Archive | 2009年04月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワクチン

04/24
来月の7日には1歳の誕生日を迎えるKenzo。

というわけで早速先週、1歳のワクチン接種のため、Kenzoと共に市内の動物病院まで行ってきました。ワクチンの際に簡単な健康診断も行ったのですが、特に健康上には問題なし。ただ、まだいくつか乳歯が生えており、永久歯が食い込むように生えてきているので、手術をした方が良いと言われてしまいました。通常の場合、子犬が1歳になる前には乳歯から永久歯に変わっている場合が多いのですが、犬種によっても乳歯がなかなか抜けないでそのまま残ってしまっていることがあるようです。

ちなみに乳歯の抜歯費用は1本約1000クローネだそうで。人間の歯並みの治療費ですね。実はKenzoが1歳になるに当たって去勢も考えているのですが、こちらも3200クローネほどかかるそうで...。でも、これも愛犬のためだから責任を持って対処していこうと思っています。

ワクチン前のKenzo。既に何か察知している!?


Kenzo,4、5ヶ月の頃。
お父さんが黒パグのせいか、正面だけから見れば黒パグに負けないほど黒かったです。


というわけでこれからの時期、Kenzoのことも含め出費が重なるわけですが、そこに救いの神様(?)が現れたかのように、夏のサマージョブが決定しました。今まではプライベートの施設でバイトをしていたのですが、今回はコミューンの施設に挑戦してみました。今までのバイトの所でも良かったのですが、コミューンの施設がどんな風に運営しているのか興味があったので応募してみました。

プライベート施設の時の面接は、看護師さんと人事の準看護士さんと軽く面接した後、その場で代理職員採用決定だったけれど、コミューンの場合は以前のブログにも少し書いたように、面接者の性格をより見極めるため(?)の人格適正検査まで受けさせられたのはびっくりでした。そうした面でも、別の施設の面接の受験を通して色々と勉強になることも多いです。

そういえばスウェーデン人のクラスメイト数人は既に病院が募集しているサマージョブに応募したそうですが、どうなったのだろう。確か病院でのサマージョブは、看護学科4学期を終えていなければならないはずなのですが、彼女たちによると「老人ホームや在宅ホームでも経験があるし、来月には病院での研修も行うし、4学期終えなくても応募基準は満たしている」らしいのですが...。このスウェーデン人女性の自分自身を無駄に過小評価しない考え方は、全く対極にいる自分も少しは見習うべきだなあと度々感心させられます。

来年のサマージョブは、病院にも挑戦してみたいけれど、こればかりはどうなるか分かりませんね。ただ、老人施設では入居者さんの介助を通して学ぶ事が沢山あり、自分の研修にもかなり役立つので、私自身とても気に入っているのですが。

とりあえず出費のことだけではなく、夏の間も何かブログに書く内容が見つかって良かった...。ちなみに相方の方は、夏の仕事探しは完全に諦めたようです。ただ、去年の夏のバイト先の会社には、今でもたまにバイトには行っているようですが...。

ちなみに今日、彼のバイト先の会社の前では、13歳~15、6歳くらいまでの若者たちによる「薬の安全性テストにおいての動物実験反対」のデモがあったそうです。中学生によるデモというのは、スウェーデンでも珍しいかも?フランスにいた時は、頻繁に色々な学校でデモ(という名のお祭りに近い!?)があったのですが...。
スポンサーサイト

やっと...

04/21
研修先について、あれから病院の棟から大学、そして再び病院の棟と二重、三重したあげく、ようやく今日研修先のインストラクターさんと連絡が取れました。電話越しで準看護士さんに繋いでもらっている間、「貫禄たっぷりの女性看護師さんかな~。」と色々と思いを巡らせながら待っていると、電話口に出たインストラクターさんは恐らく20代前半であろう若く、声の優しい看護師さんでした。

研修の詳細について私のメールアドレスに送るからアドレスを教えてくれと言われ、口頭でメールアドレスを言ったのですが、ちゃんと伝わっているか少し心配でもあります。(先ほど、無事にメールをいただきました!)ただ、研修の開始日や時間帯などについては確認済みなので当日に迷うということはないかもしれませんが、分からないことがあったらまた電話してみようと思います。

今回の研修に関して、一応「研修コーディネーター」さんがいるのですが、ここまで研修生の情報が先方の研修先に伝わっていないことに少し戸惑いました。一応、研修に関するページには、「個人で研修先に連絡するように」とは書いてあるのですが、研修する棟(1つの科に各棟ずつ分かれているのです)も研修先のインストラクターも分からなかったので、何度も大学病院の電話窓口から科へと繋いでもらったり、まだ大学の方とも連絡をしたりと苦労しました。。

