Archive | 2010年02月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研修一段落

02/27
ランズクローナの放射線科での研修も既に4週間が過ぎました。研修リーダーそして、Handledareとの中間審査も無事に終わり、来週はルンドに移動して、マンモグラフィーの研修が一週間入っています。研修と言っても、主にStudiebesok、いわゆる見学程度で、通常のスクーリング(スウェーデンでは40歳から74歳までの女性対象)から超音波検査そして乳房への針注入によってガン細胞を取り除くBrostpunktionまで、幅広いカリキュラムのようです。

ちなみに現在、マンモグラフィーの就職需要率はかなり良いようです。というのも、この分野で就職したがる放射線看護師が少ないそう。理由は、毎日圧迫板で乳房を押すだけの単純作業だから、らしい...。実際に、マンモグラフィーで働く看護師さんは、割と年配の方が多いです。彼らの世代を担う若い放射線看護師がなかなか入ってきてくれないとのことですが(マンモグラフィーを卒論のテーマに扱う学生は多いのに)、将来的に、マンモグラフィー、所謂、圧迫板を使用しなくても、乳がん検診も行えるようになるらしいです。つまり、20年、30年後辺りには、もしかしたらスウェーデンの医療分野からマンモグラフィーがなくなっているかもしれません。ただ、これはまだまだ研究の段階だとか...。

ちなみにスウェーデン人に比べて、日本人は乳がんの発生率が低いそうです。その代わり、日本人は圧倒的に胃がん率が高いそうで、これは看護師学科との共通授業でもしょっ中取り上げられていました。専門授業の講師としてやって来たマンモグラフィーの医師も、「自覚症状が少なく、なかなか初段階での発見が難しい胃がん率が高いより、定期的なスクリーングによって早期発見が可能、ガン発見後も生存率の高い乳がんの方がまだマシね。」とのことでした。ただ、手術によって乳房を失うということの精神的な面からすれば、けして表面的な物差しだけで(もちろん、早期発見、生存率の高さは何より先決されるべきことですが)、他の病気と比較することは出来ないわけですが。。

マンモグラフィーの研修の後は、一週間程大学に戻って、放射線診断学の授業。実は研修と同時に、解剖学含む放射線診断学のコースが同時に行われているので、研修の合間にも大学に戻って授業が行われます。大学の方針では、診断学を平行して学びながら研修を行うことで、実践知識にも役立つと捉えているようです。その後は、またランズクローナでの4週間の研修が待っています。

他の放射線科看護師のように、段々沢山の患者さんを受け持つようになると、「早く働きたいな~!」と思ってしまいますね。と同時に、再び勉学へのモチベーションも上がります。自分なりになるべく美しい写真を撮るために、色々とこだわりなんかも出てきました。そんなこだわりなんかも学生から見たアイデアとして、どんどん他の放射線看護師の方たちにも意見を言っています。そして研修中に出会ったほぼ全ての患者さんはなるべくこちらの要望に応えたいという意志が強く、仕事もし易いです。

大学ではコンプレックスの塊、クラスでも常に下の方を何とか這いずり回っている私ですが、研修、仕事となると紙面上での評価とはまた少し違うような気がします。もちろん、まだまだ一人前として仕事するにはほど遠いですが、例えば日本人特有の周りへの配慮や気使い、仕事に対する正確さや几帳面度など日本人として受けてきた常識や教育だけでも、こちらでの仕事面においてもプラスになっている事がかなり多いです。

さて今週末は、相変わらず勉強日和となりそうです。
スポンサーサイト

おしりフリフリ

02/21
また新しく仲間(ブルドック君)が増えて嬉しいのか...


