スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験勉強も大詰め

02/25
試験勉強も大詰めになってきました。先週末は結局、ほぼ自宅に缶詰め状態でした。テストの準備に備えて、授業以外ほとんど家に引きこもって勉強机に向かっているものの、覚えたことをすぐ忘れてしまうため、「今回はさすがに一回で受からないかな~」とだんだん弱気になってきています。しかし、結果がどうであれ、悔いのないように最後まで頑張ってみよう!という希望だけは持っているつもりです。

ちなみに今週は、ここ数ヶ月体の調子が悪く(といっても、これといった強い症状はないのですが。ストレスかな?)、昨日Vardcentralenに電話してみました。スウェーデンに来てから2回目です。そういえば3週間くらい前は、急にお腹が痛くなり、自分で112に電話をし、救急車も呼んでしまいました。しかし大したことはなかったようで、自宅まで来てくれた救急看護師さんたちの判断により、病院に配送(?)される必要はなかったのですが。

1年程前に初めてVardcentralenに電話をし、緊張しながらも症状を話した時、女性の看護師さんから「薬局で薬を買って、しばらく様子見てみて」とだけ言われ、終了でした。(その時はただの風邪と咳だったので、しばらくして完治しました)そして今週は別の件で電話をしたのですが、男性の看護師さんがとても親身に相談に乗ってくれ、今回はめでたく(?)お医者さんに見ていただけることになりました。

日本にいた頃は、気軽に病院に行けば、待ち時間は長くてもその日のうちにお医者さんに診てもらうことが出来ました。こうした習慣に慣れていると、スウェーデンのようにまずは診療所にいる看護師さんと電話を通して自分の病状について相談してから、今後の診察について決めるという手順は、なかなか慣れない外国人にとってはタフだな~と思いました。(しかも、弱っている時に)医療を目指している私ですら、スウェーデン語で自分の病状などを電話で伝えるとなると未だにドキドキします。。

Vardcentralenに直接行くという方法もあるかもしれませんが、電話の方が自分の番号をメッセージに入れておけば、順番が回ってきたら向こうから電話をかけ直してくれるので便利だったりします。

というわけで、研修よりも一足先に患者さんとしてお医者さんに診てもらう予定です。自分の事でお医者さんに診てもらうのは、何十年ぶりだろう。。小学校低学年以来?かなり、ドキドキしています。
スポンサーサイト
Comment
Re: 試験勉強も大詰め
私はどうも集中力が足りない性質で、大学院でも試験の前や論文の中間発表会の前でもつい他のことにも目を向けがちでした。
この国での医療の勉強なんて私には到底無理なことで、Kaoriさんは凄いなあと思います。頑張ってくださいね。
Re: Re: 試験勉強も大詰め
Ernieさん

スウェーデンも、だんだんと暖かくなってきましたね。
ストックホルムの方ではいかがですか?私も、集中力、ない方なんですよ。スウェーデン語の聞き取りもアップもしなきゃいけない!と思って、ついSVTのネットテレビを見ながら勉強しつつ、結局テレビ番組に見入っていたということも多々です。
最後に先日は、メールの方をありがとうございました!そして大変時間がかかってしまい申し訳ありませんでした。早急にお返事を書かせていただきたいと思います。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。