ただ苦労した分、やっと研修先のインストラクターさんに出会えた時の喜びはひとしおですね。そして、自分自身も少し成長したような気がします。

さて話は変わり、昨日やっとPUT(永住ビザ)が降りました。ビザの担当者と20分ほど面接をした後、すぐに窓口でパスポートにビザを貼ってもらいました。ビザの許可が降りる間、別の窓口では中年の夫婦がビザの延長手続きを行っていました。窓口の女性が、「あなたのビザは7月までだから、ビザが切れてからもう一度移民局に来て下さい」と説明していたのですが、私たちがビザの延長の手続きをしたのはビザが切れる約4ヶ月前の11月。実際にビザが降りたのは、ビザの有効が過ぎてから2ヶ月後だったわけですが、申請の段階ならということでビザが切れる以前でも受け付けてくれました。

というわけで、この夫婦のビザが7月に切れるとはいえ、4月半ばの現在から既にビザ延長の申請をしても不思議ではないと思うのですが、今年からビザの有効期間を過ぎてから申請するようにとの事項が出来たのでしょうか。でも、有効を過ぎてから申請だと次の段階(インタビュー)までまた6、7ヶ月くらい待たないといけない状態になると思うのですが、ビザ更新時期の変更と共に申請後の待ち時間も少しは解消されるのでしょうか。。

さてビザが何とか一段落したところで、次はやっとCSNです。去年ルンド大学に入学し、学校の方ももうすぐ1年の終わりも迎えようとしてる今、これからもこの学科に在籍し、卒業まで頑張ってみたい!という意志が固まったので、前向きにCSNの申請について考えています。とりあえず、もう少し自分で調べてから申請の段階に移ろうと思っています。

もうすぐ研修なのに

04/16
今まで仕事、Komvuxそして大学の勉強と割と忙しかったので、今年の夏は精神的にもゆっくりするためにも、今までに出来なかった分野の勉強や読書に徹しようかな~と思っていました。

しかし、何となく今日ふら~っと夏のアルバイト先の面接に行ってきました。責任者の女性と20分ほど面接の後、コンピューター室に連れていかれ、人格適正検査のテストを受けさせられました。テスト内容は、100問以上の質問に対して40分内で解答するというもの。何だか自分の隠れた性格の部分(?)を知るようで結構、面白かったですよ。テスト終了後、結果について責任者の女性と話し合いました。まだ確実に決まったわけではないけれど、こればかりはなるように任せます。

相方の方も今年はエンジニア学校の最終学年で、学生最後の夏となるわけですが、今年は経済不況の影響で、多くの企業が夏のアルバイターを雇用しないという傾向から、まだ夏のバイトは見つかっていないという状況。今年は、多くの学生たちが夏のアルバイト探しに苦戦している様子。相方も今までは夏のアルバイトに恵まれていたようですが、最終学年の夏になって初めて仕事が見つからないという状況です。

でも恐らく仕事を選ぶからいけないんだよな~と黙って横目で見ている今日この頃。相方の同級生もスウェーデン人で追試知らずの優秀な学生ですが、夏は地元のICAで仕分けのアルバイトをするそう。もちろん、スーパーでのバイトも学生の間でかなりの人気なので、これも簡単に職を得るとまでは行かないと思うのですが...。

さて話は代わり、5月の初めから大学病院にて研修が始まるわけですが、今のところ研修先の方から研修に関する情報をまだもらっていないという状況です。研修コースのインフォメーションには、 「Pa de flesta placeringar inom Lasaretten i Lund, Helsingborg och Landskrona skickas ett valkomstbrev ut till Dig som student.(大半の研修先では、研修生に対して歓迎の手紙を送る)」と記載されており、実際に多くのクラスメイトたちも研修先から連絡が来たとのことでしたが、今週になっても一向に私の研修先からは連絡なし。(私の研修先は、De flesta(大半)の中に入っていなかったということか...)

