Archive | 2008年03月20日

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローカルな著名人?

03/20
ホームで働いてるとたま~にかなりローカルだけど、ちょっとした街の有名人(?)が入居されることがあります。私がよく働いている2階にも、一ヶ月ほど前に96歳のおばあさんが入居されました。彼女はホームで2番目に年長ですが(ちなみに1番の年長者はクロアチア出身で98歳のおばさん。学生寮のスパルタで掃除係として長年働き、ずっと一人身だったそうですが、彼女も歩行器があれば大抵自分のことが出来ます。そして、とっても明るい!!)、歩行器さえあれば大抵のことは自分で出来ます。

以前までは、”魔の2階(アラーム地獄や文句など)”なんて言われていてどの職員も働きたくない人が多かったけれど今はもう以前のように続けてアラームを押したり、不満を口にできるほど元気のあるお年寄りはおらず、またホームは彼らが人生最期に過ごす場なので、やはり入居者さんの入れ替わりも激しいです。そして、入れ替わりに入ってくる入居者さんも最近は、自分で出来る人が多い。現在では、既に1階の方が仕事量が断然、多い状態です。

それはさておき、冒頭にも書いた96歳のおばあさん。
彼女のところには、毎週かなり多くの人が訪問に訪れます。以前、図書館の司書として働かれていたそうで、彼女を慕って過去の同僚たちが訪問に来たり、又は大学の教授たちだったりと家族だけではなく、そうした多くの仕事仲間や関係者たちが毎週のように訪問に訪れ、影ながらも「ああ、きっとかなり人望の厚い人だったんだなあ~」と思っていました。

昨日、午後のカフェの後、ゆっくり彼女と話す機会がありました。
彼女によると、当時、47歳の時に66歳のイギリス人男性と結婚した為に子供はおらず、ご主人が亡くなった後もそのままご主人の苗字、イギリス名を使っているそうです。ご主人の介護の為に、イギリスにも住んでいたそうな!そして、彼女は図書館の司書として働いていたことは彼女の同僚の方から聞いていたので知っていたのですが・・・

なんと、1970年代に現在のルンド市立図書館に移転した際の初代の館長さんだったことも発覚!また、ルンド在住の人であればかならず一度は足を運んだことがあろうルンド市立図書館が現在の場所に移転することが決まった際に、全ての計画や設計等に立ち会ったそうです。

現在のルンド市立図書館↓
<800px-Stadsbiblioteket,_Lund



ネットで調べてみたら、やはり地元ルンドではちょっとしたローカルな著名人としてその名が知られているようです。

http://www.lund.se/upload/Kultur%20och%20fritid/Biblioteket/PDF-filer/Historia.pdf
↓彼女のおっしゃられていたイギリス人の旦那さんのことも少し書かれていますね。
(現在、見れるようになってました!Kerstinさんについてです)
http://www3.ub.lu.se/utstallningar/russinikakan/sid3.html


ルンド市民になってから、約2年と少しになりますが、やはりルンド市民として図書館は普段の生活に欠かせない場所になっています。1999年に改装されたとのとこで、おばあさんが働かれていた頃とは大分変わっているかもしれませんが、現在の図書館の創立に大きく関られていたとのお話を聞いて、生きたルンドの歴史を知ることが出来ました!

現代のスウェーデンでは、女性が仕事を持たないということはほとんどあり得ないけれど
現在ホームに入居されているご婦人たちの数人は、仕事を持たずに主婦だったという方も割りといます。それが普通だった当時を思うと、彼女は非常に自立心旺盛な正しく現在のスウェーデン人女性の先導ともいえるべき存在だったのでしょうね。


人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
プロフィール

kaori 

Author:kaori 
1979年11月生まれ。ピチピチ(お腹と太ももが)の31歳。
2005年7月よりスコーネ在住。

Kenzo: 2008年5月7日生まれ。3歳。

カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。