Archive | 2010年07月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険証

07/29
連続の猛暑の中、今日は雨で涼しい一日となりました。家の中でも久しぶりに扇風機、冷房要らず。

さて、昨日は転入届、及び保険証の返納申請をする為に最寄りの区役所まで行ってきました。スウェーデンだけに限らずヨーロッパ各国、諸機関において事務的対応の遅さにはこちらも既に慣れているので、もしかしたら日本でも2、3週間ほど時間がかかるかも、という一抹の不安はありました。

区役所に到着後、専用テーブルに置かれてある複数の申請書の前でどの申請書が適しているか迷っていた所、困惑した様子を察してか受付の方に直接呼んでいただき、何とそれから約30分という早さで無事に保険証を受け取る事が出来ました。日本の事務手続きの早さ、やはり有り難い。日本に居た頃は特に気にも止めなかった事が、スウェーデンでの4年の歳月を経て、こうした普通の事がとても新鮮に感じますね。

念願の保険証を手にし、今日はやっと行きつけの歯医者さんに早速行ってきました。電話したその日のうちに予約が可能なのも嬉しい所。(スウェーデンの歯医者さんも、予約が取りにくく、3、4週間待って当たり前。)4年ぶりにお会いした主治医の先生、大分老けちゃったなあ~と思いつつも(もちろん、お互い様なんですが。でも、4年の歳月はやはり大きい)、相変わらず丁寧に治療をして下さる。4年ぶりということで診察料、レントゲン撮影そして虫歯3本(!)の治療を含め、合計5300円(約450クローネ)。

支払い時に受付の方が「随分と高くなってすみませんねえ」と申し訳なさそうにしていたものの、スウェーデンなんて一本の虫歯治療で軽く1000クローネは飛びますからね。

神様、保険証様、本当に有り難う。

さて、明日は某クリニックで婦人検診でも受けてこようと思います。30代に突入してから、一度も検査らしい検査をしていないので。。広告によると、乳がんや子宮がんの検診を含めたお得なパッケージらしいです。一応ネットで調べ、評判も良さそうなので行ってみることにしました。今、日本では色々な健診コースがあるようですね。ブライダルチェックというのもあるようです。すごいですね。私は今回、主婦健診コースとやらを試してみる事にしました。法律上では主婦ではないので、クリニックの方に「主婦じゃないけど受けられますか!?」と聞いてしまいました。クリニックの方によると主婦と名目の元、普通の婦人検診とあまり変わらないようです。

こちらで病院にかかるにしても、スウェーデンみたいに診察の予約を入れる段階で、電話越しの看護師から症状による診察の有無の振り分けにかからなくても良いのは心強いですね。最近、スウェーデンの診療所も以前よりは予約が取りやすくなったものの、まだまだ現段階の症状よりもオーバーに伝えないと、倒れでもしない限りなかなかお医者さんに診てもらうのは困難ですからね。

スウェーデンに帰国まであと一ヶ月、なるべく治しておくべき所は治して置こうと思います。
スポンサーサイト

日本でのネット環境

07/23
日本の我が家の唯一の国際通信網といえば、電話線一本のみでネット環境などは皆無。というわけで、さっそく日本帰国翌日に秋葉原のソフマップまでネット設備を求め行ってきました。

いや~、ここでも日本の接客業の素晴らしさ、きめ細やかさを改めて感じましたよ。ネットをするにはモデムが必要なわけですが、そんなことも知識にあらず、店員さんに漠然と「日本滞在中の6週間だけ、ネットを繋げたい」と言っただけで一番手軽で安い方法を見つけてくれました。

所謂、無線LANを使用したUSB型カードを差し込むタイプ(ワイマックス)のモノにしたのですが、これが通常12800円の所を夏の期間限定ということで800円で購入できました。また8月一杯まで定額の利用料金無料。というわけで、USB型カード800円と登録料金の2800円のみで、日本滞在中のネット環境を整える事が出来ました。実際にネット速度もスウェーデンにいる時と変わりないし、とても満足しています。

このタイプのものって、日本ではあまり売れないんですかね。12000円引きなんてスウェーデンではあり得ませんから、目から鱗でした。

最後に店員さんが「30日経ってから解約して下さいよ~。そうじゃないと解約料発生しちゃいますからね~」と何度も注意して下さいました。接客に当たって下さった店員さん達には本当に感謝です。

さてネット環境も整ったことだし、スウェーデン語忘れないようにたまには勉強しないと....

日本を満喫中!

07/23
水曜日に何とか無事に日本に到着しました~!20代前半の頃はちょくちょく一人で海外に出たりはしてたんですが、この4年間、一人で一度も海外に旅行していなかったので、途中、飛行機乗換地であるヒースロー空港で不覚にも一瞬スーツケースを受け取るのか迷ってしまいました汗。

気持ちがモヤモヤしたまま日本に出発するのは不安だったので、現地の職員さんに聞いてみました。結果的には、荷物は最終目的地で受け取るとのこと。今思えば当然なわけですが、こんなことも大分旅をしてないと一瞬迷ってしまいます。しかし苦手な英語、どうなるかと思いましたが、窮地の時って意外な力が出るもんですね。とりあえず、職員さんにも私のサバイバル英語が伝わり、無事に会話が成立(?)して一安心。

日本へのフライトですが、残念ながら隣の席の中年女性(日本人)のあまりにもキツイ香水の匂い、また食事中にメイク、髪をとかすなど、あまり気持ちの良いものではありませんでした。どうしても香水の匂いだけは耐えきれなかったので、思い切って乗務員さん(日本人)に他に席は空いてないか訪ねたのですが、残念ながら満席とのこと。その後も同じ乗務員さんが2回程、私の席の方に来てくれ、具合の方は大丈夫か、マスクは必要かなど色々と気を使ってくれ、久しぶりの日本人の接客業の素晴らしさに感動。スウェーデンだったら、「Tyvarr!(残念ながら!)」の一言で、さっさと追い返されるのが積の山ですから....汗。乗務員さんの優しさのおかげで、何とか自分の鼻も隣の女性の香水量と調和が取れだし、無事に日本に到着しました。

いや~、4年ぶりの日本!暑い!!とにかく暑いの一言。水をいくら飲んでも、飲み足りません。交通整備のおじさん、本当に尊敬します。街中に飲料販売機やコンビニがあるのはやはり有り難いですね。あれだけ恋しかった日本食もこれだけ暑いと、あまり胃が欲しようとしません。お茶ばかり飲んでます。おいしいけど....

