Archive | 2009年03月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TISUSについて

03/27
このブログを訪問して下さる方の中には、スウェーデン語能力試験「TISUS」で検索して辿り着かれる方も多いようです。TISUSについてご質問もいただくのですが、私がTISUSに合格した2006年6月以降大分制度が変わってしまったようです。

私の場合は、通っていたFolkuniversitetルンド校の最終クラス試験がTISUSと連携されており、最終試験に合格すれば自動的にTISUSに合格したものと見なされるようになっていました。プラス一般受験者向けのTISUSも別にあったので、最終クラスに在籍していた2006年2月頃から6月までは毎月のようにこの最終試験、そして公式TISUSを掛け合わせるかのように受験していました。

そして数打ちゃ当たるということで最終的に、6月までには何とか合格できました。その間のテスト受験料は、公式のTISUS試験も含め、全てのテストが1年間のISUプログラムの授業料に含まれていたために、これはもう受験しない手はないという状態でした。以前のブログでTISUSについて、ここに少し載せています。

ちなみに学校では、次のクラスに進むごとにテストはありますが、これは個人の成績に関係なく基本的に誰でも進級できます。というわけで、2005年7月から翌年の1月までの間、スウェーデン語初級から最終クラスまでストレートに上がっていきました。

現在も、このISUプログラムがまだ存在するようですが、風の噂ではこの最終クラスの試験はTISUSの代用に見なされなくなったと聞きました。もし、1回勝負のTISUSだったら、スウェーデン語初めてから1年での合格は難しかったのではないかと思っています。

ちなみにTISUSの合格証書は、紙切れ一枚でした...。ルンド大学が管轄しているようで(スコーネでは)、大学に頼めばいくらでも発行してもらえます。


この紙切れをStudera.seに送ると、個人の成績として登録されます。

ちなみに2004年にフランス語能力試験DALF(フランス版TISUS)とフランス語検定準1級に合格した時は、本格的な賞状用紙(?)で合格証をいただきました。

既に、誇りが埃まみれになってしまったフランス語...今日、こうしてブログにでも載せることしか、使い道がなくなってしまいました。。このDALF取得には、お金使ったなあ...。


というわけで、年に2回という限りの中で頑張っていらっしゃるTISUS受験者の方に比べて、一定の時期に何度でも受験が可能だった環境の中にいた自分の体験は役に立たないのではないかと思っています。メジャーな言語の試験と違って、TISUSについての情報はまだまだ少ないようです。ただ、TISUS用の問題集や管轄サイトにある過去問を解くことによって、少しずつテストの傾向を握むことが得策のような気がします。

幸いにも、スウェーデンではウェブテレビがかなりメジャーなようで、スウェーデンのテレビ局のサイトに行けば自分が見過ごした番組など無料で見ることが出来ます。また、スウェーデン語の字幕付きの番組も数多くあるので、ディクテの練習も可能。ラジオに関しても、ほとんど全てラジオ番組をダウンロードできたりと、スウェーデン外にいても、こんなに多くのスウェーデン語リスニング教材を全て無料で手に入れることが出来ます。私も、大学や普段の生活だけではスウェーデン語の勉強はとても足りないので、スウェーデンのメディアサイトには日々お世話になっています。
スポンサーサイト

久しぶり買い出し&テスト終わった!

03/27
今日でやっと微生物学、薬理学そして薬用量計算のテストが終わりました。微生物学ではマーク式、そして薬理学試験のメインはほぼ薬用量計算の数学問題が大半だったということもあり、こちらのテストの方は、何とかうまく行ってくれるのではないかと少し期待を持っているのですが...。

さて、解剖学&生理学の方のテストの方は、初追試をくらってしまいました。。今までの人生において、テストを受けた直後の直感と結果は高い確率で結びついていたので、テスト返却では動揺なく予想通りだなという感じでした。今回、合格基準が65パーセントといつもより低かったものの、残念ながら合格点までには至りませんでした。