おしりフリフリするKenzo。
おしりというか、しっぽですね。*音注意

久々4連休

02/20
久々に、昨日から4連休が始まっています。Handledareが、金曜日から火曜日にかけて家族でUppsalaに帰郷しており、Handledareの次に一緒に研修させてもらっている看護師さんも月曜日はお休みとのことで、この際自分も月曜日は休みを取る事にしました。その分の埋め合わせは、来週の金曜日ということで研修先も了承済み。

研修中にも、課題やらテストやら完全に頭を休める時間はないわけですが、どうしても研修から帰ってくると、体がどっと疲れて眠気も催し、なかなか勉強に集中できません。(夜の中途半端な時間にコーヒーもよくないしね。。)
そういえば最近、足のふくらはぎの方も軽い筋肉痛というか、疲れのようなモノが出て来てその事をHandledareに話した所...

「そりゃそうよ。一日の検査を2人で担当する所を、あなたほとんど1人で受け持っている状態だもの。私はパソコンの前に座って、あなたが撮った写真を確認するだけだもん。そりゃ、あなた疲れても当然よ。」

とのことでした。

そうだった。最近ではほとんど1人で検査担当受け持ってたんだ。ただ、もう1人の看護士さんもある程度患者さんを別の検査室に移動させ、受け持ってくれていたみたいなんですが...。

T3の研修の時はまるで中々親離れできない子供のようにHandledareに頼りっきりで、ポジショニングからいよいよ撮影の段階に移るまで本当にこれで良いのか不安で不安で、いっつもHandledareを呼んできてはいちいち確認してもらっていました。(撮り直しすることで患者さんに余分な被曝量が増えるのを避けたかった。)

ただT4からはT3で学んだ事を実践に活かせるようになったのか、Handledareもほとんどの場合は表に出ず、自分が撮った画像の確認をしてもらうだけとなりました。これも何も、T3のHandledare達が手取り足取り教えてくれた賜物だな~と思っています。やはりHandledare達の影響は大きいですね。学期も上の方になれば、学生もある程度は知識を実践に移せるようになるからそれほどHandledareから新しい事を習得するという事もないけれど、下の方の学期の研修時はまだ基礎の段階なので、Handledareの影響もかなり重要だなと思います。

クラスメイト1人のT3時のHandledareはかなり良い加減だったらしく、例えば腰椎の撮影の場合、放射線の当たる中心位置を確認する場合は通常、第十二肋骨から腹部の真ん中にかけて水平上に辿るのですが(大体その辺りが第三腰椎)、彼女のHandledare曰く、「とりあえずヘソの辺りが中心だと思って」と教えたそうです。(必ずしも、ヘソの辺りが第三腰椎にあたるとは限らない。)案の定彼女、Handledareが言った通りにテストに書いたら、やっぱり先生から点数をもらえなかったようです。

T3は完全に「学生」として研修する身だったけれど、今学期からはやっと自分も少しはArbetskraft(率先力)になったんだな~と思うと研修も断然と楽しくなるように感じますね。ただ、もっともっと練習して上手になりたい!と思うばかりに、少し行き過ぎてしまったようです。

さて昨日は全然勉強しなかったから、今日はこれから課題一つを終わらせることを目標に重い尻でも上げることにします。

Uppsats、合格!

02/17
あれだけ頭を悩ましていた論文ですが、今日やっと担当の先生から合格をいただきました!あれからもう一回手直しした後の合格でした。大学の先生にしては珍しく、一回のメールにつき返事が返ってくるまで約2週間位かかっていたので(普段は脳神経科で勤務していらっしゃる看護師さん)、研修中も論文の行方が気になって少し不安でした。

というわけで、これでT1、2そして3の単位の取り残しがなくなったので、無事にT5への進学が決まりました。とはいえ、T5はほとんど論文ばかりだし、次はいよいよ卒業論文になるので、大手を上げて喜べもしないのですが...。ただ継続のみですね。たとえ何年かかっても、自力で卒業論文仕上げる気でいます。(グループになるかもしれないけど)

卒業論文が終わった頃辺りになったら、やっと精神的にも楽になるのかな。。まずは、現在の学期T4の単位をなるべく夏休みに持ち込まないように頑張りたいと思います。(4学期の初テストは4月!2個同時にあります。。)

英語が...

