Archive | 2011年04月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相変わらず 

04/30
今日からもう5月に入ったんですね。という事は卒業式まで、残りあと1ヶ月なわけですか~。早いな~。最近は本当にスウェーデンもすっかり天気が良くなって、春を飛び越して既に気分は夏。週末は、「息抜き!」と称して、特に勉強もせずに色々遊びに出かけています(笑)。

ポスク明けの週、大抵の大学生はテストや追試に明け暮れているわけで、私も去年の今頃の日記を読み返してみたら、やっぱり精神的に結構堪えていたようです。その年の夏は、「何もしないぞ」宣言もしていたようだし(←結局、6週間バイトしたけど)。確か、去年の家族の集まりであるポスクには欠席したような。。大学に入学してからの3年間、テストに合格する=免許取得への一歩、という図式から既に頭の中にあって、何とかしてテストに合格しなければという思いに捕われて、自分で適度に一息する事を忘れていたような....。

それに比べて今のだらけようと言ったら....現在の研修の最後にある来週の口頭発表に向けてのパワーポイントの制作ですら億劫でまだ手を付けていません。明日、まとめて手をつけようと思います。ちなみに来週のカリキュラムはちょっと厄介でして、まず水曜日にMR科の研修を終了。

研修終了の次の日は、「Samverkansdag」と言って、医学生、看護学生や作業、理学療法士の学生など卒業真近の医療専攻の学生達とチーム体制になって、患者さんのケースについて丸一日話し合います。つまり、恐怖のグループ作業です。T6にもなって、未だ見知らぬ人とグループになって話し合うのが苦手で苦手で仕方ありません(汗)。言葉の問題もあるけど、かなり人見知りなので......。初対面の人としかも外国語で打ち解けるという事に、かなり時間と勇気が要るわけです。。でも、これはObligatoriskで必須でもあり、ちゃんと成績のポイントにも加算されるので、嫌だけど参加するしかないです。まあ、今になって始まった事じゃないし、思い切り赤っ恥欠いてきます。

その次の日は、研修で課されていた口頭試験です。こちらは、まあ何度もこなしてきた事なので特に緊張もないです。とりあえず、来週は精神的にも何かと忙しくなりそうですね。

そうそうちょっと話が飛びますが、只今ダイエットに奮闘中の愛犬ケンゾーが本日、何と11キロまで体重ダウンしていました!やった~☆2月にのクリファンスタッドでの研修の際に、相方の祖父母の家族に一ヶ月ほど預けていたのですが、その時にかなり甘やかされたようで、ルンドの実家に戻ってきた時はドスコイ12.2キロになっていたのです。

ダイエットの日々は続くよ、どこまでも.....


それから、ご飯の量は特に減らさず、運動を増やし、お菓子を徹底的に与えないという方法を取ったら、今日やっと11キロになっていました。お菓子を与えなくなってから、ご飯は毎回必ず完食してくれるし、ケンゾーも何とか現在のリズムに慣れてきてくれたようです。このまま行けば、目標の10キロも夢じゃない!?これからスウェーデンも少しずつ暑くなり、太っていると本人が一番可哀想な思いをするので、10キロとは言わないまでも何とか今の体重をキープさせたいわけです。

ただサンボの祖父母がケンゾーをすっかり気に入ってしまって、早速またケンゾーを預からせて欲しいのオファーが来ています。サンボ母の目撃談によると、何とケンゾー、キッチンテーブルの椅子にちょこんと座り毎朝、祖父母達と一緒にパンを丸ごと一個平らげていたらしい(←しかも、焼きたてのパン)。以前、祖父母から、ケンゾーが通常のフード(ロイヤルカナンのライト)を全く食べないから、近くのスーパーで買って来たフードに切り替えた、と言っていたけれど、これだけ常に人間のおいしいご飯をありつける状況にあったら、食べ物命のケンゾーにとったら、ワンコ用のフードなんてバカバカしいだろうなあ。

祖父母達もけして悪気はなくてケンゾーの事を孫同様に見てくれているので、次に預けるまで何とか頑張って痩せさせます!もちろん、祖父母達にも食事面の事に関してはちゃんと言っておくつもりですが....当面、難しいだろうなあ。
スポンサーサイト

もうすぐポスクなり(暗いです)

