スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン旅行

08/16
先週は約2年ぶりにロンドンへと2泊3日旅行に行きました。慣れないイギリス英語に対応できるか心配しましたが、お店での簡単な会話は何とかクリアすることが出来ました。

デンマーク、コペンハーゲンの空港から出発したのですが、デンマーク人職員、相方がスウェーデン人だと分かると、相方が途中デンマーク語が分からなくてスウェーデン語から英語に切り替えても、終始デンマーク語で通そうとするのはこれもお国柄なのかなあ?と思ってしまいました。しかし、デンマークなのにスウェーデン語で通そうとするスウェーデン人にも問題あるのかもしれませんね。他のヨーロッパ諸国の言語と比べても、北欧内の言語はかなり近いので特に悪気はなく、隣接同士お互いの言語が分かって当然と思っているのかもしれません。

さて、コペンハーゲンからロンドンの空港まで約2時間。ロンドンといえば、例えばスウェーデン首都ストックホルムとは比べ物にならないほど日本や世界中からの観光客も多く、実際にご旅行された方、又はネットやメディアを通して有名箇所など既に目にされていらっしゃる方も多くいると思うので、この際典型的なロンドンの写真は省きたいと思います。

と書いておきながら、ロンドン橋とセントポール大聖堂の写真から。
ロンドンには今まで数回旅行に行ったものの、ロンドン橋を見るのは今回が初めて。丁度ホテル近くだったので、観光がてらによく散歩に行きました。


こちらも建物の中に入るのは初めてだったセントポール大聖堂。


セントポール大聖堂の入り口で、一体どんなセレブが出てくるのやらと心待ち出来そう(!?)なほど多くのカメラ陣。


対象物の矛先は、観光客の団体さんでした。


セントポール大聖堂の上階から。実は軽度の高所恐怖症でありながらも、何とか頑張って上りました。更に最上階もあったのですが、階段が回り階段の上に、足の踏み場が鉄で作られた柄模様式になっており、下が直視できる状態だったので諦めました。


有名箇所ではありませんが、同じくロンドン橋近くのアパートの様子。ロンドン橋を意識して作られたであろう独特なバルコニーが印象的です。とはいえ私にとって、こんな上階でお茶ところではないのですが。


古いレンガ作りの建物にモダンなガラス窓の組み合わせ。
ロンドン橋付近は、こうした旧建物と新都市とがうまく調和されています。


今回宿泊したホテルの丁度向かい側にあるビル。ビルの向こうにはロンドン橋。
この辺りは観光客だけではなく、ビシっとスーツを決めた働く男性女性も多いです。
ロンドン橋駅付近には会社のビルも多く立ち並んでいますが、ほとんどがガラス材を用いたモダンな建築が多いのも特徴的です。


ガラス材は一見美しいけれど、お掃除が大変なんですよね。
ビルクリーニングの職員さんたちも、所々で見かけました。


街の雑貨屋さんで見つけた恐らくパグであろう置物。いや置物ではなく、実はこれバックなんですよ。店の中に入るとショーウィンドウに飾られているパグの置物と同じ形でバックが売られていました。置物としては良いものの、バックとしては少々リアルで持ちにくいかもしれません。


ロンドン滞在中に大分お世話になったスターバックス。北欧ではコペンハーゲンの空港内2箇所以外スターバックスはないので、スウェーデン在住者にとってはとても貴重な存在でもあります。ロンドンにはスターバックスが数多く存在しますが、日本人の店員さんたちもいらっしゃいました。その中の1人の店員さんは、常に笑顔で日本人らしい丁寧な対応を心がけているのかとても好感が持てました。相方も「Trevlig kille(ナイスガイ)だね!」と褒めていました。私も海外で頑張っている日本人の方の姿を見て、とても勇気をもらいました。


ロンドン旅行中、相方の祖父母の家に滞在していたKenzo。自宅に帰ってきてからは疲労なのか、体調を崩し気味の様子。相方の祖父母は2人とも70代後半ですが、毎朝5時には起き、掃除開始。朝食後は長距離の散歩へと、かなりアクティブな2人のため、逆に隠居に近い生活をしている私たちの生活リズムとはかなり異なり、Kenzoにとっては国内ながらも逆カルチャーショックだったかもしれませんね。祖父母たちは早速、私が日本に帰省している間(帰省は私1人のみ)、是非また預かりたい!とのことで、私が日本帰省中の数日間、相方とKenzoで祖父母の実家に泊まる予定のようです。


久々に大都市への旅行だったわけですが、是非また近いうちにロンドンに行きたいと思っています。
スポンサーサイト
Comment
Re: ロンドン旅行
おかえりなさ~い!!!
ロンドン旅行楽しめたのかな??夏中、よく仕事をがんばったのだからそのくらい自分にご褒美しなきゃね♪もうすぐ日本行きもあるし、しばらく忙しいそうだね。ケンゾー君はホームシックにならなかったかな???
Re: ロンドン旅行
maikoさん

Kenzoは、相方の小さな妹たちなどにずっと構ってもらってたみたいで
自宅に帰ってきたからはこれみよがしに寝ています。(笑)
ロンドンは素敵な街だけど、地下鉄なんかは駅にもよりますが、
湿気と悪臭、そして人ごみで「やはり大都市だなあ」と改めて圧巻させられました。
それでも、もう一度行きたいなあと思うのですがね。
もうすぐ日本行きですが、ほとんど手ぶらで行ってきま~す。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。