ということでこのまま待っていても仕方がないので早速昨日、大学病院に電話をかけてみました。しかし、研修について今一確実な情報が得られなかったので、再び今日も病院に電話をし、責任者と思われる看護師さんと話しをしました。しかし、彼女も又、私の研修内容について分からない様子。そこで、より研修について詳しいであろうと思われる大学勤務の看護師の電話番号を渡され、また明日電話してみることになりました。(病院に電話をしながらも結局、大学に戻るという何という遠回り...。)

大学の研修コースの責任者に話しても、「病院に電話して聞いてみると良いわ!」の一点張り。「病院に電話して連絡を取れと言われても、大学病院、広いんだよー!」とつい投げやりの気分になってしまいますが、とりあえず明日また別の看護師に電話してみることにします。

研修先と研修生の間で連絡が行き渡らないということは大学では結構日常茶飯事なので、あまり不安に思わず、何とかなるだろう!と気楽に構えてはいるのですが...。


Kenzo、僕、考える

04/11
どうも皆さん、改めましてKenzoです。


やっぱ、春の日射しって気持ち良いですよね。


でも、僕のMatteさんに盗撮された写真のようにただボーっといつもうたた寝しているだけじゃないんですよ。今日は、それを挽回したくて...。


と側から、今日も僕の仕事の始まりです。何だか今日も嫌な殺気を感じますね。
また、僕の出番になりそうです。


この木を見て下さい。いくつか、巣が見えるでしょ。
最近、多くの鳥達がこの木にたむろしているんですよ。
ちょっとでも気を許すと、ネコまでたむろってますからね。
ホント困ったもんです。


それで定期的に僕が追い払ってるわけですが、あんまり効き目なさそうなんですよね。
最近、それが悩みだったりするんですよ。


でも、やっぱここは互いに歪み合わずにうまく共存しないといけないんじゃないかなとも思うんですよ。僕も一応、犬の子ですからね。それに吠えた後って結構虚しいんですよね。


というわけで、何だか挽回するつもりがちょっと人生について考えてしまいました。
何か良いアドバイスがあったら、Matteさんを通していただけたら有り難いです。
それでは、お粗末様でした。


ポスク休暇

04/10
ここ数日本当にお天気が良いですね。
何だかブログを書く度に毎回「お天気が良い」と書いている気がするのですが、スウェーデンで生活していると本当に太陽の日差しがとても貴重に感じられて、それだけでも感謝の気持ちが湧いてきます。

さて昨日は、追試でした。ポスクのせいか、受験者は少なく、こじんまりとしていました。正直「おお、出来た!」という達成度はあまりなかったけれど、自分の能力の低さを責めても何も始まらないので、こればかりはコツコツ、何度でも挑戦するしかないです。学業面の場合、前を向いて努力をしていればかならず結果はついてくると信じているので、とにかく後ろを振り返らずに、次にある29日のBiomedicinの試験に向けて進もうと思います。

そういえば、2日間ほど前に移民局からやっとインタビューの通知が来ました。去年の11月初めに申請してから全く連絡がなかったので、どうなってしまうのか心配していたのですが、とりあえずホッとしています。2月以降からビザなしだったので、そうした面でも気持ち的に大分楽になったかも。

さて明日は、Kenzoを連れて相方の実家へと日帰りで行ってきます。Kenzoは、相方の年の離れた妹たちと遊ぶことを既に楽しみにしているようです。(今週初めもKenzoに会いに(?)遊びに来てくれました)

Kenzoも、来月の7日で一歳。早いなあ~。

女帝Kenzo
"ねむいわよ~"

何とか

04/07
微生物学、薬理学のテスト、何とか一発で合格できました。 
テストの用紙を見ていないので、どれくらいの点数を取れたかまだ確認できていないのですが、ネットの個人の成績のページに、「G」と書いてあったのでホッとしました。
ここ最近一発で合格したのって、12月の放射線のテスト以来だよ~。
でも、テスト内容の半分が薬用量計算の問題だったので、「解剖学、生理学」の試験に一発で合格するのとは喜びも異なるのですが...。でも、追試が増えるよりは良かったということで...。

木曜日は、解剖学と生理学の追試です。そういえば、前回のテストは40パーセントの学生が不合格だったそうです。というわけで思ったより、皆さん出来ていたようです。(噂では半分以上落ちると聞いていたので)112点満点中72点が合格ということで、看護学科のテストにしては異例の40点分も間違えられるというパラダイスの条件にも関わらず、力が及ばなかった前回。

でも、今は追試になって良かったと思います。改めて勉強し直してみて、ようやく流れがつかめたきたような気がします。例えば、2月の初め頃はあれだけ呼吸器官が難しいと思ったけれど、今は割とサラッと頭に入ってきます。そしていかに今まで急いで断片的にだけ覚えていて、例えば何故AはBになるのか、ということまで深く追求して理解していなかったのかやはり致命的だったと思います。 

