スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物事ははっきりと

11/16
中学生の頃、某情報誌のページに当時圧倒的人気でオリエンタルな雰囲気を持つ鈴木杏樹さんのインタビュー記事が載っていました。
特別すごくファンではなかったけれど、何気に読んでいたら
彼女は高校生の頃だかに、イギリスに歌手留学したことがあるそうな。
何故だか、その時の記事は何となく今でも頭に残っていて
特に最も印象的だったのは、「イギリスでは、はっきり自分の意見を言わないと
周りからバカな子という印象しか残らない」と答えていた部分でした。

スウェーデンに来てから、すごくこれ分かるな~て実感してます。
フランスにも生活していたことがあるけれど、あの時はあくまでも語学留学生だったので
それほど積極的に意見を言わなくても生活に支障はありませんでした。
フランスから帰国して大分日本で過ごしていたので、どっぷり日本の社会に浸かっていました。
つまり、なるべく波風立てず笑顔でおとなしく。。

でもスウェーデンで生活をし始めてから、それでは社会に通用しないので
どんどん自分が思ったことを積極的に言うように心がけるようになりました。
こちらでは仕事において、実習生であれど従業員同士の先輩後輩であれど身分に関係なく
しっかりと自分が思ったことは発言する人が多いですね。
最初は、日本式が体に染み付いていてなるべく相手に対して波風立てずにいたけれど
家に帰ってから正直、かなりストレスになっていました。
こちらの女性て、「あれ、やって」「これは、違う」ととにかく指図する人が多い気がします。
かといって、彼女たちが暇をしたいから相手に任せようとするのではなく
これはきっと、彼女たちのきちんとした意思表示なのだと思います。
結果的に命令口調になるだけで。。

最初のうちは、それに慣れていないのと情けないことに突発的にスウェーデン語が出てこなったのでめんどくさくて適当に流していたけれど、今では例え文法的に間違っていても
気にせずに言い返すようにしています。
言い返すのも自分の意見であり、きちんと意思表示をし始めたらストレスがほとんどなくなりました。
スウェーデン人て自己主張するけれど、その分ちゃんと人の話を聞ける人が多い気がしますね。
最近では自分の意見をバンバン言えるこの環境が、日本にいた頃の環境より楽に思えるようになりました。
最初は外国で生活することが、すごく苦痛に感じていたのに「慣れ」って不思議です。

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。