02/15
ランズクローナという土地柄もあってか、一日の約半分くらいは移民の患者さんなのですが、大抵の場合はスウェーデン語が理解できる人が多いのです。ただ、たまに英語オンリーの患者さんも来院されます。

今日は、スウェーデン語が全く出来ないヨーロッパ圏内の60代の女性患者さんのレントゲンを撮ったのですが...英語なんて全く話していなかったから、いきなりスウェーデン語から英語に切り替えなければならなくて苦労しました。

で、検査時に使ったフレーズはこれだけ...

Please come here.
Can you lay down?
Can you stand up?
Can you do like this?
*この英語の文章自体、当ってるのか?

これくらいの単文しか、とっさに頭から出てこなかった...。小中高そして英語圏の短期留学までさせてもらったのに...、ああ~情けない。。

でも英語がうまく話せないと分かっていたので、患者さんに最初から「私、英語下手です」って伝えておきました。

これを機に、本気で英語勉強しなきゃと思った瞬間でした。せめて、検査に必要なコミュニケーションくらいは取れるようなレベルにしておかなきゃ...。

久しぶりにトレーニング

02/14
Kenzoが小さい頃は、Youtubeでも大人気のべんぼくんに影響されて、色々と芸のトレーニングをしていたのですが、最近はめっきりと練習を怠っていました。指でピストルの形を作ってバーンでうつむせになる芸当も以前は出来たのですが、現在は全く出来なくなってしまいました。(床をゴロンするのを教えるまで、これがまたかなり時間がかかるんだな...)

そこで最近、「吠えろ」の芸を教えてみました。吠えることには天下一品なので、数時間で覚えてくれました。他にも忘れないように過去の芸の復習などもしたのですが、本人は頭の中でこんがらがっているようです。また、少しずつトレーニング再開してみようと思います。

ねむ...


*動画の質があまり良くなくて見辛いかもしれません。

*最後「右」と言ったのに...

まるで嫌われ松子...

02/11
今日はこれでもか、という位悪運続きでした。

まず、家&研修先の鍵を家に置いたまま出かけた...。何とか研修先に入れたものの、研修中に右目のコンタクトが割れた。仕方なく、唯一左目のコンタクトの視力を頼りに、1日の研修をこなすことに...。それによって頭痛とめまいに悩まされる。仕方ないから、病院内の薬局で頭痛薬購入。

今日の15時からは3月の半ばにある実技試験の練習が、ルンドの大学病院の一角の学生用トレーニングセンターで行われるとのことで、早めに研修地を出ることに。丁度研修地の病院前にバス停があるのですが、一番早く来たバスのナンバーをよく確認しなかった為に、過って別方向のバスに乗ってしまい(しかも1時間に1本しか出ていないというレアバスなのに。)、10分乗った所で気がつき、あわてて途中下車。再び、病院まで歩いて戻り、元のバス停から再び駅往きのバスを待つことに...。というわけで、せっかく早めに研修地を出れたにも関わらず、ここで20分もロス...。

やっと駅に到着したものの、別に雪が降っているわけでもないのに、何故か電車が遅れる...。それによって、15時から始まる練習に間に合うかイライラ。

ぎりぎりで練習には間に合い、2時間程クラスメイト達とカテーテルや筋肉注射等の練習を行った後、帰宅しようと思ったら、相方がマルメまで17時から始まる就職ガイダンスに行っていることに気がつく...。というわけで、仕方なく、街のカフェまで行き、相方と駅辺りで接触できる事を携帯と眺めながら、今か今かと待つ...。相方がマルメから戻ってきたのは、結局20時30分。というわけで計3時間半、カフェで1人過ごしていました。(初めてカフェで飲み物のおかわりしました!)

