スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいボス

08/23
先日、セメスターから帰ってきた1人の職員が解雇されました。理由は、某入居者さんのご家族の方からその職員に対する苦情が出たことがきっかけだったようです。ちなみに彼女はハンガリー出身でスウェーデンには20年在住。ネイティブ並みのスウェーデン語を巧みに使いこなし、たまに相手構わずに思ったことを率直に言ってしまうため誤解を招くことがあるものの、とても話し好きで明るく、テキパキと仕事をこなす職員だったと印象に残っています。

実は、以前のブログで紹介したホームについての批判について書かれた新聞記事で、入居者さんたち(故人)の家族からの苦情の対象になった職員は彼女と言われていますが、けして直接新聞の記事が解雇の原因に繋がったわけではなく、あくまでも現在入居している入居者さんのご家族の娘さんたちからの苦情が主な原因のようです。

それにしても一つのご家族からの苦情で解雇まで追い込まれる。これからのホームの経営方針は、「お客様(=入居者さんやご家族)は神」だそうで、それに反する物はそれなりの征伐を受けるそうです。(怖いくらい日本的な考えだな~。)ただ批判の新聞記事内容はまんざら嘘でもなく、実際にその職員さんはよく徘徊する入居者さんを名前で呼ばすに「猿」と呼んだりと(もし、自分の母親が他人から「猿」と呼ばれていると思うと心が痛みます。)、入居者さんに対するリスペクトがかなり欠ける部分があり、彼女は医療向きではないなあ~と感じていました。今回の解雇が、彼女の中でも自分の行動を見つめ直すきっかけになり、新しい就職先では同じことが繰り返されないことを願うばかりです。

ちなみに以前3人の職員を解雇させた責任者は別のところへ移り(彼女は、もともと夏の間だけの代理だったようです)、現在の責任者さんは何と夏の間に病気で不在していた看護師さんの代理業務を行っていた方でした。代理アルバイト中に、ホームのボスのポストにも同時に応募していたようです。彼女とは夏の間、よくバスで一緒になることが多く、色々とおしゃべりをしていたのですが(進路相談にも乗ってくれていました)、今回、その彼女が新しいボスになるということで少しびっくりしています。

ちなみに私は彼女は大好きで彼女がボスになってよかった~!と思うのですが、既に(いつものごとく)職員たちからは彼女に対するさまざまな批判が出ていて、女性の職場ゆえにジェラシーなどもあって仕方がないことなのだけれど所詮私は、代理の人間。深く介入する必要もないし、彼女がボスになってくれて良かった~と思っています。

現在の職場で働いてから1年少し。辛いことも沢山あったけど、学ぶことはそれ以上にあったな~と思います。いつまで今の職場でバイトするかは未定ですが、現在のところもう少し同じところで働こうかなと思ったりしています。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。