Archive | 2008年04月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強引にも•••

04/29
今日は、久しぶりの休み。といっても暇だったので、強引にも(?)子犬のスペースを作ってみました。あまり考えないで適当に買ったので、色がバラバラでカラーの統一性なし•••。。少しずつ、色の調整も考えたいなあ~と思っているこの頃です。。

ちなみに、日本で売られているような犬用のサークルがスウエーデンでは見つからなかったので、結局、某製造会社に特別に注文して作ってもらうことに。。5月の半ばには届くそうで、どんなのが届くか少し楽しみでもあります。

トイレスペースは、さすがにトイレトレーやペットシーツなどがないので新聞紙でカバーするしかなさそうです。





肝心などの犬を飼うかなのですが、実はまだ迷っています。。
以前のブログでも書いたのですが、スウエーデンではパグはチワワより少し高めな上にブリーダーさんが少なく、しかも通常2年待ち(!?)とか。。
が、最近になってスコーネ内の某ブリーダーさんから、5月半ば頃にパグの子犬が誕生するとの情報を入手してしまったのをきっかけに、再びサンボと共にふつふつとパグへの想いが沸騰してきました。

いずれにせよパグかチワワ、数ヶ月後にこのスペースで生活している犬が、一体どちらになるのか楽しみです。
スポンサーサイト

imac順調

04/20




先週、待望のimacが届きました!パソコンのフレームがシルバーでびっくり!
ずっとホワイト色をイメージしていたのですが(購入時、よく説明読まなかった•••)、シルバー色もなかなかオシャレだし、何より画面がとってもクリアできれい!ネット接続も、パソコン内に既に設備されていて、アパートのコンセント口からネットを繋がなくても良いし、部屋内で移動もし易い。深夜の思いつきで買ってしまったけれど、imacに変更して今のところ100パーセント満足しています。前のパソコンは2年少しでガタがきだしたら、このパソコンは4、5年いやそれ以上は持ってくれると良いのですが••••。。

そうそう、老人ホームの私が働いている階なのですが、何とここ2ヶ月でいっぺんに4人亡くなられました•••。。4人以外にも、もう1人の入居者さんは別の施設に移られたので、何と現在、5部屋が空いています。以前はあれだけ急がしかったのに、今や何もすることなくて、空き時間にはトイレやキッチンの掃除とかしたりしています笑。あとお年寄りと話したり。。そういえば、この前、某新聞に現在働いている老人ホームの職員の少なさが指摘されていたのですが、確かに現在くらいの人数の入居者さんであれば十分に介護の手も回るような••••。

話は変わって、昨日は駅の近くのインドレストランに行きました。79クローネでビュフェ形式。部屋の内装も、エキゾチックに作られたプライベート空間もあって(残念ながら私たちが行った時は満席でした)とてもオシャレだったし、食事の方もかなり辛かったけどおいしい!是非また行ってみたいな~と思ったレストランでした。

ちなみに食事中にサンボが一言。
「クラスの1人にインド人の彼女がいるんだけど~、あいつも毎日こんなの食べてるのかな~」


きっとあなたのクラスの誰かさんも「○○のところは、毎日寿司食べてるのかな~」と言われてるかもよと突っ込みたくなりました。

そうそうサンボは晴れて、ルンドでsommarjobbが見つかり今年は実家に帰らなくても良いことになりました~!今年の夏はゆっくり(?)ルンドで過ごせそうです。(そういえば今まで、サンボと夏に一緒に過ごしたことがない)これで我が子(犬)が見つかれば、幸いなのですが•••。。必要品は着々と準備しているのですが、肝心な我が犬がいない•••。。たまに、Blocket を見て目移りしそうになりますが、今はもう少しの我慢です。。ここっと決めたブリーダーさんから新しい子犬たちが誕生するまで、今はひたすら待つことにしたいと思います。

人気ブログランキングへ

飛んでいくクローネ・・・

04/12
つい最近、全くの思いつきでIMACを購入してしまいました・・・。しかも購入した時間が、深夜の4時・・・というかなりHighな時間帯に吸い込まれるように購入の決断をしてしまいました汗。

それまではずっとWindowsのノート型を使用していたのですが、今までの経験そしてこれからも持ち歩きながらのパソコン使用にせまられることがないだろうという予測から、思い切ってデスクトップを購入・・・。しかも、スウェーデン語版のキーボードの方が何かと便利。プラス、学生割引も使えたから、通常の値段よりは安上がりで良かった。。

最近、パソコンの調子も悪く、IMAC購入前日もYou Tubeで動画を見ようとするとすぐにパソコンの電源が自動的に切れてしまった・・・。(しかも、3回も連続・・・)更にもともとハードディスクの量が少ないのもあってファイルもすぐに削除か別のディスクに移動しなければならないのもあって、前々から新しいパソコンが欲しかったのですが・・・何しろ、貧乏生活の私にとってはデスクトップでもかなりの大金・・・しかも、今年子犬の購入予定も視野にいれているというのに・・・全く「深夜」の行動というのは予測できません。ただ、皮肉なことにIMAC購入直後から、何故か私のポンコツパソコンの調子が良い・・・。

