スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予期せぬ苦情

01/10
昨日、朝のミィーティングで一人の職員から
以前、ここのブログでも書いたポーランド人職員と私が勤務した数日後に
ある家族から苦情が出たとの伝達がありました。

その日、自分の部屋を探すのに毎回一苦労している89歳の認知症のおばあちゃんの義理の娘さんが来ていました。私がキッチンで洗い物をしていると
彼女がやってきて「おばあちゃんにビデオを見せたいのだけれど
ビデオのセットの仕方が分からないから、手伝ってくれないか」とのことでした。

「ビデオのセットの前に大体、あのおばあちゃんの部屋にテレビなんてあったっけ?」と思いながら、彼女の部屋に行ってみると、何だか見覚えのあるテレビが・・・。
よーく見てみるとそのテレビは、いつも老人ホームの居間に置いてあるテレビでした。
いくら認知症のおばあちゃんでも、まさかテレビを居間から自分の部屋に移すわけあるまい」と思い、「もしかして、テレビを購入されました?」と聞くと
娘さんは、「あなたたち職員がテレビをおばあちゃんの部屋に移動したのよ」とのことでした。
何故職員たちが居間のテレビを彼女の部屋に移動したのかそこら辺の過程も分からなかったし、何より彼女とビデオの設置に取り組んだのですが、なかなかつきそうにもない。

そこで私はつい娘さんに、「私は代行だから、常勤のポーランド人職員の方がよく知っているかもしれない。だから彼女にも聞いてみて下さい」と
適当なことを述べ、ポーランド人職員と話すことを薦めてしまいました・・・・。
(今思えば、逃避ですね。でも、テレビの移動過程とかそういう話は通常の職員会議などを通して老人ホームの状況を把握している常勤に比べて、ただ働きに来てる代行じゃ分からないことも多いのです。)

が、そのことが冒頭に書いた苦情のきっかけに・・・。


ポーランド人職員と私が勤務した数日後、何故かおばあちゃんの息子さんから老人ホームに電話の苦情があったそうです。
まず、苦情の対象はどうして職員がビデオもつかないどころか、テレビすら見れない、そんなテレビをおばあちゃんの部屋に置くのか、ということでした。
そしてきわめつけは・・・

「Det finns en polska som inte kan svenska(スウェーデン語しゃべれないポーランド人もいるし」 、他の外国人従業員も分かってるようで分かってなさそうだし、何故そんな従業員たちを置くのか、ということでした。


はあ???~ビデオを操作の仕方が分からなかっただけで、言語問題じゃないっしょ??
それになるべく一生懸命ビデオの操作に取り組みましたよ、ポーランド人職員も私も?
そしてポーランド人の彼女、会話は聞きにくいことがあるけれどスウェーデン語の聞き取りは
全く問題なく100パーセント分かってますよ?
ただポーランド人の彼女の方はやはり常勤だけあって、ビデオの操作だけじゃなくて義理の娘さんと事務的なことも話していたので、彼女の方に罪が重くなってしまったのかもしれません。
義理の娘さん、明るくてすごくいい人そうだったのに・・・と思うと残念で仕方ありません。


その話しをした後、苦情が来たことを伝えたスウェーデン人職員が「あ、そういえばあの日、あなたも働いてたわね!!」と私の顔を見ました。
その後他の職員達の中で、何だか納得~という空気が流れてたのも、哀れというか何というか・・・。
ただある従業員が「あなたたちはスウェーデン人じゃないでしょ。それだけで言語が出来ないという色眼鏡で見る人もいるのよ」とのことでした。

言葉の問題、いや外国人という枠だけで「スウェーデン人より劣る」というレッテルは
外国人がスウェーデン人社会に生きている以上、まぬがれないの分かってるけど・・・
何だか一生懸命対応して会話も問題ないと自負してただけあって正直、悲しいです。
もし自分も常勤だとしても、きっとポーランド人職員と同様なことを言われるのでしょう。
「あそこにスウェーデン語できないアジア人がいるんだけど何とかしてくれない~」と・・・。
浅見帆帆子さんの本をせっかく読んだにも関わらず、昨日そして今日も少しだけネガティブが自分の中で充満しています。


もちろん日本でも外国人差別があるし、どこの国だってある。
分かってはいるけど、異国で頑張ろうとしている時に現地人に「全然スウェーデン語出来ないし」と言われると
分かっちゃいるけど、ヘコみますね・・・。
こんな時はマイクさんの「マイクの世界・英語かけこみ寺」ブログ、特にこの記事でも読んで元気になろうと思います。


人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。