ケンゾーも私の悪運、いやミスのせいで、計12時間1人で過ごす事に...。帰宅した時には、いつもと変わりなくきちんとベットに座り、待っててくれました。しかし、12時間もワンコを1人にしておくのは初めてとはいえ、飼い主失格です。

何か、自分が気がつかないうちにかなりネガティブのパワーを出しているのでしょうか。。でも、ブログにも全部書き出せたし、まあ、こんな日もあるさ、ということであまり深く考えないようにしようと思います。

あ、唯一良かったとことといえば、学科の先生からストックホルム内の大学病院でも研修が可能とのこと。というわけで現在、T5そしてT6に行われる数ある研修項目の中から、アンギオグラフィの研修をストックホルムで行うかもしれません。スウェーデン語が分かるようになってからストックホルムに行ったことがなかったので、研修で行けたらラッキー!確実に決定はしていませんが、現在前向きに検討中です。

Sommarjobbどうするかな~

02/06
さていよいよ2月に突入し、そろそろ学生たちも今年の夏の身の納め所を考えなければならない時期になりました。夏の間はCSN、いわゆる補助金が出ず、多くの学生は大学のサマーコースを取るか、夏のアルバイトをして生計をやりくりしなければなりません。

実は去年の夏にお世話になったバイト先から再び、今年の夏のアルバイトのオファーをいただきました。しかし個人的には大学の方もいよいよT4に入ったということで、今年の夏のアルバイトは是非病院でのアルバイトも挑戦してみたいな~と思っていました。病院での勤務者は特別施設と違い、全て資格者、もしくは医療系の学生のため、自分にとっても刺激になるんじゃないか、勉強になる事が多いのではないか、と考えていました。

そこで先週、早速夏のバイトについてベテラン看護師さんであるHandledareと丁度去年の夏に放射線科の学科を卒業したばかりの看護師さんに相談してみました。しかし残念ながら彼らからは、私が病院でのアルバイト希望に対して思い切り猛反対されてしまいました。。

普通科、そして放射線科看護師としてこの道約30年というHandledareによると...

まず病院での勤務は想像以上にStressigであること。当たり前ですが、アルバイトとはいえ、病院で准看護士として勤務する以上、通常の勤務内容を行わなければならない。患者状況の把握から看護士や准看護士内へのレポート、更に経験と技術が求められるさまざまな医療処置にも対応できるのか。

普通科の看護学科であれば、T3とT4の研修を通して経験する内容を、私たち放射線科では全く経験していません。一応、T2の時に5週間の病院での研修はあったのですが、ここでは主に放射線科看護師としても欠かすことは出来ない基礎的な技術(血圧測定から点滴、静脈注射など)を学ぶことが目的であり、そう言った意味でも普通科看護学生比べて点数は甘かったはず。普通科看護科の研修も放射線科の倍の10週間だったしね。

また放射線科での准看護士としてのアルバイトなら、主に受付や電話対応など事務の対応が主でこれまた学科で学んだ事の経験を生かすという意味でもかなり場違いなのは明らか。(ある意味、事務系の仕事はスウェーデン人しか出来ない仕事かもしれません)

というわけで他の医療関係に比べて、相当温室育ちの放射線科の学生に、常にストレスフルな環境に身を置いている看護士さんや准看護士さんと一緒に勤務をこなせるのか...。

Handledareも、「けして意地悪で言っているわけではないし、挑戦してみたいならしてみれば良い。でもせっかくの学生最後の夏休みに毎晩、職場の悪夢にうなされるよりは、老人ホームなどストレスが少なく、医療行為にも少し携われる環境で、バイトする方が良いわね。」とのことでした。

去年大学を卒業したばかりの看護師さんも同様の考えで....

「病院でのアルバイトというと、学生からしてみれば、なんかすごくかっこよくて、ファンタジーを見がちなのよね。でも、働いてみるとそんなファンタジーはすぐに消え失せる。私も学生時代はずっと老人ホームでアルバイトしてたわよ。」

とのことでした。

ファンタジー、はい、私も実はそのファンタジーに浮かれていた1人でもあります。考えが相当甘かったと思います。

というわけで自分でもよく考えた結果、病院でのアルバイトは諦めました。自分でもそこまで熱意があったわけではなかったのかもしれませんが、彼女たちの助言はかなり自分の中の心髄にも得ている所があると思います。自分が普通の看護学生であれば状況も少し違うのでしょうが、こんな所謂医療の中の技術屋が病院の通常勤務に携われるとは思いません。大きなミスをして、相手の職場だけではなく患者さんやご家族にも大変な迷惑をかけることになってしまっては事が遅い。