アップルストアには24時間以内に発送との記載がありますが、先日発送の件に関して電話にて確認してみたところ、振込先がオランダの会社にあるそうで受け取り確認まで時間がかかるとのこと・・・。なので、来週当たりには届きそう・・・。

話は変わって最近、子犬のトレーニング系の本も数冊購入して勉強しています。以前は、チワワ専門系のしつけの本も買って読んでいたのですが、今回は特別犬種にこだわらずにアマゾンなどで色々と検索し、良さそうなものを2,3冊ほど購入。

中でも↓の本は、子犬の選び方から基本的なしつけまで詳しく説明されており勉強になります。



子犬を迎えた際の良い手引きの本として活用したいと思います。


人気ブログランキングへ





バスのおじさん・・・

04/08
今日、仕事帰りにバスの運転手さんが曲がり先を間違えました。間違えた瞬間、いきなり停車したため、バス内が大きく触れました。バスの乗客、しかも若い高校生らしき女の子から「Vad fan! Vad haller du pa med!? Du far inte prata i telefon samtidigt!(一体何やってるのよ!運転しながらの通話はダメでしょ!!)」と厳しいお叱りの言葉が、バス中に響きました。

それを聞いた腕じゅうにタトゥのある体格の良いバスの運転者さんは申し訳なさそうに一言・・・

Ja!

このシチュエーションを日本なら、と考えてみました。 日本ならこの状況で乗客から苦情は出るとは思うけれど、この高校生のように大勢の乗客の中、堂々とはっきりと文句を言える人って、まだ18歳以下だと少ないんじゃないかなあと思います。それにこのご時世、「逆ギレ」という言葉もあるから、下手に他人に文句をいうと逆恨みされる危険性もないわけではない・・・ので、私だったら公共の場で文句があっても、情けないけれど堂々と胸を張っては言えないかもしれない。。

その点、常に議論好きなスウェーデン人(フランス人も議論好きだけど、スウェーデン人の場合は一味違って分かり合うために話し合う傾向が多い気がします)にしてみれば、堂々と自分の思っていることを口にする人が多い分、こうした公共の場でもいけないことはいけないと意思表明が出来るのだと思います。もちろん、スウェーデンとは比べ物にならないほど、日本の人口数は多いわけで、そうなると当然環境も違ってくるのですが・・・。

夏になると、男性を後ろに乗せて女性が一生懸命自転車をこいでいる姿をちらほら見かけることはあるのですが・・・今日は改めて、多くの男性乗客者たちを横目に女性たちが堂々としている姿を見てやっぱりスウェーデン人女性は強かった!と見せ付けられた一幕でした。

(文字化け防止のためスウェーデン語表記は外してあります)




人気ブログランキングへ









まだまだです・・・

04/08
今日は、昨日に続き、仕事の日。一人、アンナという23歳の新しい臨時職員も一緒でした。彼女は、先日一人の職員について研修を終え、今日は初めて一人で働くとのこと。ただ、研修もたった1日だけとのことでまだ覚えることも沢山あり、今日は彼女と一緒に働きました。

ちなみに彼女は最近ルンドに引っ越してきたばかり。以前はストックホルムにあるカロリンスカ・インスティチュートにて心理学者になるための勉強をしていたそうですが、以前から彼女の夢でもある「医者になりたい!」という思いはふっきれず、今年改めて、ルンド大学の医学部を目指すそうです。

「今年で4回目なの・・・」なんて言ってたけれど、コツコツと努力しながら成績は最高点の20点にまで上げ、今年入学するための準備は万事整っているよう。アンナさん、黒ぶちメガネで初日にも関らずテキパキと働いている姿から「スマートな人だなあ」という印象は受けていたけれど、やはり本当に「スマート」なお方でした!

というわけでアンナさん、とても素敵な人だったのだけれど・・・残念なことに彼女のスウェーデン語、まるっきし分かりませんでした汗。彼女はスモーランド出身なのですが、話すときにモソモソ言ってて早いから、何度も聞き返したり、意味の取り違えをしてしまった・・・。「夏も、ここで働くの?Ska du jobba har i sommar?」というごくごく簡単な会話ですら、「はい?」と聞きなおした挙句、トンチンカンな回答をしてしまった・・・汗。今まで、現地の人とスウェーデン語で会話しててここまでひどく分からなかったのは、スコーネに来てから一度もなかったかも・・。隣でスコンスカを操る職員があまりにもクリアに聞こえてびっくりしました。

でも、これは彼女のスウェーデン語のアクセントが分からないのではなくて、明らかに私のスウェーデン語能力不足だと思います。今まで何か理解できないことがあると、彼らの持つアクセントのせいで意味が取れないと自然に認識してきたけれど、例えば他のスウェーデン人職員たちは彼女の言っていことを理解できている。ノルウェー人とスウェーデン人、お互いに自分の言語で理解し合えるのだから、同じスウェーデン内しかもスモーランドとスコーネとで理解できないはずはないと思います。大学時代にカナダに英語の短期留学した時も、私達日本人学生にとってインド人と韓国人の英語が分からなくて苦労したけど、現地の先生たちは彼らの話すことを全部理解していました。つまり語学力のある人は大抵は、どのアクセントでも対応可能なのだと思います。

