スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初実習

09/16
今日は先日も書いたように、大学病院の一角である建物Kampradhusetにって実習トレーニングでした。ルンドにお住まいの女性の方なら、もしかしたら子宮検診などで訪れたかもしれませんね。私は実際、メインの建物の中に入るのは今回初めてだったのですが、受付付近にはちょっとしたレストラン(カフェ)やPressbyranなどもあって、一瞬日本の大学病院を思い起こさせるような雰囲気でした。メインの建物の中には、医学科の生徒と思われる白衣を来た若い生徒たちが出入りしていました。いや~、やはり白衣姿をビシっと着こなす姿は女性も男性もかっこいいものですね。

さて今回実習と同時に、前回のブログでも書いたように二人一組でペアでの発表もあったのですが、発表の方はまあまあ何とかうまくいきました。前半、ペアになったスウェーデン人のFくんがとにかく緊張してしまい、スウェーデン人なのにスウェーデン語がめちゃくちゃになって途中で言いかけては「Jag har tappat allt...言いたいことを(突発的に)忘れた」と連発していました。先生が怪訝そうな顔をしたので、私が通訳をすることに。(笑)人生で初めて、スウェーデン人とスウェーデン人の間に入って通訳してしまいました。。(あわわわ...)

いやいや、通訳とは大それたことを言ってしまいましたが、とにかくスウェーデン人でも緊張すると言葉や文法が頭から飛ぶようで、それだけ「発表」というのもはなかなか一筋縄にはいかないようです。ただ発表の終わりに近付くとFくんも緊張がほぐれてきて言葉に詰まることなく、最後はお互いに納得のいく発表にすることが出来ました。

今日の実習内容は主に、大学の先生(看護師)の指導の元、ベットメイキング、顔や体の洗い方や歯の磨き方、医薬品などの取り扱い方などでした。どれも老人ホームで経験があったことばかりだけど、改めて今日の実習説明を聞いて「ああ、あのやり方は間違っていたな」と思い当たることもしばしばありました。。

でも、やっぱり他の仲間と行える実習トレーニングは楽しいです!時間がすぐに経ってしまいます。1学期に4回しかないのは残念ですが、その間、老人ホームでの研修も含まれるので学校で習ったことがなるべく実践に活かせればなあと思います。


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。