夏バイト終了、いよいよ日本へ

07/18
本日で夏のバイト終了しました。夏前はバイトなんてせずに徹底的に休もうと思っていたのに、仕事をし始めると入居者さんや職員さん達との触れ合いが楽しくて、スウェーデンに来てから初めて(!?)、バイト期間を短くした事をすごく悔みました...。もちろん、日本帰国も大切であり、恐らくこんなに長く日本に滞在出来る機会もこれから先、そう多くはないだろうと捉えているので、けして後悔ばかりが残っているというわけではないのですが...。

そういえば今日、入居者さんの1人から「今まで、ありがとう!」のカードをもらいましたよ!この方、疑問符付きながらも私の名前のスペル、バッチリよ!彼は軽症の脳神経の病気を抱えていて、手が震えて書き難かっただろうに一生懸命書いてくれたんだろうな~と思うと感極まりないです。



今まで大学で煮詰まっていたものが、久しぶりに仕事をして発散できた気がします。T5は論文が中心になるので、少しはバイトも出来そうかな...なんて。(けして論文を軽視しているわけではないのですが...いや、むしろ地獄の始まりなわけですが...汗)実際はどうなるかな..

日本へは来週の水曜日に到着予定ですが、ネットが繋げたらまたブログでも更新しようと思っています。

4年ぶりの日本...楽しみでありながらも、不安であります。

"何かお土産かってきてねー!" By Kenzo


アルバイトもうすぐ終了、大学

07/14
夏のアルバイトも残す所、あと3日。とはいえ、ほとんどの学生はまだまだバイトの中盤に差し掛かった所で、この時期に夏のバイト終了するのは恐らく、私位なものでしょうか。1ヶ月とはいえ、職員さんや入居者さんとの交流を通じて、かなり自分の語学力アップにも繋がったと思います。やっぱり社会に出て色々な人のスウェーデン語を聞くことによってかなり耳も鍛えれますね。日本人と同じで、喋るスピードが遅い人もいればやたら早い人もいるし、言葉の表現方法もさまざま。スウェーデン在住5年目を迎えた現在でも、人によっては「え?」と聞き返してしまう事もまだまだあります。(汗)これを機会に、秋学期からまたホームでのアルバイトを再開しようかな。

さて、今週は各大学の秋入学プログラム、又はコースの合否発表でした。今年度秋学期から2003年以降に高校を卒業し、数学や語学などを多く勉強した者だけが得られる「メリットポイント」なるもの加わり、成績基準が以前の20点満点換算から大幅に22.5点までにアップしました。

それまでのスウェーデンの大学入学制度といえば、所謂ちょっとしたアメリカンドリームのようなものがあって、例えば高校卒業時に成績が振るわなくてもで後でKomvuxなどで不足した科目を補充すれば、誰しもが倍率の高いプログラムに応募、合格する事が可能だったわけですが、今年からはこの「メリットポイント」のおかげで2003年以前の高校卒業生は、大学のプログラムに応募する際にかなり不利な立場になってしまいました。ただ、Hogskoleprovetで良い点数を取れば合格基準に達する事もまだまだ可能なので、けして2003年以前の高校卒業生が全く大学入学への道が閉ざされるというわけでもないのですが。。。

私もこの新しい入学制度を踏まえて、実は同大学の普通看護学科に応募していました。別の学科を受験(トランスファーと言った方が早いか)する際に、放射線看護学科での2年間のポイントがどんな風に影響するのか興味もあったし、又、将来もしかしたら普通看護師を目指す時にも備えてあくまでも入学基準の「目安」を知りたかったというのもあります。

普通看護学科に比べて、放射線看護学科は入学基準が低めな上にReserv(補欠)合格という経歴のある私は、今回、普通看護学科への応募を通して、どれ位のReserv番号になるだろうと予測していたのですが...

何とあっさり、一発で合格してました...

自分の高校の成績ではまず一発での合格は不可能なので、恐らく放射線科看護科でのポイントが合否の決め手となったのでしょう。同大学内でのトランスファーは、割と簡単なようですね。

というわけで、普通看護学科を希望だけれど少し不安な受験者の方は放射線科看護学科に一度入学してみるというのも一つの手なのかもしれませんね。特にルンド大学では、放射線科看護学科プログラムの半分は普通看護学科と一緒に勉強するので、学科移動した後の成績換算もし易いです。

ちなみですが、看護学科の先生達が以前どんどん入学辞退をしていく学生達を見て「入学する気がないなら、受験しないでよー」と少し憤慨していたのが記憶にも新しいのですが、私も今回あくまでの将来普通看護師を目指す上での入学基準の良い目安になっただけでも満足なので、早速Tacka Nej(辞退)の通知を出しておきました。最近、あまり運がなかったので(トイレのドアで思い切り頭ぶつけたりetc...)、入学はしなくとも、合格の知らせを受けただけでも少しだけ嬉しい気分になりました。

さて、来週からはいよいよ日本です。それまでにもう一度ブログアップできたら嬉しいなあ~。
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。