もし、彼女のように話す患者さんやご家族の方と医療現場でお会いしたら、私クビかも・・・。それでなくても命の関っている会話に、「missforstaelse」は許されないのに・・・。今日は少し、落ち込みました。

とりあえず、今からスウェーデン語のラジオでも聴いてリスニングの練習をし直し、また出直します・・・。。

(文字化け防止のためスウェーデン語表記は外してあります)



人気ブログランキングへ






人探し

04/04
以前、「Bonde soker fru(農業を営む男性の花嫁探し)」の司会だったリンダさんが( Linda Isacsson )が、またまたおばちゃん達の心をがっちり掴みそうな新番組「Sparlost(人探し)」の司会をしていました。(ちなみにリンダさん、たまにぎょっとするほどセクシーな格好で現れることもあるけれど、笑顔が素敵な好感のもてる女性司会者だと思います)

大分前から始まっていたみたいなのですが、今日たまたまテレビをつけっぱなしにしていたら何と懐かしの渋谷駅の映像が!!しかも、何であの「Bonde~」のリンダさんまでも渋谷に!?「リンダさん、今度は旅番組の司会するのか~」なんて思いながら、テレビの前に座ってよくよく見ていると・・・どうやら旅番組とは全く趣が違い、人探しの番組でした。

ちなみに今日の依頼者はエミリーさんという20歳の女の子。彼女の母親が過去に日本に留学中、既婚の日本人男性と出会いその後すぐエミリーさんを身ごもったのですが、彼女の母親は相手の男性が既婚者だったとは知らず、その男性とは自ら縁を断ち切ることを決心し、まだお腹にいるエミリーさんと共にスウェーデンへと帰国したそうです。それ以来、彼女の母親自身もあまりエミリーさんの実の父親のことや日本のことを話したがらないそうで、エミリーさんも実の父親に会いたいながらも居場所がつかめずに悶々としている中、リンダさんの今回の番組に応募することにしたそうです。

そして唯一の手がかりとして彼女の母親からもらった父親の昔の住所や電話番号を元に、さっそく司会者のリンダさんと共に日本へ直行。父親探しは難航ながらも、彼女の母親と父親が初めて出会った大学や父親の故郷などを巡りながら着実に手がかりを見つけていき、最終的には父親との再会を果たすことができました。エミリーさんの父親自身結婚していているものの子供はおらず、エミリーさんとの再会を長い間とても心待ちにしていたそうです。彼自身も、スウェーデンに何度か探しに行かれたようですが、なかなか見つからずにいてとても辛い想いをされてたとか・・・。

実はエミリーさんが気になって番組終了後の視聴者とのチャットまで見に行ってしまったけれど、どうやら父親の奥さんはエミリーさんの存在を知らないし、今後知らせることもないようです。。そして奥さんに子供が出来なかった、そのせいで一層エミリーさんの存在はかけがえなえのないもの、と書いてありました。

この番組では、誰かを悪者にするような描き方をしておらずとてもキレイにまとまっていて、何よりこんな形で父親と離れ離れになってしまったエミリーさんもすごく切ないし、エミリーさんの母親も一生消えない心の傷を負わせてしまったけれど・・・うーん何だか、この男性の奥さんがとても浮かばれないなあと思うのは私だけでしょうか。。この男性の奥さんは何も知らずに妻として夫婦として支え合ってきて、そして自分の知らないところで夫は昔の隠し子と再会。奥さんに子供が出来なかったことから、父親の中でエミリーさんの存在がかけがえのないものになっていた、という気持ちも子はかすがいだから確かにその通りなんだけど、もし私が奥さんの立場でそんなこと言われたら壮絶的にショックだろうなあ・・・・。

もうこうなったら知らないが仏、奥さんのためにも父親にはこの事実を墓場まで持って行ってほしいなあと思うけれど・・・やはり、お子さんがいたらそうも行かないかもしれませんね。そして、これからもエミリーさんとコンタクトを続けるということなので、いつかはバレるような気もしなくはないし、ここははっきりと奥さんに事実を告白したらもしかしたらエミリーさんもきちんとした形で会えるかもしれない、という勝手な思い込みもしたりしています。。難しい問題ですね。

日本で同じ内容の番組を放送したら、中年層以上のベテラン有名人などからがっしりと説教が入り、もっとこの男性の過去にもスポットライトが当たりそうだけれど・・・。スウェーデンでは、「過去のことなんだし、仕方ない」という認識の方が圧倒的だろうから、そういう部分はあくまでも重視しないのでしょう。確かにもう20年も前のことだから”過去の過ち”という事実は古くなる一方だけれど、国籍関係なくこういう問題は女性側が傷つくことが多いのはやはり心が痛みますね。

(文字化け防止のためスウェーデン語表記は外してあります)


人気ブログランキングへ


プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。