Archive | 2010年03月13日

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初救急外来

03/13
今週末は、ルンド大学病院の初救急外来でした。といっても、楽しい報告ではないのですが...。

昨夜23時半過ぎに、クラスメイトの数名の友人達とマルメでコンサートに出かけていた相方の友人から携帯に連絡が入り、コンサート会場内で突然相方が倒れたとのこと。付き添いの友人達によると、相方が倒れた瞬間、20~30秒程意識不明、目も開いたままの状態で呼びかけても言動がしどろもどろ。現在は、意識もあり会話も出来る状態だか、これからタクシーを拾ってそのままルンドの救急外来に向かうとのことで、私も彼らと現地で落ち合う事に。

私が救急に到着した頃は、既に相方達は看護師さんのいる部屋へと入り、それまでの経緯について事情を説明している状態でした。しばらくして、私が到着したと同時に付き添いの友人達はそれぞれ帰宅して行き、相方はそのまま奥の方にある救急室のベットへと移動することに。救急病棟内にいたのは、相方達が到着してから約2時間位でしょうか。その間、血圧、脈そして心電図は常時記録され、採血も行い、准看護師、看護師そして医師たちが随時様子を見に来てくれました。

医師の診察によると心電図の方に少し乱れがあり、血圧もかなり低いので、とりあえず今夜は入院して下さい、とのことで、直ぐさま看護師さんと共に別の病棟へとベットごと移動することに。別病棟の看護師さんからこれから行う検査等の説明を聞き、荷物などを病室に置いてから、私はとりあえず一旦自宅へと戻りました。その頃、既に午前3時半過ぎを回っていたところでしょうか。(ちなみにまだバスがあったのが嬉しかった!) 

再び朝7時に起床し、Kenzoの散歩などを済ませ、相方の方の家族にも連絡し、再び病院へと向かいました。病院に到着したのは大体9時頃でしょうか。その間、既に相方は朝食を済ませ、今朝の採血、そして心電図の検査結果を待っている所でした。しばらくして、顔色を変えながら病室に入って来た相方母到着。私が電話した時、「場合によっては、精密検査を行うかもしれない」と言ってしまったので、相方母もかなり動揺していたのですが、相方のいつもの様子を見て少しホッとしたようでした。

それから女性医師がやって来て、検査結果の報告。心電図、血液検査など全く異常がないので、すぐに帰宅しても良いとのこと。最後に医師から「これからナイトクラブに行くのもほどほどにしなさいね」と何故か(?)諭されていた相方。ナイトクラブじゃなくて、コンサートだったんだけどね(笑)医師の彼女の中では大学生の週末=ナイトクラブというのが定番なのかもしれません。

ただ、結局何が原因で今回のようなことになったのかは分かりませんでした。相方にとっても、今回の事は人生で初めてだそうです。相方の母によると「卒論や就職の疲れ、ストレスが今になってどっと来たのよ」と言っていて、医師も「そうねえ、ストレスを溜め込むのはダメよ。」とのことだったのですが...相方も卒業論文も大詰めとはいえ、ちゃんと毎日16時前には大学から帰ってくるし、週末も、ほとんど引きこもりのように家にいるし...。

精神的ストレスと言ってしまえばそれ以上の事は何も言えないけれど、肉体的な事で言えばとてもストレスフルな生活を送っているとは思えなかったな。だからこそ、本当に今回ストレスだけで片付けてしまって良いのかなあ、と少し府に落ちない点もあります。

いずれにせよ、病院に運ばれてから入院まで、本当にスムーズに行って良かったです。救急外来の職員さんや病棟の職員さんの対応も早く、好印象で、相方も満足していました。

とりあえず、今回は何もなくて良かったです。病院から帰宅してからは相方もいつも通りピンピンしています。ちなみにKenzoは、月曜日まで相方母が預かってくれることになりました。

いずれにせよ、健康だけには気をつけたいものですね。

スポンサーサイト
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。