スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の仕事

02/15
今日はホームの所長さんから「夏の仕事もそのままここで続けられるのか?」と聞かれたので
「もちろん。ただ、夜勤の仕事にしたい」と申し出てみました。
所長さんは、「Kaoriが夜勤がいいなら、夜勤でOKよ」と言ってくれたので
とりあえず、夏は夜勤の仕事が出来る可能性が。

以前のブログで夜勤より昼間の方が楽しいなんて書いたけれど
実は最近、夜勤続きで夜勤になれてしまった。
仕事中、誰に気兼ねなく一人で自由に自分のペースで仕事がこなせるし
空き時間に勉強も出来る時間も確保できる。
というわけで、夏は夜勤が中心になりそう。 

最近、何気に思うことでホームの准看護士さんには二通りのタイプが。
一つは、「お客さまは神様」的な態度で入居者さんに接する准看護士さん、そして
もう一つは入居者さんをまるで小さな子供にしつけをするように接する准看護士さん。
私が初めてホームで働き出した時、あるベテラン准看護士さんから
入居者さんから何か不満が出ても、笑顔で「はいはい」って応えてればいいのよー!
なんて言ってたけれどその時、「わあ、スゴイ日本的考えだなあ~」と思ってしまいました。
大抵の日本人も、物事を大きくするよりはなるべく当たり触りなく済ませたい方ですよね。

ちなみに私はホームでは、前者のタイプ。
よほど入居者さんがホームの規則に反することをしていなけば(暴力や時間外の飲食など)
当たり障りなく仕事をこなしたいタイプだったりします。
現実には、後者の准看護士さんの方が多いんだけど
入居者さんに注意したり諭したりしても、相手は子供じゃないから大抵喧嘩になったり
暴言を吐かれたり、家族に報告する場合が多い。
もちろん、後者の准看護士さんたちはそこまでのケアも考えて入居者さんに注意しているけれど私にはそこまでの勇気もないし体力や気力もないし
なるべく不必要な神経を注ぎたくないのかもしれない。

裏を返せば、気が弱いのかもしれないけれど
一人一人の入居者さんの態度に熱くなれるほど感情移入すると
私の場合は逆に仕事がうまくいかなそう。
だから適当に流す!これが私の場合、結構一番うまくいく方法だったりします。
適当=雑ではなく、感情移入しない、ってことですかね。
入居者さんが不満を言っている時は注意するより、ひたすら聞き手に回る、みたいな。

まあ以前ブログに書いたおばあちゃんは特別だったけれど・・・・


人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。