04/17
先週末は金曜日を除いて、肌寒かったですね。土曜日はヘルシンボリのSofieroというお城のある国立自然公園(?)に行ってきました。土曜日は肌寒かったですが、鼻ぺちゃケンゾーにとっては丁度良く、公園の方もかなり気に入っているようでした。

さて、今週末はポスクです。恐らく、多くの方はご主人、サンボさんのご実家で過ごすのでしょうか。私は正直、こういう家族が集まる会は未だ苦手なのであります。家族が我が家に来てくれるのは大歓迎なのですが、私があちらに行くのは苦手中の苦手。理由は一つ。家族の中に、特に外国人、そして周りで起きる全ての事に対して狭い視野を持った非常に残念な大人がいるから....。

それがうちのサンボの義理父ときているから、なかなか手強いです。せっかくの楽しい食事も彼が発言権を握ってしまうため、結局周りは何も言えなくなってただ彼の空気に流されるだけになってしまいます。別にラシスト大いに結構なんだけど、近親者にいるとたまにどうやって対処したら良いのか、分からなくなります。

彼の影響を一番強く受けているのは娘達、特に下の子で、この前も彼女から「KaoriとDanielに子供が出来たら、目がほっそーい子(あのお決まりの目を吊り上げながら)が産まれるね~。髪も真っ黒で!」と言われたばかり。2年前のラシストソング事件以来、彼女達の為にもサンボからサンボ母へと忠告してもらうように強く言っておいたにも関わらず、そこら辺はあまり変わってないご様子のようで。。まあ、別に彼女自身は悪気はなくて、むしろ寄ってきてくれるから、彼女の発言がどういう意味をもたらすのか今年10歳になる彼女にはよく分かっていないのでしょう。この前のラシストソングも私が喜ぶと思って歌ってくれたみたいだし汗。

みんなラシストおやじが嫌いなのに、やっぱり彼の存在は強く周りもなかなか何も言えない状態。娘達がいなかったらとっくに離婚していると言っているサンボ母を見ていると、スウェーデンも日本もあまり変わらないんだな~と思ってしまったり。

この前、サンボに試しに「今度のポスク、欠席してもいい!?」っ聞いたら、「たかだか数時間でしょ。我慢我慢!」と言われてしまいました笑。でも、あのサンボとおやじの無視戦場(お互いに嫌悪感モードばりばりで、何も喋らない。必要に迫って義理息子と会話を要する時は、私を使う汗。でもおやじ、私の名前覚えてくれてないから、あんた、って指さされるんだよな....汗)の中の間に挟まるのがキツいんだよう~涙。うちは基本的に、サンボが大人しいので、おやじだけではなく他の家族に対しても、私が我が家の近況報告、所謂レポート係となるわけです。やっぱり、食事は楽しく、賑やかにでしょ!?と、かなり気を使いまくりな所がやはり日本人です。

とりあえず、今週末は参加してきます。ケンゾーも大勢の中にいると喜ぶし。割り切ります。

あー

04/08
今の所、単位は全て揃っているわけですが、以前、提出していた個人課題で学科リーダーから気になるメールが.....

「Trots att jag godkanner dig sa vill jag garna att vi diskuterar detta da du ar har i igen den 6 maj. Forhoppningsvis kan vi diskutera detta nagon gang mellan kl 12-13.....」

「合格あげるけど、あなたが本当に理解しているかどうか分からないから個人的に話し合いましょう」とのメールが先ほど来ました。つまり、個人で調べた内容をそのまま理解せずに参考書や他の文献の文章だけ書き写ししてんじゃないか、と疑ってるとのこと。

所謂、呼び出しってヤツです。今まで個人的な呼び出しなんて一度もなかったけど、この先生も学科リーダーとして、あと2ヶ月で放射線科看護師として言語不自由な私を送り出すの心配になったんだろうなあ。

でも、きっとこうやって呼び出し受けてんの私だけなんだろうなー。クラスメイトの外国人は秀才Cちゃんと私だけだもんなー。クラスメイトには、優秀な生徒も多くいるけど、そうじゃない、私のようなスレスレの学生もいるのになー。やっぱ、11名と少数クラスの中にこんな言葉のつたないアジア人学生がいたら、そりゃ目立つよなー。やっぱ現地組はいいなー。あー、自分、カッコわるすぎ。もう慣れたけど。

とりあえず、せっかく個人的に先生にご指導行ける良い機会でもあるので、頑張って行ってきます!

