Archive | 2008年09月17日

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TISUS対SVENSKA B

09/17
実は先日、ルンド大学合格が分かる前に受験していたSvenska Bの結果が返ってきました。結果はご想像におまかせします。スウェーデン語関係に関しては、2年前にTISUSを取得していたので特別SvenskaA.Bは受験しなくても良かったのですが、受験しておけば少しは成績アップに繋がるし、一回目なら無料で受けられるということで受験していました。

そして、今回初めてSvenska Bを受けてみての感想...Svenska Bの筆記試験が何と作文のみ!事前に与えられた資料を読み、10題のテーマの中から1題を選んで作文を書くという内容のものでした。 TISUSとは全く傾向が違うわけですが、両方を受けてみた結果、受験できる環境であれば、絶対にSvenska Bをおすすめします。これからスウェーデンの大学に進学する上においても、Svenska B対策を行った方が絶対に身になると思います。

何故なら、TISUSの場合は筆記でも文法、資料検索+作文ととにかく量が多く時間が足りない。(もちろん、どれだけ対策を積んだかにもよりますが)。Svenska Bの筆記試験(作文)であれば、自分が日頃書き慣れた文章や単語のストイックを活かせる。そしてTISUS、3セクションの中で1セクションでも合格基準に満たなければ、不合格。口頭試験も、他の受験者も同席のため逃げ場は作れるけど(聞き取れなかった問題は、他受験者の解答から推測する、など)、後々自分のためにならない。(Svenska Bの口頭試験の場合は、受験者1名にスウェーデン人試験管2人、そしてたっぷり1時間でも付きあってくれる)そして何より、TISUSの1セクションの受験料 でさえ、スウェーデンの歯医者に行く並に高い!

私は、元々Folkuniversitetのスウェーデン語コースでスウェーデン語を勉強し、TISUS受験も授業料のうちに含まれていました。Komvuxでスウェーデン語学ぶ機会はなかったけれど、テスト内容を見ているとSvenska A、Bは大学進学のためだけではなく実際の生活や仕事の場でもとても役に立つなあと思いました。

そういえば、他の看護学科の学生達と話す機会があり、「入るの難しくなかった?」と聞くと多くの人が「Ho:gskolepro:vetを受験した」と答えていました。Ho:gskolepro:vetは主に英語、スウェーデン語そして数学が主要で、このテストを受ければ特に生物や化学、そして数学B以上の点数は必要がありません。スウェーデン人大学進学希望者の多くは、Komvuxで勉強し直すよりこのHo:gskolepro:vetを受験している場合が多いようです。

私はHo:gskolepro:vetのスウェーデン語がかなり難しいと聞いたので、つい引け目があって存在は知っていても受験しようという意思までは至りませんでした。が、実際はどうなのでしょうか。。気になるところです。
スポンサーサイト
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。