点数がまあまあ良かった項目は、脳神経と人体系で、呼吸器、消化器官や泌尿器官あたりは思ったより点数が取れていませんでした。。やはり1ヶ月で、これだけの項目を完全に自分のものにするまでに力が及ばなかったようです。ちなみに教科書に出てくるスウェーデン語に関しては、同じ単語が何度も出てくることもあり読解の上ではそれほど難しくないので、母国語でテストを受けていても恐らく良い点数は取れていなかっただろうと感じています。

このテストに関して、10ポイントと他の科目にも比べて成績換算の点数が高く範囲も広いので正直、厄介なテストを追試にしてしまったな~というのが本音なのですが、ちゃんと一回で合格している生徒さんたちも沢山いるようなので、やはり言い訳の余地はありませんね。。

追試を増やしたくないがために、8:2の割合で今日のテストに向けて勉強してきたので、今週末は追試試験対策に全力を注ぐことになりそうです。先行き不安ですが、お天気が良くなってきたことだけが、せめてもの救いです。

さて今日はテストの後に、久しぶりに必要品の買い出しに街に出ました。コンタクト用液体を買いにあるメガネ屋さんを尋ねたら、お店の中には若い女性客1人のみで誰もいません。商品を片手に5分くらい待っても店員さんらしき人物が全く見当たらないので、その場にいた女性客に話しかけてみると、彼女もお店に入った時から中には誰もいなかったとのこと。お店のドアのところに「Valkommen 15:15」と紙が貼ってあったので、まさかまだ閉店中なのでは?とも思ったのですが、彼女は事前に視力検査を予約しているためにそれはないだろうとのこと。

しばらくして女性客が、「このメガネ、どう思う?」と私に尋ねてきたので、それからだんだんとおしゃべりに花が咲いて、「メガネを購入するのは初めてですか~?」などと聞きながら、彼女のリクエストに合わせながら、いくつか彼女に似合いそうなメガネを選んであげました。結局、その場には30分くらいいたのですが、待っても一向に店員さんの姿が見当たらず他にも用事があったので、結局女性客にあいさつをしてから、その場を去りました。それにしても小さなお店とはいえ、無人はかなり危ない気が...。。

ちなみに次に入ったお店では、店員さんが、まるで日本の店員さんのように積極的にアドバイスをくれたので、そこでもまたおしゃべりに花が咲きました。

何だか今日は久しぶり、スウェーデン語の生きた会話を楽しむことが出来ました。大学やバイト先でのスウェーデン語とは全く違う、リラックスしたスウェーデン語会話。ここ最近、自宅と大学の往復ばかりだったで、余暇はひたすらスウェーデン語のテレビを見て過ごすといういつの間かテレビっ子になっていた私は(おかげで、スウェーデンのテレビ番組にはかなり詳しくなりました。次のブログで、お気に入りテレビ番組の紹介でもしようかな)、久しぶり外に出て色々な人と話すことが出来、良いリラックスにもなりました。

初のVardcentralen

03/20
今日は、先月に予約していたVardcentralen(診療所)へ診察に行ってきました。スウェーデンに来てから、初のVardcentralen。受付で支払いを済ませ、待合室で自分の名前を呼ばれるまで、1人かなり緊張してしまいました。こんなに緊張したのは、久しぶりかもしれません。

予定されていた診察時間より30分程遅れ、外国人の女医さんに診察室へと呼ばれました。病気の症状、そして私の身の上話(何故スウェーデンに来たのか、今までスウェーデンでどんな生活を送って来たか、等)などについても色々と聞かれました。これもきっと、患者さんの緊張をほぐす術なのでしょう。(この後、アシスタントの準看護士さんにも、同じく質問攻めに合いました(笑))

診察を終えた結果、健康には特に異常なし。塗り薬だけ処方してもらい、薬局で受け取る形となりました。素晴らしい事に、今回処方してもらった薬は全てパソコンの中に個人データとして保存され、今後どの薬局に行っても自分の個人番号さえ提示すれば、同じ薬を処方してもらえるそうです。