当たり前ですが、資格を取るだけで、実際に使えなければ本当に意味がないですからね。そして医療の身を置く者として基本は、やはり専門知識。3年間で学んだ知識を実践的に使う為には、吸収だけではなくて、どんどん表に出していかなくては。それが先生でも患者さんでも変わりませんね。自分の理解した事を全てさらけ出してきます。

とはいえ、今週末は少しポーズ。近郊にでも、小旅行に行ってきます☆

マッキーの曲を聞いて、元気をもらおう!

アパート探し難航

04/07
本日からルンド大学病院のMR科にて、新しい研修が始まっております。当たり前ですが、次から次へと別の場所で研修するのも結構体力要ります。スウェーデン在住もうすぐ6年目を迎える現在でも、実はかなりの臆病者なのです。新しい場所、新しいHandledareに出会う前は、「ああ、怖い人いたらどうしよう~」って未だ、前日の夜にくよくよと考えるタイプです。

さて今回、MR科という事で物理も絡んでくるので、初日の今日は一日中Handledareから個人授業を受けた気分です。脳みそもどっと疲れました。ちなみに今回、Handledareは2人なのですが、2人ともこの道25年の50代半ばのおじ様ナース!1人は日本に旅行もした事がある日本好き!Handledare2人以外にも、別のおじさまナースがいて、彼も同様にこの道長し。

今までのHandledareといえば、中年女性スウェーデン人ナースが多かったけど、前回のマルメでの研修も合わせ、卒業までの最後の締めくくりは一辺変わり、おじさまナースに囲まれながら(前回の研修時はおじさまというより、おじいちゃんナースだったけど)有終の美を飾るという事になるのでしょうか。この後に救急病棟で3週間の研修があるけど汗。

さて卒業真近という事は、そろそろ次の住居先を探さなければなりません。現在、住んでいるのは学生アパート。もうここには4年程暮らしています。去年の春に、サンボが大学を卒業したのでそれ以降は学生である私が引き継いでいます。一応、卒業して半年までは継続可能だそうです。

ただ正直、そろそろ別の所に引っ越したいというのも本音。サンボが大学卒業後にマルメに就職したという事もあって以前はマルメに住む事も重視していたけれど、最近彼がマルメとは逆方向に位置する某会社に正職員のポストを得る事が出来たので(マルメの時は期間限定のプロジェクト的(?)な仕事だった)、やはりルンドに残る事がベストという事になったわけです。

ただ!マルメに比べて学生街ルンドの方が断然、賃貸で住居を探すのが困難なわけで....。サンボが働きに出てくれているので以前に比べて生活面では多少潤ってきたとはいえ、私たちの今の経済力じゃ、まだまだアパート購入なんて夢の話であるわけです。アパート購入するには、当たり前ですがまずは十分な貯金、そして銀行の融資を得るには、私も頑張って正職員のポストに付くまでは難しいでしょう。後半は、絶対というわけではないかもしれないけど、ある意味、何かあった時の保険といった方が良いでしょうか。

だから、今はなるべく安賃貸アパート中心に探しているわけですが、これまたルンド市内の安アパートはとにかく人気が高いわけです。現在ルンドの大手賃貸会社LKFの方に4年程前から並んでいて、ようやく希望のアパートに申し込めば大半の場合、Erbjudandeはもらえるようになったものの、Visning(アパート見学)は呼ばれないという状態です。Visningは、直接契約を結ぶ人たちから優先されるので、私の順位前の人たちが決定すれば自動的に順位は回ってこわないわけです。

ちなみにマルメの賃貸会社Bo Platssydの方にもLKFと同じ位の年数並んでいますが、こちらの良い所は事前に自分の順位を確認できる所でしょうか。LKFは、事前に自分の順位を確認する事が出来ません。順位の早い人はこのErbjudandeをもらえるわけですが、Visningに呼ばれるまで自分が一体どれくらいの位置にいるのか、全くもって分からないのです。噂では、ルンド在住者を優先にしている、という話だけど本当の事はよく分かりません。

でも、順位を表示していないという事は、見えない所で色々と調整計れるという事も出来るわけですよね(汗)一番の最大失態は私の名前で登録している事でしょうか。やっぱ外国人の名前じゃ、スウェーデン人の名前に対抗できないかな~。サンボの名前にしときゃよかったかな~。そうではあって欲しくないと思いつつ、色々とネガティブな事も考えてしまいます。

とりあえず、次の住居先が見つかる事を祈って。。

次はどこに住むのかな~。

かったるい...

