Archive | 2008年09月23日

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループワークでの自分の貢献度

09/23
今日は、先週のグループワークの続きでした。明日発表なのですが、準備期間は金曜日と今日の二日のみの。作業の80パーセントは今日の個人自習の時間を使って、朝から準備に取りかかりました。ちなみにグループのうち1人は風邪、1人はもともと他に予定が入っていたために欠席。体調が悪いのは仕方ないけれど、他に予定が入っていたために来れないという理由が通るのは、さすがスウェーデン的だなあと思ってしまいました。ちなみに予定が入っていて来れなかった当本人が以前、一人の欠席者に対して「グループワークに参加しない人は、共同提出レポートにその人の名前を書けないわ」と言っていたのですが...。

それはさておき、今日のグループワークの自己評価は多分20点くらい。毎回、グループワークの後には、自分がどれくらいグループに貢献出来たか、また自分の発言が採用されたかを基準に勝手に自己採点を付けているのですが、今日は自分の中ではさんざんだったな~と思う出来でした。私がグループワークに挑む時のモットーは、「どんな些細な事でも良い、バカな事でも良いから、無言でいるよりも思ったことはどんどん発言しよう!」なのですが、今日は何だか周りの方々の発言が立派すぎて逆に、数々の自分の頭の悪い発言で自己嫌悪に陥ったという感じです。(といっても、このモットーは続けることに意味があるのですが)

グループの中に1人、本当にスウェーデンに3年しか滞在していないの?というくらい、現地人並み、いやそれ以上に発言に切れがある、現地人同士の会話にも幾度となく鋭いつっこみを入れられるルーマニア人の女性(27歳)がいます。といっても、彼女のスウェーデン語はけして現地人並みではありません。強い母国語のアクセントもあります。しかし彼女の発言を聞くと、スウェーデン人も皆納得してしまうのです。彼女を見ているとホント、滞在年数は関係ないよな~と思います。よくやたら、語学能力=滞在年数に拘る人がいますが(私もそうでした)、要はどのように話すかではなく何を話すか話せるか、たとえゆっくり、片言でも話の内容で相手を納得させることは十分可能なのだと思います。

まあ進級する為には、何と言っても個人での作業(テスト)が一番重要なので、グループワークの自分の貢献度に対してそれほど敏感にならなくても良い気もするのですが、やはり周りと比較すると「あら、みなさん、スゴいわね~。それに比べて、自分って何も考えてないアッホだな~」、と思ってしまうわけです。。

....といっても、けして他人を比較するわけではなく、グループワークは他者の良い部分を吸収できる絶好の機会でもあります。とりあえず今日はあまり出来が良くなかったとはいえ、次回がある。次回までに、少しでも向上できるよう頑張らなければなりません。

とりあえず、明日のグループ発表がうまく行きますように!!
スポンサーサイト
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。