今回、患者さんとしての感覚を久しく忘れてしまっていたので、ある意味とても良い勉強になりました。やはり、患者として不安な時こそ、職員さん達から笑顔で迎え入れられると心が安心しますね。

Melodifestivalenとテスト勉強

03/14
今夜は、スウェーデンの唯一の音楽祭Melodifestivalenのフィナーレでしたね。テレビで音楽だけ流して、勉強するつもりが結局ソファに座って見入ってしまいました。スウェーデン人の音楽趣向と、日本人の好みとでは360度違うので、毎年誰が優勝するのか全く予想出来ません。個人的な予想では(あくまでもスウェーデン人の好みを予想して)、Alcazarあたりかな~と思っていたものの、優勝したのはオペラ風の曲調が特徴的な女性歌手でした。ん~、やっぱりスウェーデン人の好み、予想出来ない。。。

今年の優勝曲に興味のある方はどうぞ
http://www.youtube.com/watch?v=swPY8P1VGzM

さて今週末は、さ来週に控えた試験勉強に備えて準備中です。試験範囲の中に、薬用量計算があるのですが、これは中学生レベルの計算問題なのでがっちりと点を取りたいところ。今回のテストは記述式ではなく、選択問題がほとんどだそうで、少しホッとしています。しかも、今回のテストの合格ラインは何故か65パーセント。。。5パーセント低いのは、何でだろう。スウェーデン人が苦手な数学のせい?



以前にも述べたように「Anatomi och fysiologi」試験は何だか初追試の予感がするので、勉強し直したいものの、あまりこれに熱中すると次のテストも芋づる式に影響を受けそうなので、現在進行形の科目をなるべく優先に勉強しています。

いずれにせよ、6月の休みに入るまであともう少し、頑張ろう。

けんかはやめて~

03/09
前回の記事で「常に心だけは穏やかにいたいものです。」と書いておきながら、今回突発的に相方と世紀(?)の大げんかをしてしまいました。真剣に喧嘩になったのは、多分今回が初めてかも。

事の経緯は相方のシャワー中に、私がKenzoをサークルから出した後、私は再びパソコンに座り、ブログの続きを続行。Kenzoはどうやらそのまま相方の部屋に直行し、椅子に飛び乗って、勉強机の上に置いてある相方の読書用の眼鏡を口にくわえて持って行ってしまったようです。私が事の全てに気がついたのは、相方が部屋に戻ってきた後の叫び声からでした。

急いで部屋に行くと、Kenzoは相方の眼鏡をくわえ、何事もなかったようにこっちを見ています。相方がKenzoの口から眼鏡を取り出した時は、既に眼鏡の横の部分ははがたがた、レンズはフレームから飛び出ていました。。(汗)

血相を変えた相方から、出た一言。「全部、君のせいだ!そもそも君がKenzoをサークルから出したから、悪いんだ。監督不行き届きだ。」

え?本当にこれは私だけのせいなのだろうか。眼鏡を壊されたのは残念に思うけど、誰のせいだ、とかこれってちょっと、論点が違うんじゃない?と思い、「いや、Kenzoをずっと見ていなかったのは悪かったかもしれないけれど、全部私のせいって言うのはちょっと言い過ぎじゃあ...」と言ってみたところ、

「だいたい、君がいる時はKenzoはソファをかじるし、モノを壊そうとするし、大抵何かしでかす時はいつも君がいる時なんだよね。僕がいる時は、大人しいもんだよ」と眼鏡だけではなく、日頃の不満も勃発。

この言葉には、それまでなるべく平静心を保っていた私もさすがに腹が立ち、一気に交感神経系が活性化。最初は、お互いに分かり合うために議論していたつもりが、そのままの流れで大分助長されてしまいました。

そして、その様子をずっと横で見ていたKenzo。しばらしくして、急にソワソワし始めたかと思うと、「けんかはやめて~!」と言わんばかりにベットの上に飛び乗り、そそをし始めました....。

