらいですか?クラスメイトはもっと近いところで実習しているのでしょうか?Stockholmでは40分くらいだと結構普通かな?って思うのだけど…。
Re: 最高の研修地
かなかさんへ

心温まるコメントをありがとうございます!
そうなんです、スウェーデンの大学生活は正に体力と気力勝負ですね。
でもスウェーデンの大学って、何度も学生にOmtentaの機会を設けたりしていて、
一度目では力を発揮できなかった、でも真面目にコツコツと頑張っている学生には
本当に優しい大学制度だと思います。
とはいえ、テストやらセミナー、そしてグループ作業など
ひえ~となるほど、山ほどあるのですが。。。
今は、とにかく一つずつ目の前の課題をこなして行くだけですね。
無理のない程度に、お互いに乗り切りたいですよね!
Re: 最高の研修地
プルートさん

どもども~!!
現在の研修地の心地よさは、今までToppen!です。
やはり、小さな地方病院だから出来る技なのでしょうね。
ヘルシンボリも、5学期目の研修にと考えています。
それでは、次回のHundtraff楽しみにしていますよ~!
Re: 最高の研修地
Cindraさん

ブログに遊びに来て下さり、光栄です。
ルンド大学病院で研修した時は、正に皆がTidsbristでした。
私のHandledareだった看護師さんも、丁度研修が始まる前日辺りに急遽決まった状態で、
彼女自身私の研修内容についてよく分かっていなかったようで困惑していました。
その結果、中間審査で研修リーダーさんの先生から
「あなた、まだこれもあれもやってないの~?」とダメ出しを食らってしまいました。

今の研修地は、とにかく研修生を構って構って構いまくります。
これも、小さな地方病院ならではなのかもしれませんね。

大抵、大半の学生はルンド、マルメを中心、又は学生の自宅から近距離で研修しています。
しかしながらYstad, TrelleborgそしてA:ngelholmなど
電車で約40分~1時間ほどかかる場所の場合、
学生が自らこれらの研修地を選ぶことはなく、
まずハズレと理解するのが暗黙の了解でした。

というわけで、学生がこれらの研修地を自ら選ぶ場合は
優先的にずっと同じ場所で研修が出来るようです。
ルンドやマルメは人気が高いため、
同じ所での研修はまず不可能なのですが。。

マルメ在住のクラスメイトも予想外のTrelleborgに研修地が決まり
共に肩を落とし合った者同士ですが、
今では4学期も絶対Trelleborgで研修したい!とのことでした。

やはり研修地を場所で決めるより、研修内容など中味で決めるというのも
手なのかもしれませんね。



Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。