それではとりあえず木曜日は、結果が出せるように頑張ります。

Kenzo、街でお散歩

04/04
ここ最近、すこぶるお天気が良いです。今日も日中24度くらいありました。1ヶ月前くらいまでは考えられなかった半袖一枚で歩けるのが、嬉しいですね。

さて今日は、久しぶりKenzoと街までお散歩に出てみました。自宅から街までは歩いて約20~30分。街の広場には、多くの人達がグループごとに輪になるように座り、日向ぼっこを楽しんでいました。レストランやカフェも、いつも以上に繁盛している様子。その中をすり抜けるように歩く私たち。中には、「Det ar roligt att se en mops!(パグを見れて嬉しいわ!)」と声をかけてくれる人も多く、Kenzoも久しぶりに色々な人たちと交流が出来てご満足のよう。

結局、外には3時間ほどいたでしょうか。とはいえ、ちょこちょこ休憩を取りながらだったので、最終的に自宅に戻るまで大分時間がかかってしまいました。

あと、どれくらい歩くの~?


あ~、あつ...


暑い時は、水補給が一番!


長いお散歩から戻り、しばしの睡眠を取った後は再び、活動再開(?)。
お散歩を頑張ったので、街のおもちゃ屋さんで購入した新しいぬいぐるみをプレゼントしました。





Kenzoは、新しいぬいぐるみ、Nalle(ナッレ)君を手に入れた後、いつものようにそのまま再び眠りの世界に入ってしまいました。


Kenzoのお散歩風景です。


P:S プロフィールが無駄に長いので、省略しました。

新しいグループでのグループ作業始まる。

04/02
今日から次のセミナーに向けてのグループ作業でした。ちなみに2学期目からは、看護学科の学生そして放射線学科の学生を交えて、グループの再構成。私のグループは、6人が看護学生そして4人が放射線科看護学生と計10人の割と人数が多い方のグループになりました。

ちなみに現在行っているBiomedicinの5週間コースでは立て続けに、セミナーが3つも控えています。とはいえ、解剖学+生理学の時は、完全に講義一本だったので、丁度良い息抜きだったりします。ちなみに第一回のセミナーのテーマは「心臓」でした。グループ作業では、事前に患者さんの看護記録の詳細が書かれた資料を渡され(今回は、心不全を煩った高齢の患者さん)、その資料を元に患者さんの病状、考えられる合併症、対策などをグループでそれぞれ話合いながら、結論に導いていきました。

グループの誰かが、「資料に書かれた看護記録を見ながら、みんなでああでもない、こうでもない意見交換をしていると、まるで探偵にでもなったような気分になるわね」と言っていたのですが、私も同感です。看護記録に書かれた要因のみを判断するだけでなく、現状などの様子からだとこんな対策も可能ではないのか、と自分の頭で色々と想像してみることも新たな発見に繋がるので、この手のグループ作業は結構好きだったりします。他の人の意見や発見を聞くのも面白い。

ちなみに新しいグループメンバーですが、人数が多いとはいえ、ママさんたちも多く(10人中、4人は30代後半のママさんたちです)、スウェーデン人の若者(特に女子)に多い、やたら自我が強いタイプの人が全くいないので、スウェーデン人学生に比べて大人しめの私にも作業し易いです。自我が強いタイプの学生が多いグループでの作業の場合は、人との発言が終わるのを待たずに(よって、他の人の発言の最後部分が自分の最初の意見と重なる)すかさず、大きな声で割ってでも発言しないといけないという状況になるわけですが、その場合、まるで自分が自分じゃないような状況になるため、かなりの息苦しさを感じます。

本当のことを言えば、日本みたいに「発言のある人は手をあげて~」の方が、ずっとやりやすいけれど...こっちは、先に取ったもん勝ちみたいな傾向があるから、やっぱり最初は戸惑いますね。ルンド大学に入学して初めてのグループ作業の時、この「先に取ったもん勝ち」のとばっちりを直に受けて、最終的にあまりに余ったパート、たった1行の文章のみセミナーで読み上げるという、あってもなくてもどうでもいいようなパートを担当させられました。みんなと協力し合う場で話し合いもなく、他人より自分の利益の方が先という思考に、当時は正直ついていけませんでした。明らかに、カルチャーショックだったと思います。

ただ、周りから「Kaoriも、やりたいと思った分野があったら、すぐに言った方が良いわ」と言われ、最近では惜しみなくはっきりと自分の意志を伝えるようにしていますが、これも大学生活に入ってから大きく変化したことの一つだったりします。

というわけでグループ作業に話は戻り、これからまた一段と忙しくなりそうです。新しいテストが既に3週間後にある...。その前に、この週末を使って追試をクリアしなきゃ!
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。