現在10ヶ月のKenzo、自分のサークルの中にあるトイレ以外でそそをしたのは実に半年ぶりでしょうか。。このタイミングでそそをしてしまったということは、やはりKenzoにとってかなりストレスになってしまったということなのでしょうか。

この後、さっとお互いに平常心に戻り、急いでベットの片付け。Kenzoの様子も大分落ち着いたようでした。

"みんな仲良くね"




パリ症候群

03/09
3月ももうすぐ半ばとなり、最近では午後17時でも、大分明るくなってきました。この時期、犬の散歩にはとても嬉しいですね。さて先日の京大大学院学生の自殺に続き、昨夜1人の若き俳優さんが残念ながら自らの命を絶たれたそうです。ネットのニュースなどを読む限り、日本では胸が痛くなるような事件が立て続けに起きているようです。

特に京大大学院生の自殺の記事を読んだ時は、亡くなった男性と同年代ということもあってか、自分と重なるものがあり胸が締め付けられるような思いになりました。日本語が得意ではなかった男性は、英語での論文指導が受けられるという触れ込みを信じ入学したそうですが、実際には表向きの宣伝とは全く異なる指導方法を一方的に押しつけられていたようです。男性は、建築学を専攻していたそうですが、与えられた研究課題は子供の行動パターン...これは素人が見ても明らかに専攻外の何者でもないと思います。これに加えて、言葉の壁から生じるコミュニケーション不足などあらゆる事が一度に重なって、今回のようなあってはならない事が起きてしまったのかもしれません。特に西洋の生活や学校に慣れている学生たちには(この男性のバックグラウンドについては分かりませんが)、言わなくても察する独特な文化を持つ日本方式に溶け込むには、色々と人間関係面でも苦労することが多かったのではないかと察します。もちろん、真実はご本人しか分からないことなのですが..。

私も、スウェーデンの大学に入学してから、最初の頃は特に辛かったのを覚えています。スウェーデン語を初めてから1年で運良くTISUSには受かったものの、所詮紙上の試験。とりあえず、日本の高校の成績とTISUSだけで入れそうな学科を探し、入学したものの、現実はあまりにも厳しく、うまく言葉が喋れない、大人しい(=うまく話せないから自動的に大人しくなってしまう)というだけで全人格を否定されたような気分に何度も陥ったことがありました。

老人ホームで働き出した時も、例えば入居者さんのご家族の言っていることが分からなくて思い切り電話口で怒鳴られたこともあったし、何か話そうとしても自分の発音が悪いせいか、思い切り顔に眉間の皺を寄せながら話を聞かれたり...ある時は、入居者さんのおばあさんとおしゃべりをしていたら、急に1人の職員が休憩室から血相を変えて飛んで来て「どこの中国人が侵入したかと思ったわよ~!あなただったのね~」と笑いながら言われたこともあったし...。サンボにそのことを話しても、旅行以外で外国に生活した事もない彼には、今一ピンと来ないようで。でもけして、その感覚を責めてはいけないわけで。

ルンド大学に入学してからは大分こちらの生活リズムにも慣れてきたけれど、未だアカデミックな内容の議論などでは頭で分かっていても、言葉にするのは難しく、スウェーデン人同士の討論ではどうしても勢いに負けてしまうこともあります。以前、「パリ症候群」という本を購入し、日本に忘れて来てしまったことを今頃になって悔やむのですが、今回引用させていただいたサイトに、"典型的な症候は、将来への見通し不安とことばによるコミュニケーション失調。それから対人恐怖、外出恐怖、「自分をバカにしている声が聞こえる」ようになり、妄想を発して強制入院、自殺未遂に至るケースもある"と書かれてありますが、実際に私にも、後半の部分はないものの、この「自分をバカにしている声」が聞こえたことが何度かあります。幻想なんでしょうが、本当に「声」となって聞こえるのです。特に煮詰まった時は、まるで除夜の鐘のように耳の中に鳴り響くこともあります。