04/04
先週末、研修最後に行われる口頭発表が無事に終了。息つく暇もなく(とはいえ、金曜日の夜、土曜日はゆっくり頭を休めましたが)、日曜日は、次の研修のグループ課題に向けて復習に当てました。次の研修はMRなんですが、自分の卒論のテーマもMRだったくせに、物理となると全くダメ。課題を解きながら復習するのに、丸一日かかりましたよ。んで、今もまだ復習し直してます。。

せっかくの日曜日に、ひたすら物理の復習してたら、以前クラスメイトのママさんが「金、土、日は子供達のために当てるから、絶対に勉強しないの。その分、月~木、夜遅くなっても集中して勉強するわ」と言っていた言葉を思い出しました。すごいなー。私なんて子供いないのに、相変わらずこのザマざんすよ。

自宅でひたすら復習に当てながら、既に2ヶ月を切った卒業式について色々と考えました。(←結局、余計な事を考えて時間をつぶしてしまう)卒業式に参加出来る条件としては、3年間における全ての研修をクリアしていること。まだ私は二つ残っているので、何とも言えませんが、出来れば卒業式出たい。ちなみに卒業式はあるけど、卒業証書はもらえません。卒業式の前週までセミナーや口頭試験など入ってるので、卒業式までに成績がつかないのです。卒業証書、そして資格証明書は後で個人で申し込む事になります。卒業式であえてもらえるのは、大学から発行される看護師ブローチくらい。このブローチも、卒業式前までに個人で注文しなければなりません。注文しなければ、当日卒業式で空の封筒を渡されるだけのようです。さすがに、個人主義スウェーデンです。

このブローチなんですが、各大学によっても異なります。だから看護師のブローチを見ただけで、どこの大学出身なのか分かるようになっています。

下のブローチは、スコーネ内にある各看護大学のブローチです。

ルンド大学


マルメ大学


クリファンスタッド大学


ちなみにクラスメイト数名は、私たちは"看護師"ではないから、ブローチ要らないそうです。去年当たりに放射線科看護師用専門のブローチが出来たのですが、どうやら彼らはそっちの方が欲しいみたい。でも、その専門ブローチ、全国共通なのでどこで勉強したのか分からないようになっています。

せっかく3年過ごした大学のブローチだし、半分は普通科看護の学生達と同じコースを学んできたわけだから、そこまで拒否しなくてもいいと思うだけどなあ。

ちなみに卒業式は4人までゲストを呼べるそうなのですが、私の所は相方と相方家族が来てくれる事になりました。ルンド大学のシンボルとなっている白い建物、Universitetsaulanにて行なわれるそうです。卒業式参加出来たら、ブログにも写真載せます。

ま、まだ2ヶ月あるので気持ちだけは卒業気分に留めておきます。

んで先ほどの話題に戻って、日曜日は自分なりに復習に注いだにも関わらず、結局は今日のグループ作業に誰も来なかったのです。だから、自分で一人作業してきました(涙)。午前の授業の後、一人で図書館のパソコンに座って、MRの脳写真を見つめながら1人で脳の各名称について解答に励みました。学校のカフェテリアで、1人ランチもしちゃいました。

明日の午前には発表なのですが、グループの1人は来ないそうです。だから私と自宅学習しているもう一人の学生と2人でぶっつけ本番なわけです。ただ次の研修では、クラスメイト11人だけになってしまい、他のグループも3人未満なのであまり文句は言えません。(ちなみに、これだけ上がれなかったのは異例でうちのクラスの代が一番、出来が悪いと言われているそうです涙)

卒業式が近いから、みんなも勉強する事がかったるいのでしょうね。来なくてもいいものは来ないし、と割り振りしているのでしょう。まっ、明日の発表に行かなくても卒業には全く影響ないけどね。

私も正直こんなに大胆になれたらいいけど、一生ムリだろうなあ。何しろ、肝が小さいからな~。

それでは、そろそろ復習に戻ります。
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。