早速、去年お世話になった施設への夏のアルバイトの承諾書を出しておきました。とはいえ、こちらも100パーセントというわけではないかもしれませんが、ダメだったら、今年はゆっくり夏休みを過ごそうと思っています。

研修始まる

02/04
今週から研修が始まっています。今回の研修地は、ルンド大学病院の管轄内でもあるランズクローナの放射線科。前回のエンゲルホルムと同様、研修地希望に関しては全くの予定外でしたが、今回の研修も前回同様、いやそれ以上にとても充実しています。

エンゲルホルムのHandledare達2人もすごく熱心で親切だったけれど、今回のHandledareも全く文句なしのベテラン看護師さんです。彼女は15年間看護師さんとして働いた後に再び母校の大学に戻り、放射線科看護師になるべく、更に1年半ほど勉強し直したそうです。(放射線科から普通科の看護師になる場合にも、同じ期間かかります。)ちなみに放射線科看護師になってから、今年で10年目になるそう。

確かエンゲルホルムやルンドでも数人ほど看護師さんから放射線科看護師になったっていう職員の人いたな...。逆のパターンは(放射線科から普通科)割と聞くけど、普通科から放射線科への移行はあまりポピュラーではないようです。放射線科看護師は専門分野の看護師にカテゴライズされていますが、普通科看護師と同様、学士レベルだから、上を目指すという意味では放射線科は該当しないです。ただ普通科看護師の方が後々キャリアの面とか考えると、断然幅も広いわけですが...。あっ、でもたまに病院勤務でのストレスや重荷に耐えきれなくなった看護師が、放射線科に移ったという話はちらほら聞くけれど...。

ちなみにHandledareの看護師さんは、出身地も大学もウプサラとのこと。だからなのか彼女のスウェーデン語、すごくキレイです。リスニングのテープでも聞いているよう。久しぶりこんなキレイなスウェーデン語聞きました。スコーネ在住4年半、この地で一からスウェーデン語を勉強したので、大分スコンスカは耳に慣れてきましたが、やっぱり彼女の話すスウェーデン語と比べると、スコンスカは明らかに違う言語のように聞こえますね。

さて肝心の研修の方ですが、何とか少しずつ前回の研修で学んだ内容を取り戻して行っています。最近のレントゲン機材もかなり便利になってきて、ランズクローナでもほとんどの場合はデジタル式で検査を行っています。リモコンのボタン一つ押すだけで、各検査手順に合わせた機材の配置や関節への入射の角度など、全て自動化されています。というわけで患者さんのポジショニングの時も大分楽です。エンゲルホルムの時は全部手動だったので、短期間で多くの検査手順を覚えるのに大分苦労しました。ランズクローナでも一室だけ、マニュアルの機材を使用していますが、撮影フィルムを画像化する前に、専用モニター「Genomlysning」にて随時骨の位置が確認出来るので、撮り直しによる(研修生の場合は特に)患者さんへの不必要な被曝量も押さえられます。エンゲルホルムの時は専用モニターなんてなかったから、写真を画像化する度に撮り直しにならないか冷や汗ものだったな....。

今日は久しぶり、腹部の検査でコントラストを注入するための静脈注射(PVK)を行いました。患者さんが男性で40代前半と比較的若く、かなり良い血管の持ち主だったせいもあってか、前回の研修から少しブランクがあったとはいえ何とか順調に行きました。研修第一週目で既に静脈注射投与の機会を得られた事は、ある意味良いスタートだな~と思っています。こればかりは、やはり出来るだけトレーニングを積むしかないもの...。

次回の研修は月曜日。今週末は学校の課題と4月にあるテスト準備に向けて予習しておこうと思います。
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。