以前、エスレブの老人ホームで研修していた時に、将来準看護士さんを目指しているルーマニア出身の女性に出会いました。彼女とは初体面でありながらも、私に「Jag ka:nner mig handikappad(障害者のように感じる)」とスウェーデンでかなり辛い状況にあるということを切実に語ってくれました。スウェーデン滞在歴3、4年だそうですが、かなり流暢なスェーデン語で淡々と話している姿を見ている限り、他人ながら彼女は、スウェーデンでも母国と同じレベル、評価を求めていることで自ら辛い状況を生み出してしまっているのではないか、と感じました。

日本にいても内容は違えど必ずこれに相当、もしくはそれ以上の逆境はかならずあるわけで、この年で再び大学生になり勉強させてもらえている環境を考えれば、やはり母国と同じような待遇をこちらでも期待することが一番の命取りになるのは明らかだと思います。哀しいかな、競争社会の日本では知らず知らずに物差しで周りと比較して憂鬱になっていた自分が、海外では、日本にいた頃の自分と比べて、憂鬱になるという悪循環。でも辛いことを少しずつ超えていく度に、こうした悪循環もまた少しずつ緩和されていくようになります。

また言葉の問題以上に、辛いことがあっても物事を前向きに笑顔で捉えられる人はやはり異国でも自然と周りに人が集まります。これは、周りの輝いている外国人を見ていつも思うことだったりします。けして楽ではないけれど、常に心だけは穏やかにいたいものです。

テストが終わった!

03/06
今日は、「Anatomi och fysiologi」のテストでした。与えられた時間を使って全部埋めたけど、今回はさすがに70パーセントまではいかないかもな~というのが正直な感想です。一週間休みを利用して、ずっとテスト対策に打ち込んだつもりなのですが、まだまだ不足していたようです。テスト問題自体はそれほど難易度は高くなかったものの、見落とし、理解不足だった部分がかなりあったと思われます。

「Anatomi och fysiologi」の初回テストは、毎回半数以上の学生が落ちるそうです。実際にもテスト開始30分後に、数名の学生が「難しくて出来ないので、今回はパスします」と言って、試験官にテストを返却し、教室内から去っていきました。というわけで周りも自分と同じ気持ちなんだ、と思って自分の能力不足だけを責めずに、サクッと次に気持ちを切り替えたいと思います。

テストの返却は約3週間後に行われるということですが、その間に何もしないでいたらすぐに忘れてしまうので、早速今日から来月の追試試験に向けて勉強のし直しです。「追試かあ~」と落ち込まずに、より知識を深める為の絶好の機会と思うようにすることにします。テストに受かっていても、「Anatomi och fysiologi」の知識は豊富であればあるほど、今後の実習などにも効果的なので頑張ろうと思います。

テスト終了後、放射線科のクラスでテストのアフター(?)としてビリヤードに行ったようです。私はというと...参加しませんでした。思ったよりテストが出来なくて落ち込んでいたのもあったせいか、まずは家に帰って1人で映画でも見て気を晴らそうという思いの方が先決で、とてもビリヤードではしゃごう!という気にはならなかったのです。と言いつつも、家路に帰る途中、「付き合い悪かったかな~」と少し自己嫌悪。。まあ、あまり周りのことは考えないようにします。

今月末には、別の試験が待っています。そして今学期になって初めてのグループ作業も始まります。6月までは、とにかくテスト勉強やグループ作業などに忙しい日々になりそうです。

補:

永住ビザの申請ですが、まだ一向に返事が来ません。先月の初めにサンボが担当に電話した所、2月中には面接の通知状を送ると言っていたのに、今週の月曜日に再び電話した所、今度はイライラした様子で「まだ、あなたの申請書に目を通していない。もう少し、待っていて」と一方的に切られたようです。というわけで今のところ、いつビザの面接の連絡が来るのかは全くの未定。まあ、マルメの移民局だから仕方ない。今月末くらいになってもまだ連絡来なかったら、「旅行したいんですけど」とでも言おうかな。もう、4ヶ月くらい待ってるのにこんなに時間がかかるもんなんですねえ。
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。